無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ

2017年11月16日 (木)

ガチャガチャマシンを買いました(ゲムマ用)

ついに、ガチャガチャマシン買いました。思ったより大きいです。
ゲームマーケット2017秋で、ダイスガチャやります。

700円相当のダイス詰め合わせを作る作業を奥さんが内職中。当たりくじを引いたら、ダイス詰め合わせに加えて○○○○円相当の商品券が入っているはず。サンセットゲームズのプーズでゲムマ期間中のみ使える商品券です。
ガチャ設定は300円~500円で検討中。景品法で景品の限度額やら1個あたり最高額やら景品の総額が定められているので、これを勉強してから設定金額決まります。

Img_1299

2017年11月15日 (水)

SCSシリーズルールver1.8を公開しました

ゲーマーズのスタンダード・コンバット・シリーズ(SCS)シリーズルールが1.7から1.8にバージョンアップしました。この機会にSCSシリーズルールを作り直し、無料公開することにしました。1.8のルールは1.7のエラッタと明確化を反映しただけで大きな変更はありません。しかし、今回、松浦さんが制作を担当してくれたので、書き方は少し変わっているところがあります。

公式日本語ルールのカラー版をスタンダード・コンバット・シリーズ(SCS)の商品案内のページから無料ダウンロードできます。
http://www.sunsetgames.co.jp/the_gamers/scs/scs.htm

SCSは入門用ウォーゲームのシリーズです。ルールはわずか8ページ。内容も簡単で、一度覚えてしまえばシリーズ中のたくさんのゲームを遊ぶことができるようになります。ぜひ読んでみて下さい。そして、何かSCSゲームを遊んでみて下さい。初めての方は以下のゲームからどうぞ。

※一言付け加えますと、SCSは入門用ですが、機械化ユニットの移動力が大きくオーバーランもルール化されているため、プレイングバリエーションが非常に豊富になっていて、ベテランウォーゲーマーも十分に楽しめるように考えられています。
 
 
『パンツァーバトルズ』の日本語ルールももうすぐ完成です!SCS+ランダムチットのシステムです!

Pb_cover
 
 
ノルマンディー上陸からパリ解放までを扱った『マイティエンデバー2』は人気です!セカンドエディションで東部戦線も加わり、SPIの『バトル・フォー・ジャーマニー』の後継者的存在になりました。

Mecover
 
 
実は、隠れた名作なのでは?と思っている『ゴラン高原の戦い』。第四次中東戦争なのでマイナーテーマですが、イスラエル軍はWW2東部戦線のドイツ軍を彷彿させます。クルスク戦以来の大戦車戦が繰り広げられます。

Hoc_cover
 
 
『ヨム・キプール』は第四次中東戦争のシナイ半島側がテーマです。ボックスゲームなのに、定価 4,000円+税と安さが売りです。『ゴラン高原の戦い』の姉妹ゲームです。

Yk_box

2017年11月14日 (火)

『アグリコラ』を四人で遊ぶ

『アグリコラ』は発売された年に各国のゲーム大賞を総ナメした傑作ボードゲーム。ファミリールールと通常ルールが用意されていますが、我々はもっぱら簡単なファミリールール派です。

この『アグリコラ』、わかりやすく言うと農場経営ボードゲーム。畑を耕して小麦や野菜を作ったり、柵を作って、牛・イノシシ・羊を牧畜します。木や石やレンガ、アシ等の材料を揃えると、かまどや調理場を作ってパンを焼いたり家畜を食べたりできるようになります。でも、いつまでたってもみんな裕福にはなりません。17世紀の話なんで、みんな農奴ですから…。収穫フェイズにお金が足りないと物乞いカードが配られてペナルティ。貴族や大地主から搾取され続けるのが農奴なんです。

材料を集めて自分の農場ボードを開拓していきます。大きな赤い駒は労働者、黄色は小麦、オレンジは野菜。どちらも畑で育ててます。木材をたくさん集めて大きな柵を作ったものの中にいるのは牛一頭だけ。トホホ。左奥の農場ボードにはたくさんの羊とイノシシが飼われています。農場ボードを埋め尽くしたにもかかわらず、一番未開拓地が多かったN川先生が25点でトップ!ゲーム終了時、N川先生のところには労働者駒が4個(1個につき3点)もありました。

今日のゲームでわかったことは、子作りが大事!

Img_1284

2017年11月13日 (月)

ウォーゲーム降参のタイミングっていつがいいの?

ウォーゲームを対戦していて、もう圧倒的に勝っているけど最終ターンまで遊んだことってありますよね。ゲームの途中で、装甲師団が包囲殲滅されたり、6ゾロが連発したりして、勝敗が決定的になった時、皆さんはどうしていますか?

