無料ブログはココログ

« ダイヤモンドヘッドに登る | トップページ | 戦艦ミズーリ記念館を訪れる »

2015年10月 3日 (土)

太平洋航空博物館を訪れる

パールハーバーには、多数の航空機を展示している太平洋航空博物館がありまして、なんと10月3日はオープン・コクピット・デーなのでした!
コクピットに座れるスペシャルデーなのです!

パールハーバーの駐車場に車を止めて、バスで連れて来られました。
だだっ広いハンガーを改良した博物館なのです。

7_2


入ったら、ババーンとこれ。
真珠湾攻撃の時にパールハーバーの様子をイメージした絵です。

1_2


零戦21型です。真珠湾攻撃に参加したのはこの初期型で、当時はまだ緑色ではありませんでした。『永遠の0』で宮部久蔵が特攻機を交換してもらうシーンが思い浮かびます。

2_2


一番目を引いたのが、この日本軍の魚雷の展示です。
真珠湾が浅かったことから、魚雷を改造した話は有名ですが、実際に形がここにありました。
なるほど~。
部品が木製というのも日本軍らしい…。

3_2

4_2


アメリカ軍機の展示は、ドゥーリットル空襲で活躍したB-25やF4Fの他いろいろ。

5_2

6_2


屋外では、F-15がお出迎えしてくれました。
ハワイの基地にはF-22が配備されていましたから、F-15はもう退役しているのでしょうか。

8


さらに進むと、F-14トムキャットがいました。
『トップガン』で一躍有名になった可変翼の機体です。

9


見て下さい!
ハンガーの中は所狭しと機体がびっしり詰まっています!

10


テーマは朝鮮戦争なのでしょうか、MiG-15とF-86です。
世界で初めてジェット戦闘機同士の空中戦を戦った機体です。

11


マニアックですいません。F-4ファントムのアレスティングフック(着艦フック)です。
ここにワイヤを引っかけて、空母に着艦するのです。

12


もう一つ、F-111アードバークのエンジン。
リビア爆撃や湾岸戦争にも出撃した、2人乗りの長距離爆撃機です。

13


朽ち果てたB-17。

14


入口の最も目立つところに、ドーントレスです。
ウォーゲームでも、『エアフォース』のエキスパンションキットの名前に使われるくらいなのでアメリカでは相当メジャーなのでしょう。

15


いろんな機体のコクピットに座りました。Mig-21のコクピットがとても狭くて、「やっぱりソ連製なんだ~」と実感したり、F-6が機体が小さいわりにゆったりしていて、各国で採用された人気の高さの一因なのかな、と考えたり。
とても貴重な体験でした!


明日は、戦艦ミズーリのレポートです。

« ダイヤモンドヘッドに登る | トップページ | 戦艦ミズーリ記念館を訪れる »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58465/62452723

この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋航空博物館を訪れる:

« ダイヤモンドヘッドに登る | トップページ | 戦艦ミズーリ記念館を訪れる »

最近の写真

  • 3
  • 2
  • Photo
  • It
  • Photo_2
  • Ps2_3
  • Ps2_2
  • Ps2_1
  • N6
  • N5
  • N4
  • N2