無料ブログはココログ

« ウォーゲーム・ミーティング(その3) | トップページ | この世界の現状と進むべき道(その7) »

2007年4月24日 (火)

『新・戦国大名』

Rpg_2_1鈴木銀一郎先生は『新・戦国大名』をデザイン中です。
(株)国際通信社から刊行された『R・P・G』2号の「新・ゲーム的人生論」で、そのデザインに至る経緯を述べられています。

「変化球に頼らず、真っ向速球勝負のようなシミュレーション性の追求、それでいて驚くほど簡単な戦闘システム、運による逆転の可能性のゼロ、それに付帯する勝利条件についての(ほぼ)完全情報……。」

「『新・戦国大名』の狙いはあくまでも運の要素をできるだけ排除し、外交と、経営戦略と、ゲーム的センスで勝利を獲得しようとするゲームである。」

『R・P・G』2号より抜粋

興味のある方は、アナログゲームSHOP“a-game”からお買い求め下さい。

« ウォーゲーム・ミーティング(その3) | トップページ | この世界の現状と進むべき道(その7) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーゲーム・ミーティング(その3) | トップページ | この世界の現状と進むべき道(その7) »

最近の写真

  • It
  • Photo_2
  • Ps2_3
  • Ps2_2
  • Ps2_1
  • N6
  • N5
  • N4
  • N2
  • N1
  • Saipan
  • Cg_saipan_front