無料ブログはココログ

2017年12月15日 (金)

神倭のくに(ゲムマ戦利品その2)

ゲームマーケットのカタログを見ていてピンときたのがこのゲーム、神倭のくに。ワーカープレイスメントのメカニズムにダイスを足したシステムです。ワーカープレイスメントっていうのは、与えられた手数でいかに効率良く目標を達成するかを競う手法で、「ワーカー(駒)」をゲーム盤のマスに「プレイスメント(配置)」することで、マスに書かれた資材を手に入れたり、アクションします。その結果、複雑な工程をもつ難易度の高い目標を達成して得点を獲得していくスタイルがポピュラーです。アグリコラとかナショナルエコノミーとか、コツコツ積み上げていくスタイルのゲームですネ。

Img_0054

神倭のくにはダイスがワーカーの役目をしていて、出目によって置けるマスが変わります。そのため、欲しい資材が手に入らなかったり、やりたいことができなかったりして、プレイヤーに困難(楽しみ)を提供します。今回は日頃からアグリコラを遊んでいる4人に私がティーチングする形で遊んでもらいました。
アクションが増えるワーカー(ダイス)を増やすためには住居が必要です。住居を増やすためには土地を増やさないといけません。高得点を狙うには材料を集めて竪穴式住居から高床式住居にアップグレードしないといけません。住居を作るにも高床式にアップグレードするにも材料が必要です。

焼肉大戦争で非常に盛り上がった後だったんですけど、プレイ中みんな真剣になって口聞かなくなりました。四人とも効率の良いマスとマスを掛け合わせたコンボがないかと探しています。土地の買い占めに走る者、最高得点の高床式住居を揃える者、とにかくダイス(手数)を増やす者。自分の考えた勝利の方程式を実現中です。今回のプレイでは多くのプレイヤーが110点台で僅差の勝負になりました。

Img_0055

ワーカープレイスメントのゲームはシステムの構築が非常に難しいんですが、神倭のくにスゲーじゃん! 完成度の高い! 個人的には、神倭の世界とイラストのマッチングが気に入ってます。カタログでピンときたのもタイトル名とイラストだし。

あの夕陽の向こうに、神倭のくにがあるのかも。

Img_0058

2017年12月14日 (木)

壁かけ『第三帝国』、まるで作戦会議です!

これスゴすぎません!?
ウォーゲーマーには夢の世界です!

3r1

3r2

2017年12月13日 (水)

『パンツァーバトルズ』のソロプレイ準備中

日本語ルールもできたので、会社のテーブルにセットアップ中。
YSGAさんでもうプレイされたみたいですし。

Img_1541

Img_e1403

2017年12月12日 (火)

焼肉大戦争を遊んでみました

ゲムマ戦利品、焼肉大戦争。本日、ゲーム仲間5人とプレイしてみました。網の上で焼かれていく肉を取っていくカードゲームです。すごくおもしろいんですよ!

完全版になって、頑丈な箱入りになりました。写真はゲームが始まったところ、これから焼肉を奪い合うのだ! しかし、まだ野菜しか焼けてません。

Img_0043
 
私はロースを食事中なので一回休み。この日のためにわざわざ箸を四膳用意したんですけど、5人で遊ぶことになったので一人はトング。これはこれで焼肉らしい。
「せーの!」のかけ声に合わせて目当ての焼肉に箸を当てます。左上のタンが重なって戦争中。バッティングするとどちらも焼肉を取れなくなるので、せっかくのカルビが焦げちゃったりします。

Img_0050
 
このゲーム、ここぞという時に必殺技を繰り出すのが重要なポイントです。私は二刀流で一気に2枚の焼肉をゲットしました! この必殺技がすごく盛り上がるんです!

Img_0048
 
遊んだ5人全員、大満足。満腹、満腹。ふーみんさんはよっぽど気に入ったみたいで、小学生の子供と遊びたいといって持って帰りました。

軽いノリのゲームなんですが、駆け引きの要素もしっかり入っていることに一同驚き。焼肉を一回取ってしまうと食事中で一回休みになるので、その間に高得点のロースやカルビが焼けて他のプレイヤーに取られちゃったこと数回…。なんでも食べるんじゃなくて、計画的な食事が大事なんだな。でも目当ての焼肉がバッティングして結局食べられなかったりするし。

生焼けのルールのペナルティが大きいように感じたので、ルールの質問したらゲームやってる最中に返信きました。早い!

私「ルールに質問でました。生焼けの肉食べても食事中で一回休むんでしょうか?」
焼肉さん「ルール上は食事中になります。 ただ、差が開きすぎるので、参加者全員が同意すれば食事中にならないルールでも大丈夫だと思います。」
私「ありがとうございます。今回はみんなができるだけアクションできるように、生焼けの肉はすぐに口から出したことにして食事中じゃないことにしました。」
焼肉さん「あっ!その発想いいですね!!← 説明書を改定する際、お借りしてもよろしいでしょうか?笑」
私「どうぞどうぞー。」
焼肉さん「ありがとうございます! 引き続き楽しんでいただけると幸いです。」

そんなわけで、もしかしたらルールが変わるかもですね。個人的にはデラックス版を出して欲しいですねー。ゲーム盤はハードボードでカードを置きやすくして、箸と箸置きも入れたりして。サンセットでもなにか協力できないかなーと思っています。

デザイナーとスタッフの皆さん、こんなすばらしいゲームを作ってくれてありがとうございます!

2017年12月11日 (月)

パパ・ママの同人活動を応援したい!ママが始めた出張保育・託児サービス「にじいろポッケ」

東京にはコミケなどの同人イベントに特化した出張保育があるそうで、来年2018年5月5~6日に開催されるゲームマーケットのための【出張託児】の催行が決定したそうです! 男99%と思われるウォーゲームの世界には想像もできなかったサービスです。ボードゲームの世界ってすごい! この事業を実現したスタッフもすごい!

