無料ブログはココログ

« 『ウクライナ44』作戦研究(ドイツ軍編) | トップページ | GB2キャンペーン(その6) »

2006年11月29日 (水)

『ウクライナ44』作戦研究(ソ連軍編)

Dscn9803_1ドイツ軍はいろいろと書くことがあったのですが、ソ連軍の戦略はこれがまた難しい…。決まっていることといえば、テルノポリの早期陥落を目指すこととドニエストル河南岸に機械化2個+歩兵3個以上のユニットを送り込むということだけです。

Dscn9804_1包囲環に目を移すと、ドイツ軍編では地図盤東側に着目していると書きましたが、ソ連軍も同様です。
ドイツ軍の装甲ユニットが早々に後退していくようでしたら、ソ連軍は北側と東側の歩兵でどんどん押すのがよいのでは、と考えています。ドイツ軍が包囲環を小さくするようであれば、それを形成するソ連軍ユニットの密度は高くなる(ユニットが余ってきて、ドイツ軍装甲ユニットの機械化移動を二線防御で足止めできる)ので戦力の集中も容易になり、移動力が少ないというデメリットも緩和されます。

もちろん、地図盤中央にセットアップされる多数のソ連軍機械化ユニットは南下して包囲環を完成させ、そこでドイツ軍装甲ユニットと消耗戦に入ります。ここでドイツ軍の戦力を大きく削ることができれば、ドイツ軍は北部や東部からユニットを引き抜いて来なければならなくなり、ひいては包囲環を縮小せざるを得なくなります。
ここで大事なことは、ソ連軍は包囲環西側の機械化ユニットで南東部に突破しようとするのではなく、ここはあくまでも「台」であって、「金槌」は北部と東部のソ連軍歩兵ユニットであることです。
ただし、ドイツ軍が僕が昨日書いた作戦-包囲環を大きく保ったまま徹底抗戦-を採ってきた場合は、対処法がよくわかっていません。

テルノポリ攻略については、前回のプレイでは2個機械化ユニットを送り、ダイスの目がよいこともあって第6ターンに陥落しましたが、今は3~4個の機械化ユニットと多数の歩兵ユニットを持っていって第3~4ターンに陥とした方がよいのでは、と思い直しています。ドイツ軍の増援が来ないうちにそのまま西進して、ドイツ軍のA、B、Cの補給源の確保を目指すか、4つの都市の確保してサドンデス勝利を狙うという作戦です。

写真は、上記の戦略で戦った前回の対戦の第10ターンのものです。

今のところ、テルノポリ早期攻略から西進というのが最も明確な戦略ですが、まだまだ研究の余地がありそうです。

« 『ウクライナ44』作戦研究(ドイツ軍編) | トップページ | GB2キャンペーン(その6) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしています。
大阪でも始まりましたか、ウクライナ。面白いですよね♪

私もかれこれ回数をこなしてきましたが、まだ分からないことが多いです。でも現時点ではこんなかんじ。

赤軍:機械化以外は攻撃を厳に控える。独軍の突破阻止を大前提にプレイ。独軍は傷つきながら突破を図るか、大迂回の二択になる。

独軍:赤軍プレイヤーが手馴れてくるとちょっと対応がむずかしいと言う印象。

感想を聞かせていただければ幸いです。

庭猟師さん、どうもです。
感想ですか…。

「機械化以外は攻撃を厳に控える」という考えは、僕もこの前の対戦以降、ソ連軍歩兵ユニットが次々に消えていったことを考えて頭に思い描いていました。
しかし、このゲームは12ターンしかありませんから、ソ連軍は各ユニット最大12回しか攻撃できません。攻撃を控えるとすると、これでドイツ軍に大きな損害を与えられるのか、という疑問も湧いてきています。

