無料ブログはココログ

« 大日イオンで | トップページ | 『ビルマ2』の日本語ルール完成 »

2008年11月 3日 (月)

ミドルアース定例会レポート

Dscn2952Dscn2946Dscn2953Dscn2941



Dscn2957Dscn2951Dscn2944Dscn2937



この日プレイされたゲームは、『レッド・ドラゴン・ライジング』、『THE KOREAN WAR』、『シフティング・サンズ』、『コルスン(ドイツ南方軍集団)』、『ドレスデン1813』、『チカマウガ(ブルー&グレー)』、『パス・オブ・グローリー』でした。
RPG部は、『AD&D+Hack Master』の1卓でした。

またまた、愛知県からKMTさんとY口さんが来場しました。
KMTさんはU江田さんと『ドレスデン1813』、Y口さんは自称エースさんと『THE KOREAN WAR』のガチ対決!

DG版『ハイウェイ・トゥ・ザ・ライヒ』はKARZさんが買ったとのことで、記念撮影。
家では広げられないということでした。

僕はそのKARZさんと、かねてからのお約束のStrategy&Tactics誌の付録ゲーム 『レッド・ドラゴン・ライジング』を対戦しました。
コマンド82号にレビューありますけど、実際やってみると結構笑えるゲームでした(失敬)。

第1ターン、イラン参戦で中東に空母1隻派遣させられて、さらに台湾が戦争から脱落していきます(ランダムイベントで)。
肝心の台湾、空っぽになったところに、中国軍のヘリ機動部隊と空挺が降下。

第3ターン、今度は日本が勝手に停戦してしまい、自衛隊の兵力も除去。

最後は大機動部隊を編成して、サイパンからやってきた海兵隊が台湾に上陸してメデタシ、メデタシ…でした。

« 大日イオンで | トップページ | 『ビルマ2』の日本語ルール完成 »

ミドルアース」カテゴリの記事

コメント

やってますねー、朝鮮戦争。
写真は上の列、一番左が3ターン目ですね。
38度線付近に北朝鮮軍がいるってことは、動かすのを忘れてなければターンが始まったばかり。
ターンマーカーだけでなく、アメリカ軍の数でも判ります。
ターントラックの横に並んでいるのは、壊滅した韓国軍。釜山付近のアメリカ軍は、増援の部隊ですね。
下の列、一番左が7ターン目になりますか。
大邱の攻防戦が展開中と見ましたが当たっていますか?
写真が小さくてハッキリしませんが、国連軍の空軍は大邱の東北と南を妨害中(?)。
自称”エース”さんのガチンコ顔が凛々しくて宜しい。多分、大テンパリ中ですね。

それと私が最近お気に入りの『シフティング・サンズ』が上の列、右から3番目にありますね。
4ターン現在で、ロンメルが現れて、ハルファ峠から進攻を開始して…。あら、スエズとポート・サイドにドイツ軍がいる?
近東と北アフリカの戦線が崩壊していない、ということは「エジプトの反乱」を使いましたか。それとも一旦、ドイツ軍の攻勢で北アフリカから一気にここまで進出して、連合軍に分断されましたか。
何にせよ、東アフリカの掃討が順調なのに、もったいなかったですね。

ひょえ~yagi師匠殿毎度であります!

自分ってあんな顔してプレイしてるんですね(^-^;
いやはやお恥ずかしい!!

過去、前進防御で成功した人を見た事がなかったので
その時点でもう勝ったと思ってたんですね。

それが7ターンまでもう全然ミスってくれなくて(笑)

包囲からの脱出や死守命令をサクッと使いこなす
Y口殿との対戦は非常に勉強になりました。
久々にめっちゃ燃えました。
ぜひ再戦したいです!

あ、出来れば師匠殿
推奨の「金日成日和」ルールありで(^^ゞ

出来れば8ターンまで全部(爆)

ルール上は前進防御で国連軍が勝利得点を
得ることはないですが勲章ものです!

目指せ2日連続、朝9時~21時で16ターン完遂!

『朝鮮戦争』が一番好きと言ってくれたY口殿、
ぜひまた再戦お願いいたします!

yagiさん

シフティングサンズですが、私とFRTさんで2回プレイしました。

写真は、1回目のプレイです。連合は41年夏までにエチオピア制覇し、41年にマルサマトルーで、3個師団X2の壁を作りましたが、DAKがロンメル+装甲の3シフトで英軍の3個師団をオーバーランし、そのままスエズとカイロをおさえて、ゲームオーバーとなりました。
後詰めが必要であることを学びました。

2回目は43年まで行きました。エチオピアは要塞に全軍をこもらせる戦術で、連合を困らせ1VPを獲得しますが、今度は41年に連合の3個師団+マチルダでDAKがオーバーランでトリポリまで吹っ飛ばされ、逆転で連合が余裕に。
枢軸が連合に対し遅滞戦術をしているうちに、次々と連合はカードプレイし、マルタ勝利まで行きます。 一方で枢軸は、バルカンキャンペーン+イラクで連合軍を困らせますが余裕。イラク・シリア制覇、トーチでトリポリを制覇し連合が勝利しました。(でも1VP差)

連合がトブルクに3個師団こもらせると枢軸の対処がむつかしく感じています。なんかやり方が間違っているのかな~

どうもエース様、yagi様
2枚の写真は、まさにyagiさんの言う状況です。
序盤の韓国軍の損害は甚だしかったものの、4ターン以降は常時2ユニット空軍が張り出しており北朝鮮軍は苦戦されたと思います。(金日成日和の採用はあったほうがいいですね)しかしながら、エースさんとの対戦は全く予断を許さず、7ターンまでしっかり長考させていただきました。8ターンの単純ミス(戦車のパスボール)は、その反動による気の緩みですね。
一般にはこれは前進防御作戦なのでしょうか。僕としては後方の主力を温存させるための遅滞作戦(足止め)と考えています。先回の対戦と合わせ、ミドルアースさんで浸透しているプレイスタイルの違いが興味深いです。
次回はパスグロの対戦希望をしていますが、再び対戦できる日を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大日イオンで | トップページ | 『ビルマ2』の日本語ルール完成 »

最近の写真

  • Img_1299
  • Yk_box
  • Hoc_cover
  • Mecover
  • Pb_cover
  • Img_1284
  • Cb_cover2web
  • 3601cover400
  • Photo_4
  • Img_1202
  • Img_1201
  • Img_1264