無料ブログはココログ

« Strategy&Tactics 269号 | トップページ | The Last Stand: Digital Wars »

2011年7月12日 (火)

巨人-阪神戦

巨人に新外国人と聞いて中継を見ました。
セリーグの野球に興味はないのだけど、原監督と長野、ラミレス、坂本は応援してます。

四番マートンにヒットエンドラン?とやっぱり不思議な真弓監督。それはさておいて、鳥谷はグライシンガーのモーションを完全に盗んでいました(足上げる前にスタートしてたよ)。完全にクセを見抜いているんだろーなー。

続くブラゼルに投げた内角球はグライシンガーの完全な失投。阿部の要求はボール球。カウントが1ボールだったからピッチャーはストライクが欲しいよね。阿部には、内角のボール球で体を起こしてから外角低めで三振か内野ゴロという計算だったはず。あそこで左ピッチャーに変えると思ったんだけどなー。

新井の調子はまだまだ。ヒットは打ってるけど目の覚めるような打球がない。四番が打つヒットじゃないんだよね。

さて、注目のフィールズは外角低めのスライダーをカットできていたので、そこそこ活躍するんだろう(日本野球で活躍できるかどうかのバロメーター)。でも日本のストライクゾーンがまだわかっていない。それで昨日は三振の山。最後の打席もフィールズが前の打席に四球と思って見逃したコースに二球ストレートで三振。初球の内角低めもとても打てないコース。ワイルドピッチで二、三塁にしたから、今日の藤川にフォークはないと考えればストレートには手を出してほしかった。

しかし、最終回二死二、三塁のフィールズに代打を出さなかった原監督。
彼もその意味を十分にわかっているだろう。これからの活躍に期待。

« Strategy&Tactics 269号 | トップページ | The Last Stand: Digital Wars »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58465/52194708

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人-阪神戦:

« Strategy&Tactics 269号 | トップページ | The Last Stand: Digital Wars »

最近の写真

  • H19
  • H20
  • H18
  • H17
  • H16
  • H15
  • H14
  • H13
  • H12
  • H2
  • H10
  • H9