A.最終ターンまで続ける。
B.すぐに投了してゲームを終える。

「相手に失礼なんで最後まで続けます」という話を、どこかで聞いたことがあります。すばらしい意見です。相手が許せば、やっぱり最後までやりたいですよね。
一方、ミドルアースのおの部長は、ゲームがつまらなくなったらすぐに「やめよか」と言い出します(そして再戦)。自分が勝っていても負けていても、「やめよか」と言い出します。『戦国大名』で全プレイヤーが入り乱れた大きな戦乱が終わって、自国領の回復のために状況が膠着し始めても、やっぱり「やめよか」と言い出します。

将棋や囲碁の中継見ていても、だいたい途中で終わってます。詰みまでいかない「美学」でしょうか?ウォーゲームにも、そんな「美学」があったらいいな。

2017年11月12日 (日)

松浦さんがOCSを使ってスターリングラード空輸を研究してみた結果

松浦さんが自身のホームページで、ゲーマーズの『ケースブルー』を使った興味深い研究結果を公開しています。スターリングラード包囲戦で、モロフスカヤとタチンスカヤにある2つの飛行場がいかに重要な働きを見せたか、という問題を『ケースブルー』を使って証明しています。

OCS:スターリングラードへの空輸のための航空基地?
http://dsssm.blog.fc2.com/blog-entry-737.html

もうすぐ松浦さんの自宅で、「バック・ハンド・ブロー」キャンペーンゲームが始まるそうですよ。

Cb_cover2web

2017年11月11日 (土)

アイアンクロスの試合

柴島スポーツでリーグ戦でした。ナイター、しかも途中で小雨降ってきたし。もう冬の到来を感じました。名外野手イチローさんが、照明の光が目に入ってイージーフライをポトリ。ナイターあるあるです。試合は初回に11点取って、そのまま逃げ切り。今日はポッキーの日だから11点取ったのかも。

そういえば、11月23日はゲームの日ですよ!

2017年11月10日 (金)

『コンバット・インファントリー』は11月発売みたいです

We will ship in November.

と、コロンビアゲームズ社のホームページに書いてました。『コンバット・インファントリー』はWW2西部戦線のゲームですが、エキスパンションで、イギリス軍、ソ連軍、日本軍が登場するらしいです。
ところで、キックスターター版のルールを読みました。中隊、小隊の司令部が非常に重要な役割を果たしていて、指揮範囲外にいるユニットは移動や射撃する時にモラルチェックに成功しなければなりません。射撃のダメージはいつものブロックシステム同様に木製コマを回転させて戦力を減らしていきますが、回復のモラルチェックに成功すると1戦力復活します。
ルールシステムは、どことなく名作『スコードリーダー』のテイストが感じられます。学生時代を、『スコードリーダー』で過ごした私は絶対にプレイすると心に誓うのでした。
あー、発売が待ち遠しい。

3601cover400

2017年11月 9日 (木)

『オペレーション・タイフーン』を研究中

来週の対戦に備えて、ルールブックを読み返してます。もう二度目。読んでいると、知らなかったり忘れていたルールが散見します。ウォーゲームで勝つためには、やっぱりちゃんとルールを読まないといけませんね。個々のルールが有機的に繋がっているので、ルールを理解しないとゲームテクニックや有効な戦略・作戦が立案できません。

さて、ハインツ・グデーリアン率いるドイツ第2装甲軍の戦区の話。ツーラ攻略がカギを握るのはわかっているんですが、史実でも陥ちてないし、ここで止まっちゃうとモスクワなんて絶対ムリ。しかも、ゲームが始まっても3ターンの間、ドイツ第2装甲軍のユニットは全部、補給切れなんです。このゲームの補給切れは全ユニットの攻撃力半減、戦車・自動車化ユニットの移動力半減というもの。この間はゆっくり、そーっと動いておきます。
ユニットの戦闘力はランダムチットで決まります。もちろん大きな戦闘力のチットを引きたいのですが、そんなうまくいくはずもないので、同一師団と諸兵科連合のコラムシフト重視で装甲師団を集中運用して局地的優位を作っていく作戦で。サッカーでいう、サイド攻撃で裏を取る感じ。ナガトモとかサカイヒロキ的な突破を目指してみようと思います。
戦闘結果の突破はとても大事です。防御側ユニットの後退を攻撃側プレイヤーが行う。突破されたユニットはZOCがなくなる。戦闘後前進は+1ヘクス。でも、突破出そうをと思ったら戦闘比が8:1とか9:1にしないといけません。そんな戦力集まりますかねぇ。

書いていくうちにますます楽しみになってきました!もっと研究してみよう!

Img_1202

Img_1201

Photo_4

2017年11月 8日 (水)

ラーメン荘 歴史を刻め 枚方店に行ってきました

ビオルネに移転してから店がきれいになりました、二郎系ラーメンの歴史を刻め。私はジロリアンではないですが、月に数回通う予備役ジロリアン。たまに来るドカ食い欲求を十分に満たしてくれるお店です。

ここの特徴は麺量、野菜、背脂、ニンニク等のトッピングを自分用にカスタマイズできること。野菜マシとか背脂マシマシとかニンニクマシマシマシとかお好み通り! 野菜マシマシマシにすると野菜がチョモランマのようにそびえたちます。
今日は野菜マシ、ニンニク入り。カラダを気遣ってる人は食べたらアカンやつです(笑)。真上から撮っているのでわかりにくいですが、横から見ると富士山くらい野菜が盛られています。

皆さまも枚方市に立ち寄ったら、ぜひチャレンジしてみて下さい! 週末は行列必至です!

