無料ブログはココログ

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月31日 (土)

【11/15まで】全品30%オフセールやってます!

コロナ禍でゲームマーケットに行けない人ややめておこうと思っている方も多いはず。
そんな人のための先行セールをはじめました!
(もちろんゲムマは関係ないやと言う方も大歓迎です!)

公式通販サイトの全商品30%オフにしてます。

『戦国大名』も『聯合艦隊』も『史上最大の作戦』も『THE KOREAN WAR』も30%オフです。『コンバット・インファントリー』なんて定価80ドルなのに7,700円です!でも一番売れているのは『大容量カウンタートレイ』なのでした。コロナ禍でウォーゲームのユニットを切ったり整理してる人が増えているみたいです。

ご注文は土日関係なく当日・翌日発送でお届けしています!

この機会お見逃しなく!

▼サンセットゲームズ公式通販サイト
http://sunsetgames.theshop.jp

301_20201107215601 302_20201107215601 304_20201107215601 303_20201107215601

2020年10月30日 (金)

積み木ウォーゲームの不足駒サポートサービス

たとえば、私の『コンバット・インファントリー』に入っていた不良駒です。左はツヤがあって色が違う駒、右はヒビが入っている駒です。

Img_e0143_20200929202501

積み木ウォーゲームは敵に駒の中身が見えないように立てて遊びます。だから、駒に特徴があってはいけないのです。

Dscn3172_800_20200929202701

コロンビアゲームズの積み木ウォーゲームを買って不良駒があった時、連絡していただければ不足駒を日本全国無料で郵送しています。

◆ゲーム名
◆色
◆大きさ(縦◯◯mmなど)

こんな情報をメール(kokado@sunsetgames.co.jp)かFAX(072-861-1078)私まで連絡してください!

弊社で買っていないゲームでも対応しています。ショップ様、直輸入、中古品譲渡等でもご連絡いただければ対応しています。

サンセットゲームズは皆さまが楽しくウォーゲームを遊べるように努めて参ります。

Img_8254

2020年10月29日 (木)

サンセットゲームズの駒サポートサービス

サンセットゲームズのサポートサービスなら国産ウォーゲームのコマをなくしても1個単位で別途購入できることをご存じでしょうか。

1個110円+送料で日本全国に郵送(通常郵便84円)。

詳細は各ゲームのルールブックの巻末に書いてます。

Photo_20201107220601

ボドゲ好きの皆さまが悲しい思いをしませんように。
たかが駒1個、されど駒1個。
私が昔、『AHパンツァーグルッペ・グデーリアン(PGG)』をソロプレイしていた時に、まだ赤ちゃんだった息子にダスライヒの黒いコマを食べられた経験から生まれたサービスです。

サンセットゲームズは皆さまが楽しくウォーゲームを遊べるように努めて参ります。

Img_8242_20201107220701 F1_20201107220801 Img_4691_20201107220801

2020年10月28日 (水)

ウォーゲームを入門用にカスタマイズしてみよう!

新しいウォーゲーマーを増やそう!

これはもう20年くらい議論されている永遠のテーマなんですけど、ここ10年でボードゲームが大きなブームになってきて、ボードゲーマーの成熟→重ゲー重視→ウォーゲームという流れがあるみたいです。

ウォーゲーマーを増やしたければ、やっぱり遊びやすいウォーゲームが必要です。入門用ウォーゲーム。よく言われるのがルールが簡単でマップが小さくてユニット数が少ないゲーム。5分でインストできるハガキサイズのウォーゲームとかA4マップで60分くらいで終わるやつ。これはこれで十分に役目を果たしていると思います。ウォーゲーム布教のお役に立っているはずです。

ただ、そのサイズだとウォーゲームの特徴である“長大なストーリー”を盛り込めないんですよね。独ソ戦みたいにドイツ軍の快進撃でソ連軍がピンチに陥ったものの、なんとかモスクワを持ちこたえてスターリングラードでハイ、逆転!みたいな流れ。映画や小説に似たような感覚でしょうか。私自身も小さなウォーゲームをいくつも遊んだことがありますが、このサイズではウォーゲームの遊び方はわかるんですけどもロマンが感じられないんです。

そこで、思いつきました。

ノーマルなウォーゲームをカスタマイズすればいいじゃん!

『THE KOREAN WAR』を例にあげてみましょう。ゲームは第3ターンまで、もしくはソウルが陥落したら終了。ややこしそうなルールは全部はしょります。たとえば、両軍の再編成フェイズはなくして、北朝鮮軍の移動、戦闘、戦車移動→国連軍の移動、戦闘だけにします。戦略移動も海上移動もなし。第3ターンまでなので空軍も出てきません。しかも、最初はアメリカ軍がいないんで、北朝鮮軍の戦車の特別ルールも説明が簡単になります。

こうして、ウォーゲームを「予告編」的に遊んでもらう方法はいかがでしょうか。まだ続きがあるとかルールがもっといろいろあることがわかると、ウォーゲーム本来の輝きを感じる入門者もいるかもしれないですよ。昔、『スコードリーダー』で採り入れられてた学習方式を参考に考えてみました。

 

<ウォーゲーム初心者にインストする時のアドバイス>
ややこしいルールや忘れやすいルールは思い切って省略しましょう。
ゲームを正しくプレイするより、ゲームを楽しく遊びましょう!

Tkw1

Tkw2

2020年10月27日 (火)

【ボードゲームデザイナー必読!】入門用ウォーゲームの難易度ってどのくらい?

ウォーゲームって難しそう。いや本当に難しい。でも、いまだたくさんの人に遊ばれてますし、新しく遊び始める人もいます。ウォーゲームと言っても全部難しいわけじゃなくて、やっぱりピンキリなんです。上を見れば『キャンペーン・フォー・ノースアフリカ』という伝説のウォーゲームは公称プレイタイム1,000時間と言われてますし、A4サイズのゲーム盤に駒10個くらいで30分で終わるウォーゲームもたくさんあります。

私が思う入門用ウォーゲームの難易度ってボドゲの重ゲーくらいの感覚。『サイズ』とか『テラフォーミングマーズ』とか『アグリコラ』できる人はウォーゲームを普通に遊べるでしょう。これら重ゲーを好む人とは複雑に絡んだギミックを理解してそこに魅力を感じる思考回路を持っているでしょうから非常にウォーゲーム向きです(戦史に興味があればですが)。

