無料ブログはココログ

« はねのばし | トップページ | ゆうやけこやけ »

2006年5月18日 (木)

『ナポレオン戦争全史』

Napo『4ロストバトルズ』のことで、いろいろと調べていたら原書房の新刊を発見しました。
試しに買って、今週から読み始めています。

『4ロストバトルズ』の作業で、また手首が痛くなっているので、骨休めということで。

« はねのばし | トップページ | ゆうやけこやけ »

その他」カテゴリの記事

コメント

 あ、その著者は、いつぞや私のブログで、包囲の意味を調べていた時に引用した本の先生ですね。軍事のプロが書いたナポレオンの本。とても興味があります。
 是非、感想を書き込んでくださいね。面白そうだったら私も買います。(他力本願 (^^; )

著者の松村つとむ先生は、防衛大学卒業後、陸自の幕僚を歴任し、現在はデュピュイ戦略研究所東アジア代表と書いています。

時間軸がぶれておらず、図も豊富に掲載されていて、入門書としては最適だと思います。
意見や解釈を省いて、事実だけをひたすら書いています。
ただ、1ページ当たりの文字数が少なく、割高な感じは否めません。
とはいえ、最近の書籍の高騰ぶりから考えると、これくらいと言えるかもしれません。

誰か、他に読んだ(読んでいる)人、います?

私も「ナポレオン戦争全史」買いました。
豊富な戦闘地図を用いてナポレオン戦争を解説する、
という狙いはいいとは思います。同じような趣向では講談社の
「南北戦争―49の作戦図で読む詳細戦記」があります。
これに比べると、本書は文章のわりには戦闘地図が
あっさりしていて、少し食い足りませんでした。
でも「ナポレオン戦争」(信山社)など本格的な
書物への橋渡しとしてはこんなものかもしれません。

u江田さん、こんにちは。ごぶさたしています。
佐藤でございます。
「ナポレオン戦争」。あれは良い本でしたね。
私は経費節約のためにオークションで落としましたが
確か全部は買っていなかったように記憶しています。4冊か5冊しかなかったような...。
何せブツは日本に置いてきたので...。
結局、あれって何冊セットなんでしたっけ?
今、信山社のHPに見にいったのですが検索してもでてこないのですよ。
やはり、とうの昔に絶版なんでしょうねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はねのばし | トップページ | ゆうやけこやけ »

最近の写真

  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2_2
  • M1_3