無料ブログはココログ

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | モノ作りの原点は研究にあり »

2016年1月25日 (月)

『聯合艦隊』を遊ぶ(第三次ソロモン海戦)

たかぴょんさんにおんぶにだっこしてもらって、『聯合艦隊』を遊びました。
シナリオ12「比叡、奮戦ス!」です。
たかぴょんさん、対戦ありがとうございました。充実した一日になりました!

史実では、比叡が集中攻撃を食らって沈没してしまうのですが、今やミドルアースきっての聯合艦隊博士、たかぴょんさん相手でそんなうまくいくはずはありません。米駆逐艦の魚雷ってよっぽと近くから撃たないと当たらないですし、当たっても50%の確率で不発なのです。そんなわけで遠距離砲撃戦を挑むことにしました。距離が遠ければ、日本軍の93式魚雷の威力も半減です!

ゲーム序盤から中盤にかけて、駆逐艦を叩いて叩いて叩きまくって戦局を優位に進められたと思っていたのですが、その後、距離をうまくとれず乱戦に巻き込まれ、93式魚雷で次々と沈んでいく米艦船なのでした。


シナリオは、高速戦艦の比叡・霧島、米重巡ポートランドとサンフランシスコの他、駆逐艦がいっぱい出てきて、とてもダイナミックな展開になります。たぶん、最も『聯合艦隊』らしいシナリオかと。10隻以上で3つくらいの隊に分かれていると、艦隊ルールが厳しい『聯合艦隊』を実感できます。
日本の砲雷撃海戦ゲームの傑作のひとつであることは間違いありません。

Mmm9_2

Mmm11_2

Mmm12_2

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | モノ作りの原点は研究にあり »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

こかどさん、楽しいプレイありがとうございました。
『聯合艦隊博士』怖ろしい?称号授与も有りがたく頂きます(^^ゞ

 後で気づいたのですが、セットアップ間違ってました(汗)
ごめんなさい。お互い後ろにいた艦(米軍はサンフランシスコ等)は
真ん中のCマップの配置でした。(確認しておくべきでした)
本当は、いきなり至近距離になるので、もっと乱戦になっていた
ような気がします。
 自己防衛的な発言ですが、逆に軽巡・駆逐艦の突っ込みの研究が
出来たのですごく貴重な対戦になりました。
また違うシナリオで対戦、よろしくお願いいたします。

たかぴょん博士、コメントありがとうございます。
おお、初期配置が間違っていたとは…。
まぁ、そういうヒストリーもあるということで笑ってごまかしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58465/63122353

この記事へのトラックバック一覧です: 『聯合艦隊』を遊ぶ(第三次ソロモン海戦):

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | モノ作りの原点は研究にあり »

最近の写真

  • 3
  • 2
  • Photo
  • It
  • Photo_2
  • Ps2_3
  • Ps2_2
  • Ps2_1
  • N6
  • N5
  • N4
  • N2