無料ブログはココログ

« 世界の日本人ジョーク集 | トップページ | 『ウクライナ44』作戦研究(ドイツ軍編) »

2006年11月26日 (日)

ミドルアース定例会レポート

Dscn9802Dscn9797Dscn9798Dscn9796



この日プレイされたゲームは、『関ヶ原』、『パス・オブ・グローリー』、『ウクライナ44』、『フィールド・マーシャル』、『ライトニング・ミッドウェイ』、『太平記』、そして『ソロモン夜襲戦Ver1.5(オリジナル)』です。
RPG部は、『AD&D+Hack Master』と『アストラルファイター(オリジナルRPG)』の2卓でした。

『パスグロ』は鉄人デグvsやまさんでしたが、いつも同じような感じなので写真はなしと…。
『フィールド・マーシャル』はFRTさんとキタキツネさんが対戦していましたが、???という感想でした。
『ライトニング・ミッドウェイ』と『太平記』、『ソロモン夜襲戦Ver1.5(オリジナル)』は鰐見さんと初登場のtakoba39714さんの対戦でした。
夕刻までだったのに、たくさんプレイしていましたね。


Dscn9799Dscn9800



自称エース氏は『ウクライナ44』を翻して、Valさんと『関ヶ原』です。
それでも彼のTシャツは「大和」なんです。
島津はじめ、有力武将が次々と屍を築いていましたが、乱戦模様だったのでしょうか。


Dscn9803Dscn9804Dscn9805Dscn9806



僕はINBさんと今話題の『ウクライナ44』を2回目の対戦でした。
左の2枚の写真は1回目のゲーム終了時(第10ターン)で僕がソ連軍を担当した時、右の2枚の写真は2回目のゲーム終了時(第7ターンのドイツ軍戦闘フェイズ終了時)で僕がドイツ軍を担当した時のものです。

1回目はドニエストル河南岸に侵入したソ連軍3ユニットによって、ドイツ軍の補給線が遮断され、1PzAはほぼ全滅という結果です。
ドニエストル河北岸ではドイツ軍は西方突破に成功したかに見えましたが、補給切れで足が止まって捕捉されてしまいました。

2回目はドイツ軍がドニエストル河北岸で東方に突破して、地図盤東端のソ連軍補給源をおさえました。
これにより、ドニエストル河南岸を進撃していた全てのソ連軍ユニットはこれから補給切れになります。

『ウクライナ44』に関しては、僕なりに作戦研究していますので、内容は改めてこのブログで後日発表したいと思います。
ちなみに、一般に言われているドイツ軍の「南方への積極的な撤退~包囲半径(戦線)の縮小」には異を唱えます。
僕のドイツ軍はドニエストル河南岸を東からやってくるソ連軍ユニットに対して歩兵ユニットだけで守ります。

« 世界の日本人ジョーク集 | トップページ | 『ウクライナ44』作戦研究(ドイツ軍編) »

ミドルアース」カテゴリの記事

コメント

このたびは大変お世話になり、ありがとうございました。
梅雨時期のちはら会に続き、復帰後2度目の対人戦でした(家族対戦を除く)。またお邪魔することがありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界の日本人ジョーク集 | トップページ | 『ウクライナ44』作戦研究(ドイツ軍編) »

最近の写真

  • Mj2
  • Mj1
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_3
  • Photo_4
  • Aw5
  • Aw4
  • Aw6_3
  • Aw3_2
  • Aw2_2
  • Aw7_3