無料ブログはココログ

« ミドルアースの敷居の高さ | トップページ | AGAのゲーム会 »

2011年2月25日 (金)

入門用ウォーゲームを考える

ふと思いついた素朴な疑問。

リストアップされたゲームはいろいろあるけれど、ウォーゲームを改良したのは見たことがありません。

『ASL』をもっと簡単にすればいいんじゃんないですか。
ややこしいルールと修正は全部はずす。
訳わからん説明されてもわからんし。

コンセプトが伝われば十分なんじゃないですかねぇ。

« ミドルアースの敷居の高さ | トップページ | AGAのゲーム会 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

札幌の今日も6ゾロです。
ASLのコンセプトを生かしてややこしいルールと修正を外す…と、それがASLスターターキットだと思うのですが。残念なことにSK3までいくとやっぱりややこしくなっているのですが、SK1までのルールで遊べる追加キットも出るようですね。

今日も6ゾロさん、どうも。

ASLスターターキットをもっと簡単にしたらいいんじゃないかと思っているんですよね。
もっと簡単にできるはずなんです。

今まで、引き算の考え方は少なかったんじゃないでしょうか。

E社の「入門1」「入門2」の一部は、そんな感じにデザインされていたような気が。

ASL-SKをさらに簡単にする、ということは「どんどん引き算していく」という考え方なわけですね。それは確かに少ないかも。「どんどん足し算」は多かったですが。
単なる引き算であれば、FirePower>プラトーンなんかもそうですね。引き算の加減を間違うと、ゲームの魅力そのものも伝えられなくなってしまうのでかえってハイセンスが必要な気がします。単に簡単にするのはそれこそ簡単なんですけれども。

> 単に簡単にするのはそれこそ簡単なんですけれども。

それでいいんじゃないですか。単なる引き算で。
ゲームの魅力って、そんな簡単に失われるものじゃないと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58465/50964245

この記事へのトラックバック一覧です: 入門用ウォーゲームを考える:

« ミドルアースの敷居の高さ | トップページ | AGAのゲーム会 »

最近の写真

  • M6_2
  • Photo_5
  • Cmj_2
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Ls_cover
  • Photo_2
  • 2
  • 1
  • Trpgf2
  • Trpgf3
  • Trpgf1