無料ブログはココログ

« フレッシュネスバーガーのガパオバーガー | トップページ | 夏が来る! »

2016年6月26日 (日)

『トライアンフ&トラジェディ』を考える(ドイツ編その1)

今回は、「ドイツの勝ちパターンは?」という問題です。

ドイツは時間が経てば経つほど挟撃されるリスクが高くなります。英米とソ連に挟まれており、ターンが進む毎に3陣営間の軍事・国力の格差は縮みます。しかも同時に2国にしかも東西から奇襲されると、一気に崩壊してベルリンさえ危うくなります。

こうして考えると、早期開戦でどっちかだけ先にやっちゃう作戦はありでしょう。しかし、早すぎる開戦はドイツにとって深刻な資源不足をもたらすので、ゲーム序盤は資源獲得と軍備増強に的を絞ります。外交よりも軍備優先です。
できるだけ多くの戦車を4ステップまで引き上げること、必ず潜水艦を作ること、そうして戦力がある程度整った1938年に宣戦布告しましょう。相手は英米でもソ連でもかまいません。ヨーロッパの情勢次第です。目標はパリかレニングラードです!

どっちか占領できたら、返す刀でもう一つの副首都を目指しましょう。
パリとレニングラードを支配すれば、ドイツのサドンデス勝利です!

Ttmap2400_2

Ttbox_2

« フレッシュネスバーガーのガパオバーガー | トップページ | 夏が来る! »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『トライアンフ&トラジェディ』を考える(ドイツ編その1):

« フレッシュネスバーガーのガパオバーガー | トップページ | 夏が来る! »

最近の写真

  • M4_20200921143301
  • M3_20200921143301
  • M6_20200921143301
  • M5_20200921143301
  • M8_20200921143301
  • M7_20200921143301
  • M9_20200921143301
  • M2_20200921143301
  • M1_20200921143301
  • M10_20200921145901
  • Photo_20200916165401
  • Seki2_20200916171601