無料ブログはココログ

« 『ハイウェイ・トゥ・ザ・ライヒ』のキャンペーンゲーム(前編) | トップページ | 松浦さんがまたハリコフ戦を始める »

2017年9月18日 (月)

『ハイウェイ・トゥ・ザ・ライヒ』のキャンペーンゲーム(後編)

後編。

さてさて、一夜明け、ゲームが続きます。

まずはドイツ軍の作戦会議。あれがあれで、これがこれで。戦線が破れるのは時間の問題ですけどもなるべく遅滞させるべし。

H12


ゾン橋の奪回にパンター戦車が突進!米第101空挺師団は歩兵と重火器部隊しかいないので全く歯がたたず…。さらに、ゾンの町がドイツ軍砲兵の射程に入れられ、撃たれ放題です。

H13


一方、あいかわらずアルンヘムを攻めあぐねるドイツ軍。赤い英第1空挺師団のユニットはまだまだあります。なかなか残念なお知らせです。

H14


ゾン橋をなんとか守り抜き、反撃に出る米第101空挺師団。数にモノをいわせてひたすら前進。砲兵に撃たれてもまた前進。アイントホーフェンに入りました!

H15


そろそろ英第30軍団に包囲される前に、貴重な砲兵ユニットを盤外に脱出させるドイツ軍。なかなか的確な判断です。このゲームの砲兵は、まさしく陸の女王。歩兵を簡単に蹴散らしてくれます。

H16


そして、あれやこれややっているうちに、ゲーム終了~!
ナイメーヘンとアルンヘムを結ぶ道路は連合軍が確保しています。

H17


サイコロのいたずらで、ドイツ軍ユニットは1つもアルンヘムの町に突入できず。こんな日もあるさ。

H18


米第101空挺師団はアイントホーフェン攻略に乗り出し、英第30軍団の突破は目前です。史実では2日目の夜に英第30軍団がアイントホーフェンを攻略してゾン橋まで進んでいます。あと一日ゲームを続けていれば、アルンヘムまで行けてた! 

H20


そんなこんなで感想戦。いやーおもしろかったですねー。
2日間やって、だいたい2日分のゲーム時間を進める。ほぼリアルタイムでした。

『ハイウェイ・トゥ・ザ・ライヒ』はオリジナルの戦闘システムで、戦車、歩兵、砲兵、対戦車砲など兵科毎の特色がよく出ていて、SPIチックに戦場を再現してくれています。そして、ルールがシンプルなことから遊んでいて安心感(安定感)がありました。マーケットガーデン作戦の空挺部隊の歩兵戦闘から、英第30軍団の機械化部隊の大突破までうまく再現されています。これはよくできたウォーゲームですねー。昔の人は偉かった!

H19


参加した皆さん、どうもおつかれさまでした! 次も楽しいゲームを遊びましょう!
次は冬に企画。ということは『オペレーション・タイフーン』か『ヴァハタムライン』??

« 『ハイウェイ・トゥ・ザ・ライヒ』のキャンペーンゲーム(前編) | トップページ | 松浦さんがまたハリコフ戦を始める »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58465/65815345

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハイウェイ・トゥ・ザ・ライヒ』のキャンペーンゲーム(後編):

« 『ハイウェイ・トゥ・ザ・ライヒ』のキャンペーンゲーム(前編) | トップページ | 松浦さんがまたハリコフ戦を始める »

最近の写真

  • Gm2016s8
  • Gmk1
  • Gm2017a_mapday1
  • Scs18
  • 2
  • 1
  • 4_2
  • 3_2
  • 2_3
  • 1_3
  • 4
  • 3