無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

GB2キャンペーン(その5)

Dscn9760Dscn9763Dscn9764Dscn9765



KMTさん宅で『グデーリアンズ・プリッツクリーク2』のプレイ報告です。
「その4」からかなり時間が経ちましたが、まだまだ続く企画です。

今日は第16ターン(1941年11月22日)から始まり、ドイツ軍の攻勢が続きます。
しかし、強力な塹壕線と限られた補給、そして鉄道ゲージ変換の遅々とした作業の前に苦戦を強いられています。
第17ターン、ドイツ軍南方はツーラを包囲し、モスクワに向かうオカ川まで進出しました。
北方は装甲部隊を投入していないためにカリーニンを歩兵部隊のみで目指しており、モスクワ前面は第二塹壕線で激しい戦闘が繰り広げられています。

2006年10月28日 (土)

『ユーロフロント2』が発売です

3407eufcoverコロンビアゲームズ社からユーロフロントシリーズを締めくくる『ユーロフロント2』が発売される模様です。
「1」では5作でシリーズを構成していましたが、「2」では『イーストフロント2』と『ウエストフロント2』、そして『ユーロフロント2』の3作にまとめられました。


『ユーロフロント2』には、ノルウェーからトルコまでの中小国を含む240個以上のブロック駒と“Complete System Rules”、そしてチャートとダイスが入っているようです。
ルールに関する大幅な変更はないようです。

3407euf2map1200「2」のシリーズは、地図盤は前二作のものを連結させて、1936年(スペイン内戦含む)から始められるようになっており、週末(a single weekend)でキャンペーンゲームがプレイできるとアナウンスされています。

個人的に来年には、このキャンペーンプレイにトライしてみようと考えています。
米国オリジンズでは、毎年必ずキャンペーンプレイされているゲームですから、評価は折り紙付きかと。
コロンビアゲームズ社のHPの紹介文の最後には、「Total playing area is 45" x 68"」とあります。
どうも、会議室を借りる必要がありそうですねぇ。

2006年10月26日 (木)

リンゴ、リンゴ

Dscn9753ピンポーン。
いつもお世話になっている仙台のO原さんから何かが届きました。
箱には、桃のマークが…。


「ジャジャーン。あっ、リンゴや。」

オチかよ…。

ひとみしりんご、というらしい。
見た目は無骨だけど、付き合うとなかなかいい味です、と書いてある。
りんごは葉で味や糖分を作るのだけど、一般に店頭で売られているものはリンゴの周りの葉を取って、日に当てて赤くしているらしい。
こちらは、葉取らずりんご。

すでに、我が家の夕食のデザートになっています。
味はもちろん、シャキシャキ感がたまりません。

どうもありがとうございました。

2006年10月24日 (火)

一つの時代の終わり

ミドルアースの定例会で皆から、「あのプログに書いてある意味ってどういうことなんですか?」と質問攻めに遭いました。
皆さん、誤解しているかもしれないので、少し説明しますね。

10/19
コマンドマガジン71号、届きました
まぁ、こういう記事が掲載されて、こういう記事にニーズがあるとすれば、ウォーゲーム業界は一つの時代が終わろうとしているんですね。
時代の波には勝てません。


「時代が終わる」という言葉だけを捉えて、業界がダメになる、という意味ではありません。
それとは逆、期待すべき新しい時代~第二幕~がやってくる、と理解して下さい。

ウォーゲームの冬の時代の雪解けは、21世紀の到来と共にやってきました。
当時の主な提供する側の主眼は、「復帰組の召還」と「新人の確保」であり、ウォーゲーム人口の増加(回復)が最重要課題でした。
これは啓蒙、教育というパワーを継続的に発揮できる定期刊行物、コマンドやGJの姿勢をみれば明らかです。

そして、コマンドマガジン日本版71号で、その時代を振り返る記事が発表されました。
つまり、一つの時代が構築され、今、我々はその分岐点に立っているのです。
21世紀の第一時代は今、確実に終わり、来年からは第二時代に移行します。

