無料ブログはココログ

« シミュレーションゲームではなくウォーゲームと呼びたい | トップページ | 松浦さんがバック・ハンド・ブローにチャレンジ! »

2017年10月25日 (水)

打ち抜き駒シートの制作費っていくら?

ウォーゲームを作る上で欠かせないのが駒(ユニット)。1/2インチ(12.5mm角)というのが定番のサイズ。サンセットでも『戦国大名』や『聯合艦隊』の駒は全部このサイズです。
さて、同人ウォーゲームを作る際に駒をどうしようか?という話になった時に、打ち抜きにするのかシールにするのか?これが運命の分かれ道??なのかもしれません。そんな悩みを持つ方のために、今回は駒シートの価格を考えてみたいと思います。

サンセットの駒シートは1枚200駒入りです。シート1枚であれば何個でも入りますが、枠の強度なんかが問題になってきます。全て角で止めるように設計すると、コーナーカッターを使って角を落とすとキレイに仕上がります。

Dimyo_busho2
 
 
さて、これを100枚作ると単価は3,400円なんです!1個17円もしちゃいます!とてもじゃないけど使える値段じゃないですね。これが200枚になると、どーんと下がって1,750円!ほぼ半額です。300個になると1,230円と値段は順調に下がります。まとめてみると…

100枚 @3,400円  合計 340,000円
200枚 @1,750円  合計 350,000円
300枚 @1,230円  合計 369,000円

驚くことに、ほとんど値段に差がありません!
 
 
商業レベルになりますと、ケタが1つ増えて1,000枚からの話になります。その場合は…

1,000枚 @390円  合計 390,000円
2,000枚 @220円  合計 440,000円

300枚作るのとあまり変わらない!それでも決して安いとは言えません。

こんなふうに打ち抜き型の駒シートはとても高価なパーツなのでした。ゲームデザインを志している人たちの、何かの参考になれば幸いです。

※あくまでも参考価格です。

« シミュレーションゲームではなくウォーゲームと呼びたい | トップページ | 松浦さんがバック・ハンド・ブローにチャレンジ! »

ゲーム開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58465/65961564

この記事へのトラックバック一覧です: 打ち抜き駒シートの制作費っていくら?:

« シミュレーションゲームではなくウォーゲームと呼びたい | トップページ | 松浦さんがバック・ハンド・ブローにチャレンジ! »

最近の写真

  • Img_1299
  • Yk_box
  • Hoc_cover
  • Mecover
  • Pb_cover
  • Img_1284
  • Cb_cover2web
  • 3601cover400
  • Photo_4
  • Img_1202
  • Img_1201
  • Img_1264