無料ブログはココログ

« カブト会に行ってきました | トップページ | ミドルアースの会報11月号できました »

2008年12月 8日 (月)

『孤島の戦場』について意見を

4in1の1つ、ガダルカナル戦をテーマにした『ブラッディリッジ』ですが、どうもプレイバランスがよくないようです。今のところ、いろいろ試行錯誤を重ねましたが、大きく日本軍が有利という結果が出ています。

●いったん接敵すると離れられない。
●敵ユニットのZOCに退却不可(必ず)。
●日本軍歩兵ユニットは1ヘクスの浸透移動(ZOCtoZOC移動)できる。
●平地で+6以上の戦力差で必ずD結果。
●砲兵の支援射撃は攻撃時は無制限に使える。

接敵後に浸透してきた日本軍歩兵ユニットに包囲されていく米軍ユニット、という方程式です。こうして、米軍は前で守ると包囲され、(接敵しないように後退していって)後ろで守るとヘンダーソン飛行場を守りきれなくなります。

このままの形で世に送るのがよいか、選択ルールを付けてゲームバランスを調整するのがよいのか、非常に悩んでいます。
選択ルールは、SPIゲーム“らしさ”を損ないかねないかと…。

『ドイツ戦車軍団』の「エル・アラメイン」は、普通にプレイすればドイツ軍は勝てないはずです。ですから、ゲームバランスをそこまで重視しないウォーゲームがあってもいいんじゃないかと。

そのあたり、皆さんのご意見を伺いたい、と思っています。

このままの形で世に送るのがよいか、選択ルールを付けてゲームバランスを調整するのがよいのか。

よろしくコメント下さいませ。

« カブト会に行ってきました | トップページ | ミドルアースの会報11月号できました »

ゲーム開発」カテゴリの記事

コメント

選択ルールなしで再版していただきたいです。
できれば、英文ルール同封がいいなぁ。

 元々、このゲームは、日本軍有利と言う前評判を、20年以上前から、聞いています。 SPIのゲームの粗製乱造の悪しき申し子なのですから、古角さんが、それほど、悩まれる必要は、無いと思います。 ただ、この事を知らないゲーマーが、このゲームをプレイして、「こんなのは、ガダルカナルじゃない!」とか、「サンセットは、けしからん!」とか、言い出すのが、怖いですね。 ルール・ブックのデザイナーズ・ノートにでも、「ゲーム・バランスは、悪いです。e.t.c.」と描いとけば、としか、良い様が、ありません。 私個人は、再販してもらえるだけでも、ありがたいですね。

選択ルールとされているので、基本ルールはSPI版のままとして、ゲームバランスを調整したい人は選択ルールを導入するという形だと思いますので、私はあった方がよいと思います。
クワドリゲームなので、他の3つが遊べればいいという考え方もあるかもしれませんが、やはり、プレイバランスが崩壊しているとわかっているものを調整せずに出版するのは疑問に思います。

AMIさんの意見の方に賛成です。
オリジナルは尊重するべきですが、選択ルールということなら、問題点改善には賛成です(オリジナルが載っているのが前提)。
…その他に例えば、もし戦闘序列にも間違いあれば選択の追加ユニット化があって欲しいな(何せ元が古いゲームなので、間違いありそうな)。

個人的には、オリジナルのままで欲しいです。
理由は、特にないですが、選択ルールは、発売後募集しても良いですし、選択ルールを雑誌(多少あこぎ?)で発表されるのも良いのではないでしょうか?

パラトルーペ、モンダンバトルズと続けばシリーズ化可能な気もしますが。

選択ルールということなら、とくに反対する理由はないと思います。ただ、記載された選択ルールは、セミオフィシャルなものになると思うので、その内容は慎重に検討する必要があると思います。

基本デザインの骨格をできるだけ無視しない形での、修正ルールを思いつくことが可能なら、選択ルールとして掲載したら良いと思います。無理なら、オリジナルのままにして、調整はユーザーに任せれば良いと思います。たぶん、ユーザーが何か考えると思います。

たくさんのコメント、ありがとうございます。
こんなにたくさん来るとは思っていませんでした。

選択ルールをユーザーから公募するプランに非常に興味を持ちました。
なるほど。

SPIのオリジナルルールは、そのまま掲載することにしましょう。
ルール上の不明点は、本文を書き換えるのではなく、別枠を作って解説するというスタイルを、今回のルールブックでは採用します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カブト会に行ってきました | トップページ | ミドルアースの会報11月号できました »

最近の写真

  • M7
  • M6
  • Origins_awardwinners
  • Nichirojp
  • 2
  • 1
  • 3
  • 2
  • 1
  • Mj2
  • Mj1
  • Photo_2