無料ブログはココログ

« 確定申告、まもなく終わります | トップページ | この世界の現状と進むべき道(その1) »

2007年3月14日 (水)

海の底

Uminosokoメディアワークス
有川浩 著
価格 1,680円
単行本 451ページ


内容(「BOOK」データベースより)
横須賀に巨大甲殻類来襲。食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。孤立した潜水艦『きりしお』に逃げ込んだ少年少女の運命は!?海の底から来た『奴ら』から、横須賀を守れるか―。

潜水艦、自衛隊、巨大甲殻類来襲というキーワードに、ピーンと来てしまいました。
正直、三流戦闘小説かな、と思っていましたが…。
意外にもおもしろかった。それもかなり。
結末もベタベタですがすがしく、さらにポイントup。

しかも、日本の「防衛」や「教育」、「社会」という面にもメスを入れています。

うーん、考えさせられる一冊でした。

« 確定申告、まもなく終わります | トップページ | この世界の現状と進むべき道(その1) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 確定申告、まもなく終わります | トップページ | この世界の現状と進むべき道(その1) »

最近の写真

  • T4
  • T1
  • 1
  • 2
  • Tlnb2_2
  • Tlnb67_cover
  • Tlnb2
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Photo_2
  • Dsssm
  • 2_2