無料ブログはココログ

« 麒麟がくる『戦国大名』ボードゲーム | トップページ | ステイホームで庭にテント »

2020年4月13日 (月)

ウォーゲームのルール、多いんだから間違ってもいいじゃない

ゲームの途中でルールの間違いが見つかってそこでお開き、というのはウォーゲームあるあるです。ウォーゲーマーってまじめな人が多いからでしょうか。何ページもルールあるんだから、間違って遊んだっていいじゃないですか。分厚いルールブックを全部なんて、みんな覚えられないですよ。

ゲームが先に進んでしまっていたら、以前の結果は訂正できません。つまり、間違いが見つかった時にすでに他の行動が行われていたら、やり直すことはできません。

つまり、巻き戻し不可。これから先は正しいルールで遊ぼうという考え方です。TCGでは一般的なルールなのですが、なぜかウォーゲームでは浸透していません。

TCGのデザイナーは、プレイヤーが「ルールを間違って遊ぶ」ことを当たり前に想定してルールを作っていますが、ウォーゲームのデザイナーは、みんなが「ルールを正しく理解して遊べる」ことを当然のように前提としてルールを作っています。

ここが大きな違い。当たり前のことなんだけど、びっくりするくらい大きな違い。ここをクリアすれば、ウォーゲームってもっと楽しいホビーになると思います。ウォーゲーマーは人にもゲームにも寛容な心を!

OCSスモレンスクのセットアップ。OCSゲームはシリーズルールだけで52ページもあるし、かなり複雑で難易度5です(5段階評価で最高)。だから私もルールをたまに忘れます。

Img_7093

« 麒麟がくる『戦国大名』ボードゲーム | トップページ | ステイホームで庭にテント »

歴史ボードゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 麒麟がくる『戦国大名』ボードゲーム | トップページ | ステイホームで庭にテント »

最近の写真

  • Img_1189
  • Img_1185
  • Img_1183
  • Img_1188
  • Img_1187
  • Img_1193
  • Img_1192
  • 01f34jh08mehbgy4ydcw5bke93
  • Img_1193
  • Img_1192
  • Img_1196
  • Img_1207