無料ブログはココログ

2018年4月 9日 (月)

『バルバロッサの黄昏』のFAQと正誤表を公開しました

ゲーマーズからエラッタが公開されましたので、Q&Aとエラッタのページをご覧になってください。ドイツ軍ユニットが1個入っていないという重大なエラッタもあります。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
『バルバロッサの黄昏』は今のところ、ゲームマーケット限定販売のゲームで、次はゲームマーケット2018春で販売予定です。

Afb_cover
 
 
エラッタにある11SSのユニットを作ってみました。セットアップ/増援一覧表から切り抜いた画像をDGマーカーの上に貼ってみました。

11ss

2018年4月 7日 (土)

OCSシリーズルールv4.3ベータ版、公開されました

Consimworldで、OCSシリーズルールv4.3(ベータ版)が公開されました。
ちょっと見てみましたが、現行のv4.2から大きな変更はないようです。ただし、オプションルールがたくさん付きました。今年発売予定の『OCSスモレンスク』はv4.2でいくらしいので、来年以降のOCSゲームに採用されるのかもしれません。

v4.3のルールブック。マイナーな改訂と書いてます。

Ocsv43
 
 
チャートは新しくなるみたいです。

Ocsv43c

2018年4月 6日 (金)

『ナポレオンの復活』が新発売です!

OSG社から新しいゲームが届きました。
新発売です。

Napoleon's Resurgence

邦題は『ナポレオンの復活』としました。

ロシア戦役で敗北したナポレオンが、春の訪れととも復活して大活躍する戦いを扱ったテーマです。リュッツェンの戦いとバウツェンの戦いで、フランス軍がロシア・プロイセン連合軍を打ち破ります!
解放戦争シリーズ第一弾!
商品の詳細はOSG社の商品案内のページをご覧下さい。

Nr_coverf

Nr_coverb

2018年3月23日 (金)

「バルバロッサの黄昏」の日本語ルール完成しました

今日は会社で新作ウォーゲームの日本語ルールを作成中。
4月1日のゲームマーケット大阪で発売予定の新作「バルバロッサの黄昏」です。
完成しました!
MMP社から出ているウォーゲーム雑誌、「Special Ops」7号の付録ゲームで、テーマは1941年のスモレンスク攻防戦。ヒトラーがソ連に侵攻して最初につまづいた町の戦いです。ここで時間を稼ぐことに成功したソ連軍はモスクワを守り切ることができたのでした。

Img_0804
 
 
「Special Ops」7号はゲームマーケット大阪で10部限定販売となります。
雑誌本体に両軍のセットアップ/増援一覧表とゲーム専用日本語ルール、SCSシリーズルールv1.8(写真なし)が付いてきます。

Img_0805

Afb_map

Afb_counterf

2018年3月21日 (水)

『コンバット・インファントリー』のFAQと正誤表を更新しました

現行の日本語ルールブックv1.0aに関する質問・明確化・エラッタを更新しました。
Q&Aとエラッタのページから入ってください。

今回はコロンビアゲームズ社から重要なルールの追加があります。ゲームに入っている1.0aの英文ルールには記述がありませんが、コロンビアゲームズ社のホームページに公開している1.0aの英文ルールに追加されたものです。

爆破された橋の白兵戦のヘクスサイド制限は0になります。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

Img_0491

Ci_cover

2018年3月14日 (水)

OCSスモレンスクが今年に発売予定です

MMP社から今年のスケジュールが発表されました。
それによりますと…

ゲーマーズ関連は『OCSスモレンスク』だけです。

OCSスモレンスク』のマップとユニットのサンプルです。マップは1枚のみ、Special Ops #7の「バルバロッサの黄昏」とよく似ています。ドイツ軍のユニットのアクションレーティング(AR)が5とか4ばかりなので、かなり遊びやすいテイストに仕上がっているみたいです。カウンターシート4枚ですが、1枚がサンプルのドイツ軍、2枚がソ連軍、1枚がマーカーという内容でしょうか。

Smolensk_map_sample

Smolensk_counter_sample
 
 
OCSスモレンスク』はMMP社のホームページでプレオーダーに出てから、あっというまに700個のオーダーを越えました! アメリカでもOCSゲームは人気が高いようです。

発売時期がある程度見込めるようになりましたら、サンセットでもプレオーダー受付を始めます。日本語ルールは松浦さんが担当してくれることになっていますので早い完成になりそうです。

2018年3月 2日 (金)

ウォーゲームを入門用にカスタマイズしてみよう!

新しいウォーゲーマーを増やそう!