Img_1264

2017年11月 7日 (火)

暴力団追放府民大会に行ってきました

天王寺の大阪国際交流センターで開催された、暴力団追放府民大会に出務しました。分布図を見ると、暴力団って全国にあるわけじゃないんですね。こういう勢力分布図を見ると、ボードゲームやカードゲームが作れないかと考えてしまうのは職業病…です。

Img_1261

Img_1258

2017年11月 6日 (月)

宍道湖と中海の魚たちボードゲーム

先月、島根県松江市に行ってきたんで、「このゲーム、一回やってみよー」とことになりまして。去年のゲームマーケットでジャケ買いしたボードゲーム、積みゲーになっていた『宍道湖と中海の魚たち』。お題の魚の名前や大きさ、産卵期、生息分布を当ててポイントをためていきます。チャンスカードをうまく使って、ボーナスポイントをもらったり他のプレイヤーのシジミを戻したり。

写真のお題の魚は「ワタカ」。聞いたことないです、ハイ。「なんか川魚っぽいから宍道湖に棲んでるんちゃうかな」とか、「小魚っぽいよね」とか言いながら、一人ずつシジミをマスに置いていきます。

これ、かなり楽しい。だいぶ楽しいです。いつのまにか魚博士になれる気がする!?

Img_1188

Img_1295_2

2017年11月 5日 (日)

ミドルアース麻雀会のち焼肉、南大門キッチン

ミドルアースには麻雀クラブがありまして、京都のSOLGER会員と毎月交流をはかっています。足かけ10年くらいになるようで、公式大会になったのは6年前のこと。ここから記録をとり始めました。
昨日も、京都SOLGERのスーパーオデッセイ氏、京都アウトランダーズのタケタケ氏、ミドルアースRPG部のオーガ氏、私の4人で夜な夜なあやしいゲーム会(麻雀会)でした。現在、前回優勝のタケタケ氏が一歩リードして連覇を目指しています!

終わってからの恒例の食事会は、オーガ氏のリクエストで焼肉。地下鉄長田駅近くの南大門キッチンさんです。五十手前のおっさん四人でがっつりジュージューしてきました。

1

2

2017年11月 4日 (土)

ゲムマ2017秋でコマンドとかS&T誌とか

ゲームマーケット2017秋で販売する中古ゲームをリストアップしました。箱ゲームもあるんですが、まずは雑誌から。どれも毎号買っているもので、怪しいルートからの密輸品(?)ではありません。カウンターは全て未切断、本誌もかなりキレイです。

コマンドマガジンのバックナンバー
127、128、129、130、131、133、135、136、137

S&T誌、日本語ルール付
198、228、256、270、273、302、303、304、305

価格はコマンドが3,000円+税、S&T誌は3,500円+税の予定です。
 
 
箱ゲームは、中古の『パンツァー・グルッペ・グデーリアン』とかファランクスゲームズの『ハウスデバイデッド』とか、ちょっとだけ箱がへこんでいるコロンビアゲームズの『ビクトリー・イン・ヨーロッパ』とかゲーマーズの『ビヨンド・ザ・ライン』とか。ルールブック等がコピーの『シシリー上陸作戦』(日本語版、なぜかゲーム盤とユニットだけあります)とか。こちらの価格は全て未定ですが20%~50%OFFくらいでしょうか。

2017年11月 3日 (金)

ゲームマーケット2017秋のカタログが届きました

ゲームマーケット2017秋のカタログが届きましたよ。このカタログは今日からショップでも販売開始です。サンセットは『戦国大名』、『聯合艦隊』、『ラストスパイク』といったゲームの他、ダイスいっぱい。
ガシャポンマシン買ったんで、ダイスガチャやります!

Photo

2017年11月 2日 (木)

二足のわらじ

11月26日に池袋で仕事が入りまして…。
翌週は東京ビッグサイトでゲームマーケットなので二週連続で東京出張ということに。
ついでに東京で不動産(家探し)の仕事もあるので、便利といえば便利かも。
ゲーム業と不動産業、二足のわらじはなかなか大変です。

2017年11月 1日 (水)

『グアム』と『サウス・チャイナ・ウォー』を買いました

また積みゲーが増えてしまいましたが、なかなかおもしろそうな二作です。

『グアム』は、『サイパン』に続くアダム先生のマリアナキャンペーンゲームの第二弾。フルマップ4枚でユニット1,000個オーパーでプレイタイムは50時間ときました。

『サウス・チャイナ・ウォー』は今注目の南沙諸島を巡る現代戦です。こっちは4時間で終わるお手頃サイズです。

1

3

2

« 2017年10月 | トップページ

最近の写真

  • Img_1299
  • Yk_box
  • Hoc_cover
  • Mecover
  • Pb_cover
  • Img_1284
  • Cb_cover2web
  • 3601cover400
  • Photo_4
  • Img_1202
  • Img_1201
  • Img_1264