パパ・ママの同人活動を応援したい!
ママが始めた出張保育・託児サービス「にじいろポッケ」
http://nijiiropokke.info/

すばらしいサービスです。
クラウドファンディングで支援を募集中だそうですよ【~12月21日まで】
https://camp-fire.jp/projects/view/51859

Photo

2017年12月10日 (日)

ボードゲームデザイナーに必ず遊んで欲しいウォーゲーム

『コンバット・インファントリー』は、個人的にはボードゲームのデザインを志している人は必ず遊んで欲しいウォーゲームです。ボードゲームにはないメカニズムやテイストがたくさんつまっていますから、デザインのアイディアに一役買えるかも。
私自身、ウォーゲームもボードゲームも両方遊びます。だからわかるんですが、ウォーゲームは今どんどんライト嗜好になってきていてボードゲームっぼくなっています。ルールを簡単にするだけじゃなくて、プレイングのテンポがボードゲームに似てきているんです。反対に、ボードゲームは今、重ゲー化するベクトルが存在します。『メガシビライゼーション』とか『クトゥルフ・ウォーズ』が代表的です。これらのメカニズムやプレイングのテンポは非常にウォーゲーム的です。

こういった流れの中で、積み木システムは非常に洗練されたメカニズムであり、ゲームデザイナーの皆さんに新しい「なにか」を提供してくれるはずです。今までのゲームのコマって表と裏の2D的活用でしたが、『コンバット・インファントリー』のコマは立てたり倒したり伏せたり回したりと3D的に活用されます。
来年のゲームマーケット、大阪・東京共に試遊卓を出しますので、一度チャレンジしてみるのもいいかも。

Ci2

Ci1

Ci_cover

2017年12月 8日 (金)

山城、扶桑がフィリピン沖の海底で発見

日米開戦の日の今日、戦艦武蔵を発見した探査チームがフィリピン南部のスリガオ海峡の海底で、戦艦山城と扶桑、そして駆逐艦満潮、朝雲、山雲とみられる船体も見つけたというニュースが入ってきました。レイテ沖海戦ですね。夜戦だったこともあり、戦闘は激しさと混乱を極め、山城沈没時の乗組員1500名のうち生存者はわずか10名。

かつての戦艦山城。

Photo
 
 
『聯合艦隊』の戦艦山城。bのシルエットが上の写真と一緒ですよね。
また遊んでみようと思います。

F1
 
 
Fbcover400_2

2017年12月 5日 (火)

焼肉大戦争(ゲムマ戦利品その1)

ゲムマ2日目、ボードウォークさんとかもりつちさんのブースを探している時に偶然見つけたカードゲーム。焼肉の文字についつい反応して買っちまいました。焼肉を奪い合うカードゲーム、焼肉大戦争。なんてクールなネーミング!

こんなふうにして遊ぶらしいです。お箸を用意しましょう!

Img_1535

Img_e1506

Img_1532

Img_1507
 
 
こんなアイディアが商品になるなんて、ゲムマはやっぱりステキです。

2017年12月 4日 (月)

ウォーゲームできるカフェ、三楽堂@千葉

昨日のゲムマで三楽堂の店長が『THE KOREAN WAR』を買っていかれました。三楽堂さんはボードゲームカフェなんですが、ウォーゲームにも力を入れているそうで、店内写真を見ると、『パシフィック・ゴー』が置いてたりしています。今回は『国防軍の夜2』がお目当てだったそうで…ブログに記事がありました。おもしろい記事なので、ぜひクリックしてください。アカセ君、いつのまにかこんな有名人になってたのね。すばらしいです。

三楽堂によるボードゲームの記録
http://sangakudo.blog.fc2.com/blog-entry-57.html
 
 
『THE KOREAN WAR』は初級者用ウォーゲームです。
ルールがオーソドックスで遊びやすいのでした。

Kwcover300

2017年11月20日 (月)

『オペレーション・タイフーン』を振り返る

ゲーム終わって、ちょっと消化不良なんで、帰ってからいろいろ考えています。
Toon情報局から提供されたYSGAのオペタイレポ。

YSGA(横浜シミュレーションゲーム協会) 例会報告
http://ysgapicaro.exblog.jp/i40/

こちらのレポートでは、天候がずっと晴れでドイツ軍の快進撃が続きます。我々のプレイングと重ね合わせると、天候が同じ状況であれば、やはり同じペースで進撃していたように思います。

我々の今回の対戦は第5ターンからずっと泥濘で、機械化ユニットの移動コストは平地2、森5と2~3ヘクス動くのが精一杯でした。1の目しか泥濘にならないダイスロールですが、ここに1つ目の不運がありました。

ドイツ軍には支援というルールがありまして、各軍に支援ポイントを割り振ってからダイスを振り、活性化できる軍団司令部の数を決めます。割り当てられなかった司令部に所属する全ユニットは4ターン後の再チェックまでずっと補給切れです。第4ターンチェック時のダイスの目が期待値以下だったことが2つ目の不運でした。

こうして考えると、この2つのダイスロールに関して、ドイツ軍を救済するハウスルール(取り決め)があっても良いのかな?と、オペタイプレイヤーに提唱です。

Img_1199

Img_1200

Img_1335

Photo_4

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Img_0058
  • Img_0055
  • Img_0054
  • 3r2
  • 3r1
  • Img_e1403
  • Img_1541
  • Img_0048
  • Img_0050
  • Img_0043
  • Photo
  • Ci_cover