ウォーゲーム人口は今後しばらくは(再び)爆発的に増える要素があります。
今後は、国内のゲームメーカー(DTP含む)とゲームクラブの増加がみられ、それに伴う形でウォーゲーム人口が増えていくことでしょう。
そして、これから増えるのも、やはり「復帰組」です。
ゲームメーカーとゲームクラブの増加の度合いによって、これからの「ブーム」の大きさが決まります。
ですから、火の付き具合は今の段階ではわかりません。

確実に言えることは、ウォーゲーマーにとって未来は明るい、ということです。

2006年10月22日 (日)

ミドルアース定例会レポート

Dscn9728Dscn9727Dscn9730Dscn9739



この日プレイされたゲームは、『ナポレオン・アット・ザ・クロスロード』、『旅順港強襲』、『パス・オブ・グローリー』、『戦国大名』、『トワイライト・ストラグル』、『ハウス・デバイデッド』、『ハンニバル』です。
RPG部は、『AD&D+Hack Master』のみ1卓でした。
今日はウォーゲームの卓が多かったので、テーブルの配分が助かりました。

Dscn9722Dscn9735



『戦国大名』は4人でプレイ。
前回飛び入りで見学にきた笑った男さんとおっち~さんのリハビリを兼ねて、小野部長と僕が加わりました。
シナリオは16人シナリオの織田、三好、朝倉、斎藤の部分を切り取ったものを小野部長が選択。
ゲーム開始時点で、美濃には織田家の10戦力の城塞が…。
写真はゲーム開始時(左)とゲーム終了時、第6ターン(右)のものです。

勝利条件から見ると、三好家の押し切りがちでした。
しかし、今日の主役は間違いなく、笑った男さんの織田家でしょう。
ゲーム序盤は最大国力に躍り出るも、斎藤家との泥沼の美濃戦争に巻き込まれ、戦死や下克上などで大名が2回も入れ替わる展開。
……お疲れ様でした。

Dscn9721Dscn9734



『ナポレオン・アット・ザ・クロスロード』はu江田さんとKMTさんの対戦です。
とりあえず、会場を使用しているということで、スペースを贅沢に使ってみました。
壮観です。

Dscn9724『トワイライト・ストラグル』は東京支部から来た志乃さんと田村@XoDの対戦です。
志乃さんのアメリカがサドンデス勝ちでした。
東京支部は大阪より研究が進んでいますねー。




次回の定例会は11月12日です。
今日も新しい見学者が1名来られましたよ。

2006年10月19日 (木)

コマンドマガジン71号、届きました

(株)国際通信社様より送っていただきました。
いつも、ありがとうございます。

早速、パラパラと流し読みしてみました。
付録ゲームの『フィールド・マーシャル』は少しやってみようかな、と思っています。
あと、前号の『ウクライナ44』も。

誌面は今回も少し違った切り口ですね。
シミュレーションゲーム読本2006っていう小冊子もついているし。

アトランタに住んでいるPumさんに送ってあげようかな~、と考えています。
興味あります?→Pumさん

まぁ、こういう記事が掲載されて、こういう記事にニーズがあるとすれば、ウォーゲーム業界は一つの時代が終わろうとしているんですね。
時代の波には勝てません。

2006年10月16日 (月)

中村皇帝兵科、再び現る

9月25日の予告通り、皇帝兵科は現れました。
大きなリュックは大きく膨れあがっています。

クラッシュ・オブ・アームズ社『The Russo-Japanese War Dawn of the Rising Sun』。
これはイチローさんへ。

ヒストロゲーム社『フリードリヒ』。
これはu江田さんが戦略予備のへそくりを投入してGET!
前から欲しかったそうです。

海外の雑誌2冊は、とみたさんへ。

あと残ったのはコマンドマガジン日本版のバックナンバー数冊とGMT社『Devil's Horsemen』。
これは僕が引き取りました。

彼は用件が済むと何も言わずに帰って行ってしまいましたが、来週の定例会にも来るんでしょうか?