サンセットゲームズでは最近発売するゲームには難易度を表記してあります。
難易度は5段階(1簡単→5激ムズ)で、

★入門用
★★
初級用
★★中級用
上級用
超上級用

に分けてます。

おおまかに日本語ルールのページ数が基本値でシステムの特殊性が修正値となって私が決めていて、今の時代ならルールブック20ページまでは入門用と考えています。つまり、『THE KOREAN WAR』や『ロストフ'41』などスタンダード・コンバット・シリーズ(SCS)の多くのフルマップ1枚ゲームや『コンバット・インファントリー』などの積み木ウォーゲームは★(入門用)となります。

ボードゲーム世界でも、かつて入門用だった『カタンの開拓』や『カルカソンヌ』が今は中量級と言われています。今はスマホでいつでも必要な情報を引き出せる時代です。昭和と同じ物差しで考えるのはナンセンスでしょう。いろいろなことを考えて基準は変えていかないといけないと思っています。

また、ウォーゲーマーが思いつく入門用ウォーゲームって『ドイツ戦車軍団』シリーズの「エルアラメイン」や「ダンケルク」と言われていますが、どれも作戦級ウォーゲームなんでプレイ中の盤面を見ても何をしているかよく見えません。特に記号と数字しかないユニットはよくわからないと聞こえてきます。やっぱり戦闘のリアリティとか「らしさ」を出せるのは戦術級ウォーゲームかな、と考えています。やっぱり、ウォーゲームにとってリアリティとワクワク感は生命線だと思ってます。

ちなみに私はこれで育ちました。

Photo_20201107223801

2020年10月26日 (月)

『OCSスモレンスク』のエラッタが更新されました

ゲーマーズから公開されているエラッタが更新されました。2018年8月8日付のエラッタは日本語ルールには反映されているのですが、最新のエラッタが2019年9月6日付で公開されていましたので、翻訳した文章をQ&Aとエラッタのページに追加しました。

松浦さんが見つけて翻訳してくれました。ありがとうございます。

ォーゲームで歴史に思いを馳せる
OCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』の2019年9月6日付けのエラッタを和訳しました

061

Ocssmolensk_20201107231101

2020年10月25日 (日)

『麒麟がくる』はいよいよ織田vs朝倉の戦い

ついに信長が越前の朝倉攻めを決めましたね!

『戦国大名』はプレイヤーがそれぞれ大名となって戦国時代の覇権を争う歴史ボードゲームです(かつてエポック社から発売されていた同名ゲームの再販バージョンです)。プレイヤー全員が戦国大名になって自国の統治しながら外交・軍事で領土を拡張していきます。「吉凶札」というランダムイベントによって、下克上や一向一揆が起こったり、南蛮貿易が始まったり、金山を発見したりと戦国時代はめまぐるしく変化していきます。
プレイイメージは『信長の野望』をボードゲームにした感覚で、国(エリア)を支配することで金を得て、それで武将や兵士を雇い、城を建てます。軍勢を移動させるにも戦うにも金がかかるため、TRPGとウォーゲームを混ぜたような戦国大名気分を存分に味わえるようになっています。

▼サンセットゲームズ公式通販サイト
http://sunsetgames.theshop.jp

11_20200504114201

Img_4698_20200504175501

Photo_20200524102201

1ol

Photo_20200524102301

2020年10月24日 (土)

【11/15まで】全品30%オフセールやってます!

コロナ禍でゲームマーケットに行けない人ややめておこうと思っている方も多いはず。
そんな人のための先行セールをはじめました!
(もちろんゲムマは関係ないやと言う方も大歓迎です!)

公式通販サイトの全商品30%オフにしてます。

『戦国大名』も『聯合艦隊』も『史上最大の作戦』も『THE KOREAN WAR』も30%オフです。『コンバット・インファントリー』なんて定価80ドルなのに7,700円です!でも一番売れているのは『大容量カウンタートレイ』なのでした。コロナ禍でウォーゲームのユニットを切ったり整理してる人が増えているみたいです。

ご注文は土日関係なく当日・翌日発送でお届けしています!

この機会お見逃しなく!

▼サンセットゲームズ公式通販サイト
http://sunsetgames.theshop.jp

301_20201107215601 302_20201107215601 304_20201107215601 303_20201107215601

2020年10月23日 (金)

【ウォーゲーム相談】ゲームの途中でルール間違いに気づいた時は…

ゲームの途中でルールの間違いが見つかって、その時点でお開きになる、というのはウォーゲームあるあるです。
ウォーゲーマーってまじめな人が多いからでしょうか。
何ページもルールあるんだから、間違って遊んだっていいじゃないですか。
分厚いルールブックを全部なんて、みんな覚えられないですよ。

ゲームが先に進んでしまっていたら、以前の結果は訂正できません。つまり、間違いが見つかった時にすでに他の行動が行われていたら、やり直すことはできません。

つまり、巻き戻し不可。これから先は正しいルールで遊ぼうという考え方です。
TCGでは一般的なルールなのですが、なぜかウォーゲームでは浸透していません。

TCGのデザイナーは、プレイヤーが「ルールを間違って遊ぶ」ことを当たり前に想定してルールを作っています。ウォーゲームのデザイナーは、みんなが「ルールを正しく理解して遊べる」ことを当たり前に想定してルールを作っています。そこが大きな違い。当たり前のことなんだけど、びっくりするくらい大きな違い。ここをクリアすれば、ウォーゲームってもっと楽しいホビーになると思います。

こんなにルールや駒が多いんですから間違っても当たり前です。

Img_8116

2020年10月22日 (木)

【ウォーゲーム相談】ルールブックを読んでもわからない問題

ゲームマーケットやミドルアースのゲーム会で、最近20~30代の「現役ゲーマーさん」や「これからゲーマーさん」と話をする機会がたくさんできました。彼らは「ウォーゲームを遊んでみたい!」と声を揃えるのですが、そこには一つの大きな壁が立ちはだかっていることがわかったのです!