何が正しいかは、またわかりません。
とりあえず、今の考えを書いてみました。

古角様へ、

お久しぶりです。

ウクライナ44は、実はまだ2回しかプレイしていないのですが、・・・。

と、いうことで意見というよりも質問に近いのですが、・・・一応、、・・・。


このゲームのソ連軍ですが、東からも西からも、河の南に戦車軍団を送る必要は無いのではないかと考えます。
東部から南岸に向かう部隊も第1ターンには狙撃兵1~2ユニット、最終的にも狙撃兵4~5ユニットで充分では、・・・。
ドイツ軍はユニット少ないですから後退するしかないように思います。
この方面に戦車を送っても、少なくとも最初の5ターンぐらいは戦闘にならないように思いますので無駄では、・・・。

西からも南岸には狙撃兵しか送りません。

東部のソ連軍が第1ターンから2個戦車軍団を使用して攻撃すると、3戦力のドイツ歩兵連隊はあっさりと消えます。少なくとも第2ターンには3戦力歩兵3ユニットが消えているでしょう。
その後もソ連が2個戦車軍団を中心に攻撃を続けると、ドイツは部隊が足りなくてどうにもならないように思うのです。

古角様は、東部の戦車軍団が河の南に行くという前提のようですが、私はこちらの方が良いように見えるのですが、・・・。

どうなのでしょうか?

柿崎

柿崎さんですか。
ごぶさたしています。
お元気そうでなによりです。

>東部のソ連軍が第1ターンから2個戦車軍団を使用して攻撃すると、

こちらでも作戦研究が進んでいまして、これは一つの選択肢として存在しています。
小野部長はこの手を使うみたいです。
今のところ、ソ連軍がほとんどの戦力を包囲環に指向するとドイツ軍は壊滅するという結論が多数です。ただ、それでソ連軍は勝てるのか、というと勝利条件的には厳しいかもしれません。

河の南に送ったソ連軍ユニットは、ドイツ軍にうまく守られると狙撃兵部隊が順に除去され、戦車軍団が孤立して包囲壊滅、という図式ができあがっているので、

>ドニエストル河南岸に機械化2個+歩兵3個以上

という作戦は成立しにくくなっています。

コメントを書いてから約1ヶ月、僕も北部での「決戦」に意見が傾いているというのが現状です。ドイツ軍に航空補給を使わせるように攻めたいと考えています。

古角様へ、

ご返事ありがとうございます。

それで、なのですが、・・・。

>今のところ、ソ連軍がほとんどの戦力を包囲環に指向するとドイツ軍は壊滅するという結論が多数です。ただ、それでソ連軍は勝てるのか、というと勝利条件的には厳しいかもしれません。

ここのところが良く理解できません。
ドイツ軍が壊滅してもソ連軍が勝てないという状況はどのようなものなのでしょう。
ソ連軍の部隊の壊滅がドイツ軍を上回るということなのでしょうか?
ドイツ軍の機械化は1ステップ2点ですからソ連が有利だと思うのです。


また、提唱されていた、「ドイツ軍が後退しないで戦う」という戦略はソ連軍が北部に集中してきた場合は成り立たないと考えてよいでしょうか?

以上、あまりわかっていない者からの話でした。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

柿崎

>ソ連軍の部隊の壊滅がドイツ軍を上回るということなのでしょうか?

その通りです。
ドイツ軍ユニットはいくつかはうまく河の南に逃げられて、「VPでは負けてしまう」状況があります。

>また、提唱されていた、「ドイツ軍が後退しないで戦う」という戦略はソ連軍が北部に集中してきた場合は成り立たないと考えてよいでしょうか?

こちらもその通りです。
それで、僕は今、新たな作戦がないかと頭を抱えているわけです。

柿崎さん、共に研究に精を出しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ウクライナ44』作戦研究(ドイツ軍編) | トップページ | GB2キャンペーン(その6) »

最近の写真

  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Dod_cover
  • Omahabeachsetupd1
  • Arecentcampaignsoloplay
  • Gameatsnewfest20162
  • Gameatsnewfest20161
  • Bbf_cover_2
  • Photo
  • 8
  • 9