無料ブログはココログ

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | アイアンクロス、撃沈! »

2008年6月 6日 (金)

『プランサンセット』に想うこと(その1)

『プランサンセットvol.4』の予約数は順調に伸びています。
お申し込み下さった皆様、ありがとうございます。

『プランサンセット』は発行者のコンセプトとして、流行に決してとらわれず、いろいろなウォーゲームのプレイレポートや作戦研究の発表の場として、3年後にも読み返してもらえるような雑誌を目指しています。
手に取って頂きたいのは、今のウォーゲームを楽しんでいる人々、そして将来ウォーゲームを楽しむだろう人々です。つまり、3年後にウォーゲームの存在を知った「誰か」が手にとって、ウォーゲームのより深い楽しさを知ってもらえれば、『プランサンセット』の目的の一つは達成されます。
サンセットゲームズのサポート誌としての広告宣伝媒体という感覚は、制作サイドにはありません。
今号でも、『パス・オブ・グローリー』や『ウクライナ'44』を取り上げていますし、そういうことは実は二の次で、そういう些末なことにこだわる時代でもないのです。

おかげさまで、『プランサンセット』はいずれの号もかなり息の長い商品になっています。
この点、日頃のご愛顧、皆様には大変感謝しています。
今回、きちんと文面で改めて皆様にお礼を述べたかった、というのが今日の記事の目的です。

少しは皆様のお役に立っているのかな、3年後には必ず誰かの役に立つはずだ、と思いながら、いつも制作しています。

続く。

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | アイアンクロス、撃沈! »

ゲーム開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | アイアンクロス、撃沈! »

最近の写真

  • T4
  • T1
  • 1
  • 2
  • Tlnb2_2
  • Tlnb67_cover
  • Tlnb2
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Photo_2
  • Dsssm
  • 2_2