ルールブックを読んでも理解できない問題

ゲームを買いました、ルールブックを読みました、よくわかりません。多くの若者はこれなんです。考えてみればウォーゲームのルールの書き方って、私がウォーゲームを遊び始めた1980年代からさほど進化していません。専門用語は多いし、図は少ないし、ページ数は多いし、文章そのものがわかりにくい。それが今の若者ゲーマーの声なのです。

大きな話題になった『歴史群像』付録ウォーゲーム「モスクワ攻防戦」や「ノルマンディーの戦い」が非常に多くの皆さまに遊ばれたのは、「ルールブックがわかりやすい(理解できる)」ことが大きな要因でしょう(30,000部以上売れたと聞いてます)。これは「非ウォーゲーマー」から実際に聞いた話です。

イベント等でウォーゲームを遊べる場所を提供することもとても大事なことですが、そもそもゲームを買った人が遊べる環境を作ることこそがウォーゲーム世界発展の大命題だと考えます。読んでもわからないけど教えてもらったすぐにわかるのがウォーゲーム。その点、継続的なインスト環境を提供できるゲームクラブは超重要でしょう。

サンセットゲームズは全国のウォーゲームクラブを応援しています。

※あくまで個人の感想です。

 

サンセットゲームズ公式サイトのQ&Aエラッタ(http://www.sunsetgames.co.jp/support/eratta.htm
)に加えて、ボドゲーマ(https://bodoge.hoobby.net/)の掲示版一覧ページに『戦国大名』『聯合艦隊』『史上最大の作戦』『THE KOREAN WAR』『コンバット・インファントリー』のルール質問用掲示版を用意しています。お気軽にご活用ください。

Photo_20200816103101 1_20200504113001_20200816103101

2020年10月21日 (水)

『太平洋艦隊』のVASSALモジュールとルールブック公開中

『太平洋艦隊』のVASSALモジュールをもりつちさんが作ってくれました。外出自粛にVASSALはとても強い味方です。

もりつちの徒然なるままに
Pacific Fleet VASSALモジュール公開します
※ダウンロードできない場合は、右クリックして「名前をつけてリンク先を保存」を選択してください。

簡単な紹介もあるのでご覧になってください。

もりつちの徒然なるままに
Pacific Fleet(SSG/HJ) - VASSAL版作成

「VASSALできたけどルルブないとゲームできへんなー」と思いまして『太平洋艦隊』のいろいろ公開しました。ルールブック、チャート、マップ、ユニットリストなんかも揃ってます。
太平洋艦隊の商品案内ページ
からダウンロードできます!
※エラッタはQ&Aとエラッタのページにあります。

『太平洋艦隊』再版までこちらを楽しんで頂ければ幸いです。
もりつちさん、どうもありがとうございました。

『太平洋艦隊』(第3版)をプレオーダー受付中!
『太平洋艦隊』はかつてホビージャパン社から発売されていた同名ウォーゲームで、太平洋戦争を真珠湾攻撃から終戦までを再現した戦略級ウォーゲームです。今回発売する第3版には、ご要望のあったZ旗と「震電」、「橘花」、「秋水」の航空機ユニット、Q&Aまとめ、そして『プランサンセット』1号の掲載した追加シナリオ「珊瑚海リターンズ」と「沖縄戦」を追加します。
12月か1月に箱入りで発売する方向で、ひさしぶりに山崎雅弘さんとタッグを組んで作業を進めています。カバーアートはかつてのロジャー・マクゴワン先生が描いた「ニミッツ元帥」です。
詳細・ご予約はプロジェクト100のページをご覧ください。

Pacificfleetrbm

2020年10月20日 (火)

ゲームマーケット2020秋先行セールはじめました!

コロナ禍でゲームマーケットに行けなかったりやめておこうと思っている方も多いはず。

そんな人のための先行セールをはじめました!

公式通販サイトの全商品30%オフにしてます。

『戦国大名』も『聯合艦隊』も『史上最大の作戦』も『THE KOREAN WAR』も30%オフです。

『コンバット・インファントリー』なんて定価80ドルなのに7,700円です!

ご注文は土日関係なく当日・翌日発送でお届けしています!

よろしくお願いいたします。

▼サンセットゲームズ公式通販サイト
http://sunsetgames.theshop.jp

301_20201021125001 302_20201021125001 304_20201021125001 303_20201021125001 

2020年10月19日 (月)

ウォーゲームは一人プレイがオススメです!

新型コロナウイルスの影響でイベントがなくなったりゲームクラブの活動が縮小したりしてます。そんな時はウォーゲームの一人プレイがオススメです。私も1990年代後半のウォーゲーム冬の時代には対戦相手が一人もいなくなって2年間ずっとミドルアースのゲーム会でウォーゲームを一人プレイしてました。おの部長も『戦国大名』の16人用シナリオを一人で遊んでいたそうです。手番中はその大名になりきることが大事と言ってました。

ゲームでうまくいなかったらスッパリあきらめて何度でもやり直しましょう。
サイコロ振って良い目が出なければチャチャっと振り直しましょう。
あなたの夢を一人プレイで実現してください。

私は誰にも気兼ねなくマイペースで楽しめる一人プレイ大好きです!
だって1回のプレイで両軍遊びますから2倍楽しめるんです!

この前はミドルアースのゲーム会で『SCSロストフ'41』をソロプレイしました。

M9_20200928122401

2020年10月18日 (日)

『麒麟がくる』明智光秀が将軍奉公衆に取り立てられた

明智光秀が将軍奉公衆に取り立てられてようやく政治の表舞台に出てきました
織田信長を暗殺するなんて想像もできません。

『戦国大名』はプレイヤーがそれぞれ大名となって戦国時代の覇権を争う歴史ボードゲームです(かつてエポック社から発売されていた同名ゲームの再販バージョンです)。プレイヤー全員が戦国大名になって自国の統治しながら外交・軍事で領土を拡張していきます。「吉凶札」というランダムイベントによって、下克上や一向一揆が起こったり、南蛮貿易が始まったり、金山を発見したりと戦国時代はめまぐるしく変化していきます。
プレイイメージは『信長の野望』をボードゲームにした感覚で、国(エリア)を支配することで金を得て、それで武将や兵士を雇い、城を建てます。軍勢を移動させるにも戦うにも金がかかるため、TRPGとウォーゲームを混ぜたような戦国大名気分を存分に味わえるようになっています。

▼サンセットゲームズ公式通販サイト
http://sunsetgames.theshop.jp

11_20200504114201

Img_4698_20200504175501

Photo_20200524102201

1ol

Photo_20200524102301

2020年10月17日 (土)

ウォーゲームとサイコロの取扱ショップさま募集中

サイコロが大きなブームになってまして、おかげさまでたくさんのショップ様からたくさんのご注文をいただくようになりました。珠工房さんとかドラタコさんとかリーチングムーンさんのおかげがとても大きいと思います。オリジナルダイスなんて少し前まで日本になかったですから。たくさんのショップさまで取り扱ってもらっているのですが、お店によって売れるモノが全然違うのも興味深いところです。

