無料ブログはココログ

2019年12月16日 (月)

ウォーゲーマーのアドベントカレンダー2019

今年もやってきました。

ウォーゲームネタのアドベントカレンダーです。

いろいろな人がいろいろなことを書いてます。

私も毎年楽しみにしてます!

ウォーゲーマーのアドベントカレンダー2019
https://adventar.org/calendars/4642

2019年12月 5日 (木)

サイコロの豆知識

2ケタ10面体サイコロは海外ではDT10と呼びます。

このサイコロを使ったウォーゲームってありそうだけど思いつかず。

D10と2個振ってパーセンテージロールで解決する戦闘システムとか。

Dt10

2019年10月24日 (木)

ボードゲーマーの夢の祭典「シュピール'19」

今年は10月24日~27日に開催されます。

ドイツのエッセンで開催される、ボードゲーマーの夢の祭典「エッセンシュピール」
https://www.spiel-messe.com/en/

イギリスのファランクスゲームズが『1941:レース・トゥ・モスクワ』というゲームを発表しています。
バルバロッサ作戦でドイツ軍の3つの軍集団がモスクワ目指す歴史ボードゲームです! 
https://boardgamegeek.com/boardgame/190572/1941-race-moscow

Photo_20191026114201

2019年10月21日 (月)

ミドルアースはヒトとゲームの新しい出会いの場

昨日のミドルアースのゲーム会に来ていた松浦先生がOCS『DAK2』をインストした話です。

ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ミドルアース大阪で、OCS『DAK-II』でまたまた初めての方にOCSインスト
http://dsssm.blog.fc2.com/blog-entry-1009.html

 

この日は超ひさしぶりにきたラーメンさんと『トライアンフ&トラジェディ』を遊んだり、飛び込みの初めての方が『戦国大名』を遊んで数十年ぶりにウォーゲーム復帰するかも、というヒトとゲームも新しい出会いがあった実り多い一日でした。

雨垂れ石を穿つ

ミドルアースを30年やってきて、やっぱり良かったなぁ、と思える一日でした。

Unit9892

2019年10月 7日 (月)

『OCSコリア』のインスト会

先日、松浦先生がOCS初心者のぴょんさんに『OCSコリア』をインストしていたという記事。次は10月13日(日)のミドルアースのゲーム会(天王寺区民センター開催)で再戦するかもだそうです。

オペレーション・コンバット・シリーズ (OCS)はフルマップ2枚~、1000個以上のユニット(旅団~師団規模)で1つの戦役全体をシミュレートした夢の超モンスターウォーゲームシリーズです。ただし、OCSはシリーズルールだけで52ページもあり、一人で覚えるには大変な苦労が伴います。それを松浦先生がやさしく教えてくれるのがOCSインスト会。松浦さんは元教員なので、教え方には定評あります。

その他、外国の文献もたくさん読んでいて、松浦さんのブログは今やウォーゲームファンには欠かせない貴重な情報源になっています。

ぜひ一度、ご覧になってください!

ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
http://dsssm.blog.fc2.com/blog-entry-999.html

Ocsk2

Tfw

2019年9月30日 (月)

新しいウォーゲームのブログ見つけました

『THE KOREAN WAR』のリプレイ記事が連載中です!
できて3ヶ月のブログ。内容は本格的です。
皆さま、ぜひ一度ご覧ください!

Their Finest Hour
https://yuishika.hatenablog.com/

Kwcover300_20190918162401

2019年9月16日 (月)

猿遊会が開催中!

東ではウォーゲームお猿さんがたくさん集まってる模様。

Twitterに続々とレポートが上がっています。

日本最大級のすばらしいウォーゲームイベントです。

#猿遊会 で検索!

2019年9月13日 (金)

エポック社『朝鮮戦争』の大人の事情

先日、『THE KOREAN WAR』の注文が相次いでたくさんやってきまして、うちの奥さま(BASE通販担当)がなんでやろ??と喜んでました。調べてみると、Twitterで話題になってました。

実はこのゲーム、1980年代にエポック社から発売された直後に姿を消した幻のウォーゲームなのです。サンセットで再販する前は定価2,800円が、ネットオークション相場で20,000円というプレミア価格だったのを覚えています。

私、このゲームをサンセットから再販する時にゲームデザイナーの鈴木銀一郎先生やエポック社の当時の担当者からいろいろ話聞いてます。ゲーム名が英語表記なのもやっぱり大人の事情です。

皆さま知らないと思いますが、『THE KOREAN WAR』は鈴木銀一郎先生のウォーゲーム処女作なのです。鈴木先生はエポックのワールドウォーゲームシリーズの第一弾としたかったようですが、エポック側がテーマに難色を示して、『独ソ電撃戦』『日露戦争』『砂漠の狐』というメジャー路線を歩むことになりました。

『THE KOREAN WAR』 はウォーゲームの基礎をすべて含んでいる入門用ウォーゲームです。両軍が移動→戦闘を繰り返すだけのターンに北朝鮮軍の戦車だけが移動できる戦車移動フェイズが用意されて、当時の戦車部隊の破壊力と脅威を再現しています。北朝鮮軍の戦車だけが韓国軍ユニットのZOCを無視しながら1ターンに2回移動できるのです。まさに電撃戦!しかし、北朝鮮軍戦車ユニットは3個しかなく、一度除去されると戻ってきません。そのあたりの作戦戦略がプレイヤーを悩ませます。

ホントに遊びやすい良いゲームなんで、皆さまにたくさん遊んでいただきたいです!

