無料ブログはココログ

« 打ち抜き駒シートの制作費っていくら? | トップページ | あさば@潮見駅 »

2017年10月26日 (木)

松浦さんがバック・ハンド・ブローにチャレンジ!

松浦さんのブログ、ウォーゲームで歴史に思いを馳せるを読むと、今度はオペレーション・コンバット・シリーズ(OCS)の『ケースブルー』を使った「バック・ハンド・ブロー」シナリオにチャレンジするそうです。

このシナリオは1943年1月~5月まで東部戦線を描いていて、スターリングラード陥落が2月2日なので第1ターンにスターリングラード戦が終了、それからクルスク戦直前までが再現されます。ウォーゲーム的にわかりやすく言うと、第二次ハリコフ戦と第三次ハリコフ戦をOCSでやってみよー!という話。これはそそる!そそる! 勝利条件は「ゲーム終了時に、ケルチ海峡の両岸の支配を維持していれば、枢軸軍が勝利します。ただし、この勝利条件は枢軸軍が有利に設定されています。」ですが、ゲーム終了時にハリコフとロストフの両方を支配していれば、ソ連軍の勝利でしょう。

ドイツ軍の装甲兵力は大事に使って下さいねー、松浦さん。移動モードで突っ込ましちゃダメですよー。ドイツ装甲師団ってその存在が脅威ですから。燃料がなくても、そこにいれば抑止力!

ああ、『ケースブルー』の再販が待ち遠しい!

« 打ち抜き駒シートの制作費っていくら? | トップページ | あさば@潮見駅 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松浦さんがバック・ハンド・ブローにチャレンジ!:

« 打ち抜き駒シートの制作費っていくら? | トップページ | あさば@潮見駅 »

最近の写真

  • Gm2_20190718111601
  • Gm1_20190718111601
  • Gm3_20190718111601
  • 3_20190717160901
  • 2_20190717160901
  • 1_20190717160901
  • Img_4853
  • Img_4842
  • Img_4850
  • Img_e4836