ウォーゲームもまたブームがじわりじわりとやってきている予感。Twitterで私が提案した「#ウォーゲーム」ハッシュタグも定着しつつあり、新規のお客様から注文が確実に増えています。

ゲームショップ、ボドゲカフェ、ネットショップさま等でご興味のある方はDMもしくはゲームマーケットでお問い合わせ下さい。ダイス・歴史ボードゲームは1個から対応。10個とか20個の注文でも全然OKです。

サンセットゲームズのダイスや歴史ボードゲームの取扱店は以下です。

◆ ボードウォーク
◆ ロール&ロールステーション秋葉原店

◆ イエローサブマリン秋葉原店
◆ 駿河屋 秋葉原トレカ・ボードゲーム館
◆ 書泉グランデ
◆ 芳林堂書店 高田馬場店
◆ ブックデポ書楽
◆ 株式会社 宇宙堂
◆ 株式会社Y.E.L.
◆ ボードゲームラボ DDT
◆ トイウォーカー(広島市西区)

※2019~2020年実績に基づく。全ての商品を取り扱ってもらっているわけではありません。

サンセットゲームズの公式通販サイトにある全商品が卸売の対象です。

 

▼お問い合わせ・ご質問などはこかどまで。簡単な資料をお届けします。
お問い合わせだけでもOK!
kokado.iphone@gmail.com

1_20200816104201 2_20200816104201 記事を書く 3_20200816104201 4_20200816104201

サンセットゲームズには100種類以上のウォーゲームが並んでます!

ウォーゲーム出戻り組のアラフィフの皆さん、あの栄光の時代を思い出しませんか!

▼サンセットゲームズ公式サイト
sunsetgames.co.jp

▼サンセットゲームズ公式通販サイト
http://sunsetgames.theshop.jp

 

写真は旧エポックのリメイク『戦国大名』。当時、別売だったエクスパンションキットの武将257人とシナリオを一緒にまとめて、さらに38名の追加武将と4本のシナリオを加えました。これにより、シナリオは計20本、武将駒は計398名になりました。この他、ルールの明確化と改訂、地図盤や駒などのコンポーネントの改良、プレイ補助シートの追加、そして全国のユーザーからローカルルールを募集し、選択ルールとして採用しています。武将の解説は、最近の研究成果を取り入れて全面改訂しています。

Photo_20201004095001

この他にもサンセットゲームズは新作ラッシュです。

8月に発売して大人気の『OCSハンガリーラプソディ』。独ソ戦末期のハンガリーの戦いがテーマです。ソ連軍の大兵力がハンガリーの首都ブダペストに襲いかかります!

Hr13_20201004095301

今月発売の新作3つ。『SCSロストフ'41』と『MMPラストスタンド』と『TCSアリエテ』。
※写真は私物です。ゲームにカウンタートレイは付いていません。

M9_20201004095801

Ls_cover_20201004095901

Ariete1

そして10月中旬発売予定の『SCSアイアンカーテン』。なんと!1945~89年までの米ソ対決の仮想第三次世界大戦をテーマにした作戦級ウォーゲームです!こちらは現在プレオーダー(予約)受付中。

Ic_cover

Ic2

Ic5

2020年10月16日 (金)

『SCSノースアフリカ』のプレオーダー受付はじめました!

ゲーマーズのスタンダード・コンバット・シリーズ(SCS)の最新作は『ノースアフリカ』です。1940年のコンパス作戦から1942年の第二次エルアラメインの戦いまでをテーマにした作戦級ウォーゲーム。SCSなんですが、フルマップ4枚の★★★(中級者向け)ビッグゲームなんです。

よく聞かれるのが、『ノースアフリカ』って前に出てた『SCSアフリカ』の続編ですか?言わば『アフリカ3』ですか?という質問です。

いえ、違います。下の写真を見てください。上が『SCSアフリカ』のマップ、下が『ノースアフリカ』のマップです。同じSCSゲームですが、まったく新しいコンセプトで作られているのです。

Na1

ちなみにオペレーション・コンバット・シリーズ(OCS)の『DAK2』のマップはこれです。フルマップ5枚。『ノースアフリカ』はフルマップ4枚です。

Img_7292

実は『ノースアフリカ』は『DAK2』を小さく簡単にしたウォーゲームなのです。さすがに『DAK2』のプレイはムリっていうお客様の声を反映してできあがったのが『ノースアフリカ』なのでした。フルマップ4枚ですが、ユニットは560個。広い広いマップにロンメルアフリカ軍団が駆け巡ります!アフリカ戦役の決定版になるかも!

詳細・ご予約はプロジェクト100のページをご覧ください。

Na_cover

2020年10月15日 (木)

『太平洋艦隊』のプレオーダー受付はじめました

『太平洋艦隊』はかつてホビージャパン社から発売されていた同名ウォーゲームで、太平洋戦争を真珠湾攻撃から終戦までを再現した戦略級ウォーゲームです。写真は第2版のジップロック入りバージョン。2004年発売でした。

Pic1725280_20201015112601

Pic1742631_20201015112601

今回はかつてのホビージャパン版と同じように箱入りで出します。大人気だったニミッツ元帥のカバーアートを使うために、ロジャー・マクゴワン先生と契約しました。
※写真はホビージャパン版です。

Pacificfleetrbm_20201015112701

もともとホビージャパン版からサンセット版(初版、第2版)に変わった時に、遊びやすいようにコンポーネントに大きな追加と変更を加えています。その最たるものが「艦ユニットに艦名を記載」でした。たとえば、ホビージャパン版には「CV1」としか書かれていなかったユニットでしたが、サンセット版では「赤城」「Akagi」も書き加えました(英語表記は海外で発売するためです)。当時は、ユニットに対する思い入れが強い方々から本当にたくさんの要望が届きました。

Pf_koma2400

Pf_c1f2200

Pf_c3f2200

その他にも以下のような工夫が凝らされています。

◆LACユニットには「LRACレベル」を記載。
◆オランダ軍地上軍ユニットを創設。
◆特殊能力を持つ艦ユニットにはマーキング。
◆艦隊位置確認マーカー、補給切れマーカー、妨害メガヘクスマーカーを追加。
◆『タクテクス』誌で発表された以外にも地図版のエラッタを全て訂正。
◆地図盤に増援登場表とフェイズ記録欄などを併記して全ての増援部隊を地図盤上で管理できるようになりました。
◆一部増援の登場時期を変更して、よりヒストリカルに。
◆未発表のチャートのエラッタを全て訂正。
◆チャートに多数の表を追加。サイコロ判定を要するものは全てまとめました。

