無料ブログはココログ

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | レイテの地図盤がやってきました »

2009年4月14日 (火)

バストーニュへの道

予告通り、ミドルアース定例会で『バストーニュ』を石田治部さんと対戦しました。
セットアップはアメリカ軍ユニットが20個くらいなので準備も手軽だったようです。
ドイツ軍は全ユニットが増援として登場します。最初は左端から。

下の写真は第2ターン終了時。
ちょうどアメリカ軍の第101空挺師団のユニットが増援でわんさか出てきたところです(これでアメリカ軍の増援はほぼ打ち止め)。
あとはドイツ軍がバストーニュを包囲していくことになります(できるかどうかは別です)。増援も下から出てきたり、上から出てきたりして案外囲めるかも、という診断結果。
ドイツ軍は3本ある黄色の道路をゲーム終了時に打通すればVPをもらえるので、アメリカ軍にはバストーニュに集まってもらわないといけないわけです。
Dscn3355
バストーニュに迫るのですが、道路に立ちはだかる歩兵が意外にしぶとい。
Dscn3362
近づいたら近づいたで、砲撃でDG(混乱状態)&ステップロスを受けます。
Dscn3363
ゲームは1日あれば最終ターンまで進む感じです(1ターン1時間弱)。
駒数も手頃で、ドイツ装甲部隊の強さが体感できます。しかし、アメリカ軍歩兵は防御力が高いので、しぶとく粘ります。装甲何個か集めないとやっつけられない。

両軍の戦力を比較して、あーこうして陥ちなかったんだナー、となんとなくわかった気分になりました。

88mm砲の使い方を研究しなければsign03

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | レイテの地図盤がやってきました »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

88mm砲はうまく使えばドイツの悪漢度はパワーアップしますよ

米軍の強みはあの防御力きっとバズーカに威力でしょうね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | レイテの地図盤がやってきました »

最近の写真

  • Img_1299
  • Yk_box
  • Hoc_cover
  • Mecover
  • Pb_cover
  • Img_1284
  • Cb_cover2web
  • 3601cover400
  • Photo_4
  • Img_1202
  • Img_1201
  • Img_1264