2006年10月15日 (日)

ミドルアース定例会レポート

Dscn9712_1Dscn9713Dscn9717



この日プレイされたゲームは、『ナポレオン・アット・ザ・クロスロード』、『フラットトップ』、『パス・オブ・グローリー』、『ロンメルアフリカ軍団』です。
RPG部は、『AD&D+Hack Master』のみ1卓でした。
RPG部の人数が少なかったので、静かでしたね。

上の写真は、僕とu江田さんが対戦した『ナポレオン・アット・ザ・クロスロード』です。
練習用に10月13日から4ターンのみのシナリオを前回に引き続きプレイしました。
来週は、愛知県から来るKMTさんとu江田さんがこのゲームを対戦する予定です。

Dscn9718Dscn9720



自称エース氏とINBさんの『フラットトップ』です。
「第二次ソロモン海戦」のシナリオです。
少し離れたところから、「ウワー!」とか「神風や~」とか、いろいろ聞こえてきました。
暴風雨のおかげで、エライことになったそうです…。

Dscn9710Dscn9711



やまさんと鉄人デグさんは『パス・オブ・グローリー』の対戦です。
写真は第3ターンのものです。
現在16ターンですが、バルカン半島の戦いが熱いようです。
サロニカ上陸していて、オリエント・フランス軍が登場していて、ルーマニアとギリシャが参戦しています。

Dscn9719『The Skirmisher』の付録になったゲームだそうです。
僕にはよくわからないので、写真だけアップしておきます。



次回の定例会は来週の22日、愛知県からKMTさん、東京支部から志乃さんが参加してくれるそうです。
今日は見学者2名が夕刻から来られまして、『ロンメルアフリカ軍団』を終えて、今は座談会ムードになっています。
これから来てくれるかなー。

2006年10月12日 (木)

北海道日本ハムファイターズ、優勝!

たった今、優勝しましたねー。
あいにく日ハムファンではありませんが、25年ぶりのリーグ優勝です。
おめでとうございます。
今日は良い試合を見せて頂ました。

しかし、僕の目を奪ったのは、ソフトバンクの斉藤和巳のピッチングでした。
ペナントレースでは200イニング投げて、防御率は1.75で18勝。
先日の西武戦での松坂との投げ合いもずっと見ていましたが、もうスゴイ!の一言に尽きました。

それでも、ここぞと言う時に勝てない。
うーん、野球(世の中)はやっぱり難しい…。

2006年10月 9日 (月)

有楽斎殿、参上!

日曜日の朝、<麿>さんから電話がかかってきました。
有楽斎殿が<麿>宅に泊まっているとのこと。

有楽斎殿は今日、自称エース氏と『関ヶ原』を対戦するらしいということで、僕は夕刻、山崎雅弘氏の結婚披露会を終えて、京都北山から和泉市まで高速道路をひた走り、合流しました。

対戦の模様は、ウォーゲームの部屋の1519~1520のコメントを読んでくださいませ。

自称エースさん、お母様によろしくお伝え下さい。

2006年10月 3日 (火)

西の魔女が死んだ

最近、中二の娘から本を借りました。

『西の魔女が死んだ』(梨木香歩著)

どうやら、娘はオグ・マンディーノと梨木香歩がお気に入りのようです。

2006年10月 1日 (日)

東京タワー

我が家のリビングのテーブルになにげに置かれていました。

『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』

ああ、リリー・フランキーさんの本ですね。
噂には聞いていましたけれど…。

というわけで、読んでみました。
五木寛之著『青春の門』の現代版、っていう印象です(多少の語弊あり)。
飾らないリリーさんの人柄がにじみ出ていますね。
後半の展開のスピードアップが読み手のリズムを調子よくするポイントでしょうか。

たしかに良い本ですね。
僕的には大満足でした。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

最近の写真

  • It
  • Photo_2
  • Ps2_3
  • Ps2_2
  • Ps2_1
  • N6
  • N5
  • N4
  • N2
  • N1
  • Saipan
  • Cg_saipan_front