Pf_map2400

この他、『太平洋艦隊』はとても時間のかかるゲームなので、お試しの意味合いも込めてサンセット版には1~3ターンで終わるショートシナリオを追加しています。

「マリアナ・フィリピン」
「ガダルカナル・キャンペーン」
「レイテ」
「マーシャル」

さらに、今回発売する第3版には、ご要望のあった「Z旗」と「震電」「橘花」「秋水」の航空機ユニット、Q&Aまとめ、そして『プランサンセット』1号の掲載した追加シナリオ「珊瑚海リターンズ」と「沖縄戦」を追加いたします。

12月か1月に発売する方向で、ひさしぶりに山崎雅弘さんとタッグを組んで作業を進めています。

詳細・ご予約はプロジェクト100のページをご覧ください。

2020年10月14日 (水)

【ウォーゲーム相談】ゲームを遊ぶ時のおもてなしのココロ

昨日、ゲームクラブのエエ話したんで今日はプレイヤーの目線からお話しします。ゲームクラブに入るとゲームライフがとても充実するのですが、メンバー10人いるからといって全員と対戦する必要なんてありません。みんな技量も違うし、好みも違うし、プレイスタイルも異なるので、自分に合った人とだけ仲良くしておけば良いのです。雰囲気オッケーのプレイヤーが勝利至上主義ガチプレイヤーと対戦してもおもしろくないでしょうから。

歴史ボードゲームを楽しく遊ぶためには、たくさん大事なことがあります。

さあ遊ぼうよってなった時に必要なのは、やっぱり対戦相手。良い対戦相手との出会いはその人の運命を変えます。じゃあ、良い対戦相手ってどんな人?それは、おもてなしのココロがある人、と私は考えています。対戦相手に楽しんでもらおう、と思うココロがある人。

対戦する前にルールブックを読んでソロプレイしてくる人がいます。その人は高いレベルの対戦を相手に提供できます。ここで言う「高いレベルの対戦」というのは、歴史ボードゲームの魅力を十分に引き出す対戦のことです。正しくルールを理解し、そのメカニズムをうまく運用できた対戦は大いに楽しめることでしょう。

困っている対戦相手に声をかけ、相手が聞きにくいことを聞き出してアドバイスしてくれる人がいます。反対に、アドバイスを押し売りしない人もいます(自分の考えだけで対戦したいと言う人もいるはずです)。会話しやすい環境を作ってくれたり、長考してもじっと待ってくれる人は楽しい対戦を相手に提供できるはずです。

勝敗に関係なく楽しい会話ができる人はすばらしいと思います!対戦相手が勝負どころのダイスロールで良い目が出たり、ゲームに勝つと対戦相手は喜ぶはずです。そういう時は「お見事です!」と対戦相手を大いにほめたたえましょう!

おいしい料理を出しても接客態度の悪いレストランは流行りませんよね。歴史ボードゲームもよく似たもんだと思うんです。過剰に勝ち負けにこだわりすぎて、対戦相手にイヤな思いをさせないように心がけましょう。

対戦相手に対して「遊んでくれてありがとう」と思うココロがあれば、歴史ボードゲームのユーザーはもっと多くなって、もっと豊かになるかもしれません。そして、これからそうなることを願います。きっとそうなると信じています。

「◯◯さんと一緒に遊ぶと楽しい!◯◯さんと一緒にゲームがしたい!」と思われる人になりましょう。

 

歴史ボードゲームの多くは領地拡大や敵の撃破がメインテーマ(勝利条件)になっていることが多いので、相手を攻めないと勝てないのです。攻められた側は機嫌を損ねることも…。それでも楽しむためにはプレイヤー全員の協力が必要です。

『戦国大名』で桶狭間の戦いの時に織田信長が出した「奇襲」の吉凶札(イベントカード)。

1_20200602095201

Daimyo_map1800_20200602095201

今川義元は実はめっちゃ有能な大名説あります。威信5内政4は織田信長と同じで領国の安定間違いなし。桶狭間の戦いはホントに残念無念でした。

Photo_20200602095201

2020年10月13日 (火)

【ウォーゲーム相談】ゲームクラブに行って他人のプレイングを見るメリット

最近、思うことはゲームクラブの使い方。
ゲームクラブに行ったら「何かプレイしないといけない!」と使命感に燃える方は非常に楽しめている人でしょう。ゲームクラブというツールを非常にうまく活用して自分の心を大いに満たしています。
でも、ゲームクラブに行ったら「何かプレイするのはいやだなぁ」と思っている方もいます。ゲームが下手だから対戦相手が迷惑かけちゃうかも(→だからやらない)とか、見ている方が好きだからとか、そういう理由です。

ゲームクラブに行ったら、まぁ同じ時間に同じ場所にウォーゲーマーが集まれば、対戦しましょうと言うことになりがちですけれど、我々もいい大人になってきて、若い頃みたいにがむしゃらにプレイしようとする体力・気力がなくなっているのも事実です。

価値の多様化という便利な言葉もあります。人によって遊び方はいろいろ。
ルールを教えてもらったり、プレイレポートや作戦研究をライブで体験できるのが「観戦」なのです。

「ゲーム買ったけどルールがよくわからない」

そんな人こそ、積極的にゲームクラブに行ってほしいと思います。

Img_8775

2020年10月12日 (月)

サボ島沖海戦

今日はサボ島沖海戦が起こった日です。アメリカ側はエスペランス岬沖海戦と読んでいる夜戦です。

図のように、アメリカ軍が完璧なT字戦法で日本艦隊を迎え撃って完勝しました。

戦闘開始直後に青葉が艦橋に直撃弾を受けて戦隊司令部が一瞬で壊滅した不運もありますが、「米艦隊は行動していない」という前提での行動で敵情判断が甘く、見つけた敵艦を味方と誤認して発光信号を送ったりするなど日本軍側に不手際が目立つ戦いでした。

日本軍が無敵だった夜戦でアメリカ軍が初めて勝った戦いでした。

Savo_is_cape_esperance_battlechart

『聯合艦隊』にも(もちろん)シナリオがあります。マップ4枚のミドル級シナリオで、プレイ時間は2~3時間でしょうか。

Photo_20201015130801

Img_9469

『聯合艦隊』の詳細は商品ページをご覧ください。

Mmm11_20201015131501

2020年10月11日 (日)

『麒麟がくる』の足利義昭はとても良い人です

足利義昭がついに上洛!
織田信長から誘われた明智光秀でしたが断りましたね!