Kwcover300_20190918162401

1017tkw

2019年8月22日 (木)

『グレートウエスタントレイル』を遊ぶ

Photo_20190821125501

楽しいぞ!このボードゲーム。

ルールがてんこ盛りなんでインストされても、さっぱり頭に入ってきませんが、遊び出すとゲームメカニズムの全貌が見えてきました。「人生ゲームっぽい」とか「デッキってドミニオンやん」とか「アグリコラくらいボリューミー」という声。

マスとコマとカードがたくさん。右はゲーム盤、左下はコントロールパネル的なボード。自分の会社がどうなっているか一目でわかるようになってます。サイコロは使わないガチボドゲです!

Img_5237

カウボーイコマを点線に沿って進めます。止まったマスでアクションします。マスによってできることが違います。

Img_5238

インスト30分、プレイング150分でした。

ひさしぶりに研究しがいのあるボードゲームです。

2019年8月20日 (火)

『アドバンスド文明の曙』の備忘録

14

先日のミドルアースの夏休み企画で遊んだ『アドバンスド文明の曙』がとてもおもしろく、また遊びたいと言う声が早速あがっていますので、次回に役立つようにプレイングのコツみたいなものをまとめておきます。この記事は『メガ・シビライゼーション』にも有効でしょう。

◆とにかく都市を造る
都市の数か増えるほど高額な貿易カードが手に入るので、明らかに勝利への近道です。また災難が起きても都市がたくさんあれば、被害は少なくなることが多いです。洪水平野でも火山があってもチャンスがあればドンドン造りましょう。

◆都市を造るエリア
都市印エリアはもちろんですが、足りなければ人口制限1エリアに人口トークンを12個集めて都市を造りましょう。ただし、人口トークンの移動ルートを考えておかないといけませんよ。

◆国境に都市は造らない
自分の都市を他プレイヤーの文明に攻撃されると、貿易カードを1枚ランダムに取られてしまいます。金や象牙といった高額カードが取られる可能性があるので、都市は他文明が隣接していないエリアか、他文明が7個の人口トークンを送り込めないエリアに造りましょう。このため、都市の隣のエリアも重要になってきますよ!

◆都市2つは災難対策用にする
『アドバンスド文明の曙』は、リスクマネージメントがとても重要なボードゲームです。他文明からの攻撃はもちろん、災難が毎ターン必ず起きます。自分に災難カードがなくても、「飢饉」や「伝染病」のとばっちりがやってくることがあります。そんな時、都市をつぶして乗り切りましょう。都市印エリアならすぐに都市を再建できるはずです!

◆災難は2つまでしかやってこない
1つの文明に1ターンにやってくる災難は2つまでです。危険な災難カードを2枚引いてきたら、他プレイヤーにむやみに渡すのではなく、3枚目、4枚目の災難カードを(他プレイヤーから)受け入れてランダムに2枚残す選択も考えましょう。災難引取のお礼に高額貿易カードを一緒にもらってみてはいかがでしょうか。

◆災難カードをよく調べる
レベル2の災難カードを他プレイヤーに渡したけど、レベル9の災難カードがやってきた!なんてことがよくあります。貿易せずに持っていた方が良いこともあります。まずは災難の内容をしっかり確認しましょう。

◆歴史変遷表(AST)は止まらない
ASTのマスを進めるには、いろいろな条件をクリアしなければなりません。 多くは鉄器時代に入るための「都市4つ+文明カード5種9枚」のところで足踏みします。クリア条件は最初からわかっていることなので、安いカードから計画的に買っていきましょう。

◆文明カードのコンボ
<貨幣>は使いやすい文明カードです。<貨幣>+<建築>と<貨幣>+<鉱業>は大きなシナジー効果を生むことでしょう。

◆役立ちそうな文明カード
一般に思われているより、役立ちそうな文明カードはこちらです。

<農業>人口+1→人口トークンを好きなエリアに集めやすくなって、とても便利です。
<鉱業>鉄、青銅、銀、金+1→金属系貿易カードの価値が1ランクUPします!
<土木工事>都市→トークン+1/攻撃、防御等の戦闘用として活躍するかも。
<民主主義>収税不足の反乱無視/「奴隷の反乱」はじめ人口トークンを減らす災難に対応できます。
<軍事>手番最後/トップ目のプレイヤーは必ず買ってください!
<一神教>都市、トークン交換/隣のエリアの都市や人口トークンを1つタダで手に入れます!

 

◆災難と文明カードの関係
この記事の本題です。各災難にどの文明カードが有効なのかをまとめてみました。▲は被害が増大するカードです。

★レベル2
火山の噴火/地震 <土木工事>(地震のみ)
裏切り なし

★レベル3
飢饉 <窯業>
迷信 <神秘主義><原始信仰><悟り>

★レベル4
内戦 <音楽><劇と詩><民主主義><▲哲学><▲軍事>
奴隷の反乱 <悟り><▲鉱業>

★レベル5
洪水 <土木工事>
異民族の来襲 <金属加工>

★レベル6
伝染病 <薬学><▲道路建設>

★レベル7
内乱 <音楽><劇と詩><法律><民主主義><▲軍事><▲道路建設>

★レベル8
偶像破壊と異教 <法律><哲学><神学><▲一神教><▲道路建設>

★レベル9
海賊 なし

メインテーマは都市建設と災難対策です。決して他文明との争いではありません。人口を増やし、都市を建設し、貿易でお金儲けて、技術を進歩させるという文明発展ボードゲームです。他プレイヤーの文明と領土を争ったりするよりは、自分の文明をいかに発展させるかに重点が置きましょう。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Base_20190928121101
  • Photo_20200120144502
  • F1_20200120153401
  • Cies1
  • Cie1
  • Cif5
  • Cie3
  • Img_e0143
  • Photo_20191220192201
  • Img_7070
  • Img_7069
  • Img_7066