無料ブログはココログ

« 『ハンガリー・ラプソディー』の予約受付はじめました | トップページ | 『アドバンスド文明の曙』を8人で遊ぶ »

2019年8月10日 (土)

歴史ボードゲームのルールブック問題

ゲームマーケットやミドルアースのゲーム会で、最近20~30代の「現役ゲーマーさん」や「これからゲーマーさん」と話をする機会がたくさんできました。彼らは「歴史ボードゲームを遊んでみたい!」と声を揃えるのですが、そこには一つの大きな壁が立ちはだかっていることがわかったのです!

ルールブックを読んでも理解できない問題

ゲームを買いました、ルールブックを読みました、よくわかりません。多くの若者はこれなんです。考えてみれば歴史ボードゲームのルールの書き方って、私が歴史ボードゲームを遊び始めた1980年代からさほど進化していません。専門用語は多いし、図は少ないし、ページ数は多いし、文章そのものがわかりにくい。それが今の若者ゲーマーの声なのです。

昨年、大きな話題になった『歴史群像』付録ボードゲーム「モスクワ攻防戦/バルジの戦い」が非常に多くの皆さまに遊ばれたのは、「ルールブックがわかりやすい(理解できる)」ことが大きな要因でしょう。これも「ドイツ戦車軍団」のルールブックと「モスクワ攻防戦」のルールブックを読み比べた「非歴史ボドゲーマー」から実際に聞いた話です。

イベント等でウォーゲームを遊べる場所を提供したり、インストに力を入れることもとても大事なことですが、そもそもゲームを買った人が1人で遊べる環境を作ることこそが歴史ボドゲ世界発展の大命題だと考えます。

※あくまで個人の感想です。

 

『歴史群像』付録ボードゲーム「モスクワ攻防戦/バルジの戦い」。
ルールブックの書き方を見直して、たくさんの方々が遊べるように工夫されています。

1_2

2_2

※写真は山崎雅弘さんと歴史群像さんからお借りしました。

« 『ハンガリー・ラプソディー』の予約受付はじめました | トップページ | 『アドバンスド文明の曙』を8人で遊ぶ »

歴史ボードゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ハンガリー・ラプソディー』の予約受付はじめました | トップページ | 『アドバンスド文明の曙』を8人で遊ぶ »

最近の写真

  • Fte_cover
  • Kwcover300_20190918162401
  • Fte_cover
  • Img_5258
  • Photo_20190915111101
  • Photo_20190919154501
  • 1_20190811150301
  • 1_2_20190918213401
  • 2_2_20190918213401
  • Kwcover300_20190918162401
  • 1017tkw
  • Photo_20190808092901