『戦国大名』はプレイヤーがそれぞれ大名となって戦国時代の覇権を争う歴史ボードゲームです(かつてエポック社から発売されていた同名ゲームの再販バージョンです)。プレイヤー全員が戦国大名になって自国の統治しながら外交・軍事で領土を拡張していきます。「吉凶札」というランダムイベントによって、下克上や一向一揆が起こったり、南蛮貿易が始まったり、金山を発見したりと戦国時代はめまぐるしく変化していきます。
プレイイメージは『信長の野望』をボードゲームにした感覚で、国(エリア)を支配することで金を得て、それで武将や兵士を雇い、城を建てます。軍勢を移動させるにも戦うにも金がかかるため、TRPGとウォーゲームを混ぜたような戦国大名気分を存分に味わえるようになっています。

▼サンセットゲームズ公式通販サイト
http://sunsetgames.theshop.jp

11_20200504114201

Img_4698_20200504175501

Photo_20200524102201

1ol

Photo_20200524102301

2020年10月10日 (土)

サンセットゲームズには100種類以上のウォーゲームが並んでます!

ウォーゲーム出戻り組のアラフィフの皆さん、あの栄光の時代を思い出しませんか!

▼サンセットゲームズ公式サイト
sunsetgames.co.jp

▼サンセットゲームズ公式通販サイト
http://sunsetgames.theshop.jp

 

写真は旧エポックのリメイク『戦国大名』。当時、別売だったエクスパンションキットの武将257人とシナリオを一緒にまとめて、さらに38名の追加武将と4本のシナリオを加えました。これにより、シナリオは計20本、武将駒は計398名になりました。この他、ルールの明確化と改訂、地図盤や駒などのコンポーネントの改良、プレイ補助シートの追加、そして全国のユーザーからローカルルールを募集し、選択ルールとして採用しています。武将の解説は、最近の研究成果を取り入れて全面改訂しています。

Photo_20201004095001

この他にもサンセットゲームズは新作ラッシュです。

8月に発売して大人気の『OCSハンガリーラプソディ』。独ソ戦末期のハンガリーの戦いがテーマです。ソ連軍の大兵力がハンガリーの首都ブダペストに襲いかかります!

Hr13_20201004095301

明日発売の3作。『SCSロストフ'41』と『MMPラストスタンド』と『TCSアリエテ』。
※写真は私物です。ゲームにカウンタートレイは付いていません。

M9_20201004095801

Ls_cover_20201004095901

Ariete1

そして10月中旬発売予定の『SCSアイアンカーテン』。なんと!1945~89年までの米ソ対決の仮想第三次世界大戦をテーマにした作戦級ウォーゲームです!こちらは現在プレオーダー(予約)受付中。

Ic_cover

Ic2

Ic5

2020年10月 9日 (金)

『OCSスモレンスク』のキャンペーンゲームはじまりました!拡大マップ導入!

10月4日から松浦さんの秘密基地(自宅)で行われる尼崎会で『OCSスモレンスク』のキャンペーンゲームが始まりました。半年くらいテーブルに広げっぱなしにしてゲームを続けていきます。松浦さんはサンセットゲームズで販売するOCSゲームの日本語ルールを翻訳している人で、西日本を代表するOCSマイスターの一人です。

ワニミさんがA0サイズの拡大マップを用意してくれました。141%拡大したマップを使ってスタックの多いOCSゲームのストレスを大きく軽減するすばらしい試みです。

Ejcd9lhvkaa31my

Ejcdtrvoaax_qy

松浦さんは『ハンガリーラプソディ』に入っている『OCSスモレンスク』の訂正ユニットを交換しました。今まではマジックで修正したユニットを使っていました。

Ejcj1veucaellfm

そして、セットアップ完了。黒い板に乗っているのは本来スタックしてマップ上に置かれるユニットです。これも見やすくなって戦況を把握しやすくするための便利ツールです。

Ejc3wvduwaavekg

これからどうなることでしょう。松浦さんのブログにプレイレポートが載れば順次紹介していきます。

2020年10月 8日 (木)

【ボードゲームデザイナー必読!】入門用ウォーゲームの難易度ってどのくらい?

ウォーゲームって難しそう。いや本当に難しい。でも、いまだたくさんの人に遊ばれてますし、新しく遊び始める人もいます。ウォーゲームと言っても全部難しいわけじゃなくて、やっぱりピンキリなんです。上を見れば『キャンペーン・フォー・ノースアフリカ』という伝説のウォーゲームは公称プレイタイム1,000時間と言われてますし、A4サイズのゲーム盤に駒10個くらいで30分で終わるウォーゲームもたくさんあります。

私が思う入門用ウォーゲームの難易度ってボドゲの重ゲーくらいの感覚。『サイズ』とか『テラフォーミングマーズ』とか『アグリコラ』できる人はウォーゲームを普通に遊べます。これら重ゲーを好む人とは複雑に絡んだギミックを理解してそこに魅力を感じる思考回路を持っているからウォーゲーム向きです。私は『THE KOREAN WAR』と『コンバット・インファントリー』推しで、これらと前述のボードゲームの難易度は同じくらいと考えてます。

ウォーゲーマーが思いつく入門用ウォーゲームって『ドイツ戦車軍団』シリーズの「エルアラメイン」や「ダンケルク」と言われていますが、どれも作戦級ウォーゲームなんでプレイ中の盤面を見ても何をしているかよく見えません。特に記号と数字しかないユニットはよくわからないと聞こえてきます。やっぱり戦闘のリアリティとか「らしさ」を出せるのは戦術級ウォーゲームかな、と考えています。

やっぱり、上より下のゲームの方がワクワク感出るという声が多いです。

Ergbxqovaaawcvr_20200816114301 Img_1225

ちなみに私はこれで育ちました。

Photo_20200816114801

2020年10月 7日 (水)

【ボードゲームデザイナー必読!】ゲームバランス傾いているところがウォーゲームのおもしろいところ

ウォーゲームには、歴史が背景にあること、ゲームスタート時の両軍の戦力が非対称であること、ゲームの手順が非対称であること。この3つが大きな特徴で、どれもドイツボドゲのメカニズムにはないものです。ゲームバランスがイーブンじゃないウォーゲームもたくさんあります。それどころか、意図的にゲームバランスを一方の側に有利に操作したものまであります。これまで発売された数々のウォーゲームを見ていくと、ゲームバランスがイーブンでないとダメというのは、ウォーゲームに限って言えば当てはまらないのかもしれません。

