無料ブログはココログ

« 自己プロフィールの作成をお願いします | トップページ | オリジンズの準備 »

2011年5月16日 (月)

幸せのちから

某民放でやっていた映画を観ました。

原題は「The pursuit of happyness」。多くの人が「幸福の追求」と訳すでしょう。それがなぜ「幸せのちから」になったのか?

以前、manpowerを「戦力」と翻訳して、間違っていると指摘されたことがありました。直訳すれば「兵力」ですが、この時はあえて「戦力」と訳したのでした。ウォーゲームの駒(ユニット)は兵士や兵器の数を単純に数値化しているのではなく、部隊の持つトータルな戦闘能力を反映しているものだと考えたからです。

ウォーゲームのルールブックの中では、兵力でも戦力でもどちらでもかまわないと思います。この程度の違いはニュアンスの問題なのです。

英語の本当に正しい意味を日本語で伝えようとすれば、それは本当に大きく意訳しないと、正確なニュアンスは汲み取れないと思うのです。「The pursuit of happyness」は「幸せのちから」になりました。息子がいたからがんばれた。幸福を追求をする原動力は幸せのちから、つまり父子愛だったのです。

« 自己プロフィールの作成をお願いします | トップページ | オリジンズの準備 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58465/51694401

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せのちから:

« 自己プロフィールの作成をお願いします | トップページ | オリジンズの準備 »

最近の写真

  • It
  • Photo_2
  • Ps2_3
  • Ps2_2
  • Ps2_1
  • N6
  • N5
  • N4
  • N2
  • N1
  • Saipan
  • Cg_saipan_front