これはもう20年くらい議論されている永遠のテーマなんですけど、ここ10年でボードゲームが大きなブームになってきて、ボードゲーマーの成熟→重ゲー重視→ウォーゲームという流れがあるみたいです。

ウォーゲーマーを増やしたければ、やっぱり遊びやすいウォーゲームが必要です。入門用ウォーゲーム。よく言われるのがルールが簡単でマップが小さくてユニット数が少ないゲーム。5分でインストできるハガキサイズのウォーゲームとかA4マップで60分くらいで終わるやつ。これはこれで十分に役目を果たしていると思います。ウォーゲーム布教のお役に立っているはずです。

ただ、そのサイズだとウォーゲームの特徴であるストーリーを盛り込めないんですよね。独ソ戦みたいにドイツ軍の快進撃でソ連軍がピンチに陥ったものの、なんとかモスクワを持ちこたえてスターリングラードでハイ、逆転!みたいな流れ。映画や小説に似たような感覚でしょうか。私自身も小さなウォーゲームをいくつも遊んだことがありますが、このサイズではウォーゲームの遊び方はわかるんですけどもロマンが感じられないんです。

そこで、思いつきました。

ノーマルなウォーゲームをカスタマイズすればいいじゃん!

THE KOREAN WARを例にあげてみましょう。ゲームは第3ターンまで、もしくはソウルが陥落したら終了。ややこしそうなルールは全部はしょります。たとえば、両軍の再編成フェイズはなくして、北朝鮮軍の移動、戦闘、戦車移動→国連軍の移動、戦闘だけにします。戦略移動も海上移動もなし。第3ターンまでなので空軍も出てきません。しかも、最初はアメリカ軍がいないんで、北朝鮮軍の戦車の特別ルールも説明が簡単になります。

こうして、ウォーゲームを「予告編」的に遊んでもらうんです。まだ続きがあるとかルールがもっといろいろあることがわかると、ウォーゲーム本来の輝きを感じる入門者もいるかもしれないですよ。

2018年2月22日 (木)

巻き戻し不可のルールを支持します

ゲームの途中でルールの間違いが見つかって、その時点でお開きになる、というのはウォーゲームあるあるです。
ウォーゲーマーってまじめな人が多いからでしょうか。
何ページもルールあるんだから、間違って遊んだっていいじゃないですか。
分厚いルールブックを全部なんて、みんな覚えられないですよ。

ゲームが先に進んでしまっていたら、以前の結果は訂正できません。つまり、間違いが見つかった時にすでに他の行動が行われていたら、やり直すことはできません。

つまり、巻き戻し不可。これから先は正しいルールで遊ぼうという考え方です。
TCGでは一般的なルールなのですが、なぜかウォーゲームでは浸透していません。

TCGのデザイナーは、プレイヤーが「ルールを間違って遊ぶ」ことを当たり前に想定してルールを作っています。ウォーゲームのデザイナーは、みんなが「ルールを正しく理解して遊べる」ことを当たり前に想定してルールを作っています。そこが大きな違い。当たり前のことなんだけど、びっくりするくらい大きな違い。ここをクリアすれば、ウォーゲームってもっと楽しいホビーになるはずなんだけど。

2018年2月15日 (木)

『コンバット・インファントリー』のFAQと正誤表を更新しました

現行の日本語ルールブックv1.0aに関する質問・明確化・エラッタを更新しました。
Q&Aとエラッタのページから入ってください。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

Ci_cover

2018年2月13日 (火)

OCSスモレンスクのプレオーダーがリーチ!

MMP社のホームページで、発売予定の『OCSスモレンスク』のプレオーダー数が694個で目標数を超えました。『悪魔の大釜』(Devil's Cauldron: The Battles for Arnhem and Nijmegen)が332個からなかなか増えていないのに、『OCSスモレンスク』はあっというまに目標数の600個に到達です。

駒シートとマップのサンプル。1941年のドイツ軍ってやっぱり最強です。

Smolenskcountersample
 
 
補給を運ぶ線路が少ないので、ドイツ軍の進撃がなかなか難しそう。

Smolenskmapsample
 
 
ボードゲーム・ギークからもらってきた写真です。
フルマップ1枚なんで遊びやすそうですけど、スタックの密度がすごい!

Pic3588803
 
 
発売が正式に決まりましたら、プロジェクト100で予約受付を始める予定です。
もちろん、日本語ルールでの販売です。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • 11ss
  • Afb_cover
  • Img_0931
  • Img_0724
  • Img_0929
  • Ocsv43c
  • Ocsv43
  • Nr_coverb
  • Nr_coverf
  • Ps2_34
  • Base2
  • 2