ウォーゲームが評価される指標はプレイヤーの感想だと私は考えています。簡単に言うと、遊んだ人のプレイ感。このゲームすごくおもしろかった!とか、もう一回プレイしてみよう!という気持ちです。ウォーゲームだけを見て評価するのではなく、ウォーゲームと二人のプレイヤーをセットにした上で、プレイヤーに視点を置いた形で評価するのです。

『バルジ大作戦』(通称エポックバルジ)のドイツ軍はドドーンと大突破して爽快感バツグンですが、手練れの連合軍プレイヤー相手にはほぼ勝てないようになっています。これは意図的にゲームバランスを連合軍有利に傾けて、連合軍の価値を高めているからです。その結果、何度も繰り返して遊ばれる名作になりました。

良いウォーゲームには、両軍どちらにもカドが立たないように異なる価値を与えて、どちらの陣営でも楽しめる工夫が施されているものです。その結果が史実と異なり、歴史のifが起こったとしても、楽しく遊び続けられるのであれば、勝敗バランスを傾けるというウォーゲームデザインのテクニックはどんどん使っていくべきだと私は思っています。

Pic1048788_20200816113501

2020年10月 6日 (火)

10月6日はドムの日です!

今日はドムで盛り上がっています。

私は機動戦士ガンダムの黒い三連星を思い浮かべますが、奥さんはドムドムバーガーを想像していました。

E9bb92e38184e4b889e980a3e6989fe380801

そういえば、この前のミドルアースのゲーム会にツクダ『フォートレス』遊んでましたっけ。

M1_20200928122401_20201009111701

2020年10月 5日 (月)

【ボードゲームデザイナー必読!】歴史ボードゲームとウォーゲームの違い

歴史ボードゲーム研究家、古角博昭が考える、歴史ボードゲームとウォーゲームの違いとは何でしょうか。この2つ、似ているようで実はまったく違うボードゲームなんです。簡単に定義してみようと思います。

◆歴史ボードゲームはその名の通り、歴史がテーマです。戦争じゃなくても歴史であれば歴史ボードゲーム。でも、『アグリコラ』みたいに中世の農民をモチーフにしたゲームは普通のボードゲームと考えましょう。例を挙げるとすれば、『トワイライト・ストラグル』を筆頭に『戦国大名』、『シドマイヤーズ・シヴィライゼーション』、『ヒストリー・オブ・ザ・ワールド』、『パックス・ブリタニカ』、『トライアンフ&トラジェディ』でしょうか。
歴史ボードゲームは「歴史の背景を持ってはいるものの、史実の忠実性は問われない」ところが大きな特徴です。つまり、ゲームを遊んだ中でパラレルワールドが生まれても批判の対象にはならないのです。たとえば、『ヒストリー・オブ・ザ・ワールド』でローマ帝国がガリア地方やブリタニアに向かわず、中東に攻め進んでも誰も批判しません。歴史ボードゲームの歴史とは、あくまでもエッセンスや素材と考えれば良いかもしれません。

◆ウォーゲームは歴史ボードゲームの一種です。私が考えるところ、ゲーム盤がヘクス(六角形マス)で区切られている歴史ボードゲームはすべてウォーゲームです。ゲーム盤がエリアやマスで繋げられているポイント・トゥ・ポイント・システムでも、以下の条件に当てはまればウォーゲームです。
ウォーゲームは戦いをテーマにしています。戦争の一部を切り取った個々の作戦・戦闘(スターリングラード戦とかノルマンディー上陸作戦など)をテーマにしていることが多いですが、戦争全体(第二次世界大戦とかナポレオン戦争など)を再現しているものもたくさんあります。
ウォーゲームは歴史ボードゲームと異なり、「史実の忠実性」が大きく問われます。また、ゲームバランスが平等ではないこと、ゲーム開始時の両軍プレイヤーの戦力が非対称でアンバランス(一方が圧倒的に強いなど)なことが大きな特徴です。これはどちらも「雰囲気作り」を考えた上でゲームデザイナーが意図的に偏重させていることがほとんどです。なぜなら、ウォーゲームは勝敗よりもプレイングを通して雰囲気を味わったり、史実を学ぶことに重点が置かれているからです。実際、入門用として有名なウォーゲームである『ドイツ戦車軍団』に入っている3つのウォーゲームのうち、「エルアラメイン」と「ダンケルク」はどちらも連合軍がほぼ必勝ですが、それでも名作ウォーゲームと言われています。

以上が私、古角博昭が考える歴史ボドゲとウォーゲームの違いでした。これは異なる意見を否定するものではありません。議論が深まり、歴史ボードゲームに興味を持つ人が増えることを望みます。

Photo_20200816103101

3_20200708100701

5_20200708100701

2020年10月 4日 (日)

『麒麟がくる』はいよいよ足利義昭が上洛か!?

いよいよ足利義昭の上洛が迫ってきました!
ということは、明智光秀が歴史の表舞台に出てくるのもあと一歩です!

『戦国大名』はプレイヤーがそれぞれ大名となって戦国時代の覇権を争う歴史ボードゲームです(かつてエポック社から発売されていた同名ゲームの再販バージョンです)。プレイヤー全員が戦国大名になって自国の統治しながら外交・軍事で領土を拡張していきます。「吉凶札」というランダムイベントによって、下克上や一向一揆が起こったり、南蛮貿易が始まったり、金山を発見したりと戦国時代はめまぐるしく変化していきます。
プレイイメージは『信長の野望』をボードゲームにした感覚で、国(エリア)を支配することで金を得て、それで武将や兵士を雇い、城を建てます。軍勢を移動させるにも戦うにも金がかかるため、TRPGとウォーゲームを混ぜたような戦国大名気分を存分に味わえるようになっています。

▼サンセットゲームズ公式通販サイト
http://sunsetgames.theshop.jp

11_20200504114201

Img_4698_20200504175501

Photo_20200524102201

1ol

M10_20200524102401

Photo_20200524102301

2020年10月 3日 (土)

サンセットゲームズには100種類以上のウォーゲームが並んでます!

ウォーゲーム出戻り組のアラフィフの皆さん、あの栄光の時代を思い出しませんか!

▼サンセットゲームズ公式サイト
sunsetgames.co.jp

▼サンセットゲームズ公式通販サイト
http://sunsetgames.theshop.jp

 

写真は旧エポックのリメイク『戦国大名』。当時、別売だったエクスパンションキットの武将257人とシナリオを一緒にまとめて、さらに38名の追加武将と4本のシナリオを加えました。これにより、シナリオは計20本、武将駒は計398名になりました。この他、ルールの明確化と改訂、地図盤や駒などのコンポーネントの改良、プレイ補助シートの追加、そして全国のユーザーからローカルルールを募集し、選択ルールとして採用しています。武将の解説は、最近の研究成果を取り入れて全面改訂しています。

Photo_20201004095001

この他にもサンセットゲームズは新作ラッシュです。

8月に発売して大人気の『OCSハンガリーラプソディ』。独ソ戦末期のハンガリーの戦いがテーマです。ソ連軍の大兵力がハンガリーの首都ブダペストに襲いかかります!

Hr13_20201004095301

明日発売の3作。『SCSロストフ'41』と『MMPラストスタンド』と『TCSアリエテ』。
※写真は私物です。ゲームにカウンタートレイは付いていません。

M9_20201004095801

Ls_cover_20201004095901

Ariete1

そして10月中旬発売予定の『SCSアイアンカーテン』。なんと!1945~89年までの米ソ対決の仮想第三次世界大戦をテーマにした作戦級ウォーゲームです!こちらは現在プレオーダー(予約)受付中。

Ic_cover

Ic2

Ic5

2020年10月 2日 (金)

『SCSアイアンカーテン』のプレオーダー受付はじめました!

今年は夏から『OCSハンガリーラブソティ』、『SCSバルバロッサの戦い』(再版)、『SCSロストフ'41』、『TCSアリエテ』、『MMPラストスタンド』と立て続けに出版ラッシュのMMP/ゲーマーズですが、ついに米ソ冷戦時代の仮想第三次世界大戦をテーマにした『SCSアイアンカーテン』も発売されました。

そういうわけで、サンセットも『SCSアイアンカーテン』のプレオーダー受付はじめました!

Ic_cover

マップはビクトリーゲームズの『NATO』を彷彿させます。

Ic_map

1945年シナリオのセットアップ写真です。どう見てもソ連軍が多すぎます。

Ic2

Ic_counter4f

Ic_counter3f

私は『SPI/HJ空戦マッハの戦い』や『GDWエア・スペリオリティー』に熱中した世代なので、このあたりの軍用機に萌えます。

Ic_air

「NATOの中央戦線1945~1989年」とサブタイトルが付いていて、けっこうな幅の年代を扱っています。シナリオは10本入っていてタイトルはご覧の通りです。

Hot Time in the Town of Berlin-1945年の西側連合国の攻勢
Don't Fence Me In-1945年のソビエト攻勢

1945年がドイツ降伏して第二次欧州大戦が終わった年です。その延長戦として「西側連合国の攻勢」と「ソビエトの攻勢」のシナリオが入っています。

If I Had a Hammer-1962年のソビエト攻勢

1962年はキューバ危機があった年です。

Bohemian Rhapsody-1975年のソビエト攻勢

タイトル通りクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」が発表された年です。この時期の米ソはキューバ危機に懲りて、わりと平和だったと記憶しているのですがソ連が攻めてきます。

Eye of the Tiger-1983年のソビエト攻勢
It's a Mistake-1983年のNATO攻勢

ロナルド・レーガン大統領がソ連を「悪の帝国」と名指しで批判して米ソの軍拡競争が激化する中、大韓航空機撃墜事件が発生して緊張はピークになりました。

Everybody Wants to Rule the World-1989年のソビエト攻勢
We Didn't Start the Fire-1989年のNATO攻勢

1989年はソ連がアフガニスタンから撤退したり、天安門事件が起きたり、ベルリンの壁が崩壊した激動の年です。歴史上、この年にゴルバチョフとブッシュがマルタ会談で冷戦が終結しました。

現実には戦火がなかったヨーロッパですが、実は何度かトリガーが引かれそうになっていたのです。本当に第三次世界大戦が起こっていたら戦術核は確実に使われていたことでしょう。このゲームでもマーカーがたくさん用意されています。

Ic5

詳細・ご予約はプロジェクト100のページをご覧ください。

ユニット1,000個以上あるヘビー級SCSゲームなので定価85ドルです。

プレオーダー価格 10,000円+消費税/定価 11,000円+消費税

【内容物】フルマップ1枚/ユニット1,120個/SCSシリーズルールブック1冊/ゲーム専用ルールブック1冊/チャート4枚
※A4判サイズ箱入り

【プレイ人数】 1~2人以上(推奨)
【プレイ時間】 いまのところ不明
【難易度】 ★★★(中級)
【推奨対象年齢】 12歳以上

2020年10月 1日 (木)

歴史ボードゲーム研究家というお仕事

私、古角博昭は、歴史ボードゲーム研究家を名乗っています。

歴史ボードゲームの制作や協力、執筆、イベント出演、講演などが主な仕事です。

14歳から歴史ボードゲームを遊び始めて36年、歴史ボードゲームクラブ「ミドルアース」の代表になってから31年、サンセットゲームズを創業してから今年で20年が過ぎてまして、そろそろこんな肩書きを付けても良いかなと思い至りました。

高校生の時に「ゲームでメシを食っていこう。30歳でゲーム会社を作ろう」と思い立ち、20代でゲーム雑誌のライターやゲームデザインのお手伝いをした後、29歳でサンセットゲームズを立ち上げました。ちょうど2000年の話。

最近では『歴史群像』の付録ゲーム「モスクワ攻防戦」(2018年)や「第二段作戦」(2019年)、「ノルマンディーの戦い」(2000年)等の制作や海外メーカーのウォーゲーム制作に協力させていただいてます。

今後も自分を育ててもらったボードゲームの世界に貢献できるような仕事にも目を向けていこうと思います。

歴史ボードゲーム研究家、古角博昭をこれからどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

※歴史ボードゲームに関するご相談や取材、執筆や出演の依頼などはLINE ID kokado.line または kokado.iphone@gmail.com までお願いいたします。

『歴史群像』の付録ボードゲーム、ルールよくわからないという方は制作スタッフだった私まで質問送ってください。回答します。ミドルアースのゲーム会に来てもらえるとティーチングします。お気軽にどうぞ。

Photo_20200901075301 2_20200901075301

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

最近の写真

  • Img_e9708_1600_20201121115201
  • 2_20201117100101
  • Diheyrvaaazsnh_20201117100201
  • M6_20201117094901
  • M61
  • Gm1_20201116203201
  • Img_9752
  • Img_9749
  • Img_9754
  • Img_9758
  • Img_9766
  • Img_9784