無料ブログはココログ

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月25日 (金)

『PoG』のルール覚え書き

小野じゃ。

わしのコメントは依然として作製中であるが、ここでパスグロのルールがなかなか覚えられない人の一助となれば、と思い自分のためにつくった覚書を公開しよう。
ルールブックの中であちこちに散らばっているルールを寄せ集めたものである。

諸国のルール
オーストラリア軍:オペレーションと戦略再配備はイギリス。近東マップの港湾に運んでよい。
補充は連合。攻撃時、優先損害ユニットである。
カナダ軍:オペレーションと戦略再配備はイギリス。近東マップの港湾に運んではならない。
補充は連合。攻撃時、優先損害ユニットである。
ポルトガル軍:使ったことがない。
ベルギー軍:アントワープ・オステンド・カレー・アミアンではイギリス軍と同国籍であるがごとく活性化できる。
補充は連合。首都を失っていても補充を使用でき、アントワープ以外にも、ブリュッセル・オステンドで軍を再建できる。それらが全て敵の支配下ならば、カレーにも再建できる。
一般に首都を失うと予備ボックスからの戦略再配備と補充の使用が不能になるが、ベルギー軍は、首都を失うペナルティーを受けない。
ちなみに「海への競争」に関する土地は、オステンド・カレー・アミアンである。
セルビア軍:補給源はロシア・ベオグラード・サロニカ(もちろん中立の間は不可)である。また、セルビア国内では常に補給下。
補充は連合を使用。戦略再配備と補充について、首都を失っていることに関する制限を受けない。ただし、軍ユニットが再建可能なスペースはサロニカか、ニスを敵に支配されていない場合に限り、ベオグラードである。
アラブ北方軍:オペレーションはイギリス。
補充は連合。ただし、予備ボックスではなくて、アラビアに復帰する。予備ボックスに行くことがないので、戦略再配備については、このユニットの国籍が問題になることはない。
逆に、予備ボックスから陸上戦略再配備されるイギリス軍ユニットについては、アラブ北方軍を同一国籍とみなさない。こんなルールが一応書かれている。ロンドンからアラビアまで陸路がつながっていれば、ゲームはすでに終わっている、と思う。
常に補給下である。
また、このユニットは通過するスペースを支配できない。
アメリカ軍:オペレーションは、フランスとドイツ国内で、フランス軍とスタックしているとき、同国籍とみなす。けっして同一国籍ではないので、スタックしているスペースがなければ、協同攻撃はできない。
軍団の予備ボックスからの戦略再配備は、アメリカ軍の存在するフランスの港湾へ。
補充は、補充がプレイされるごとに1ポイント。軍の再建はフランスの港湾で。

近東マップとの往来
ロシア軍:ターン毎に1個の軍団ユニットを移動させることができ、また、1個の軍団ユニットを戦略再配備できる。
イギリス軍:ターン毎に1個の軍団ユニットを戦略再配備できる。イギリスだけは予備ボックスを港湾とみなすことができるので、予備ボックスから直接、近東の港湾へ海上戦略再配備してよい。
移動については、制限はない。
フランス軍:近東マップへ海上戦略再配備できない。海路で行けるのはバルカン半島まで。
中欧諸国:ターン毎に1個の軍団を戦略再配備できる。中欧諸国全体で1個。移動については制限なし。
軍ユニット:イギリス近東軍・地中海派遣軍・フランス東洋軍・ロシアコーカサス軍・トルコ電光軍・イスラム軍だけが、近東マップに進入・存在できる。
これらは全て、補充を受け取ることができない。
また、これらのうちイギリス地中海派遣軍とロシアコーカサス軍だけが優先損害ユニットである。

どう?わかりやすい?
ただし、ポルトガル軍とかサヌーシ族とかは、はしょってある(はしょる=省略する:これって共通語?)。必要な方は…いないと思うけど…、自分で追加してね。

ところで、ロシア軍の戦略再配備はロシア国内に限る、っていうルールも忘れやすいと思わないか?火力増強のために軍団をオーストリアまで運んではいけない。
しかし、ユニットを置くとスペースの色、わからなくなるし、そもそもカルパチア山脈からこちらは、すっかり自国領のつもりだ。
でも、オーストリアを攻めることに頭がいっぱいで、いや、であるからこそ、なおさら、オーストリア領内の軍の上に積んでしまうんだよな。

2005年3月23日 (水)

ミドルアース定例会レポート

me3211me3213me3212




3月21日の祝日はミドルアースの定例会でした。
プレイされたゲームは『パス・オブ・グローリー』が2卓、『バルバロッサ・トゥ・ベルリン』、『パウルス第6軍』のテストプレイ、あとRPG部の新人さんが一人あぶれていたので、『バトルライン』や『10デイズ・イン・アフリカ』を楽しんでもらいました。

僕はFRTさんのかねてからの約束通り『バスグロ』を。
最初のプレイではサドンデス負けしてしまいました。<完敗
けれど、すぐに二回戦に突入。
最初のプレイで、だいたいの感覚とポイントはつかめたので、次はいろいろと考えながらやっています。<現在進行形
2回目の第7ターン終了で、一時デジカメに各戦線を収めました。
どちらも早期に「TOTAL WAR」に突入していまして、連合軍はイタリアで大苦戦中。
しかし、中東とロシア南部からのトルコへ向けての攻勢に望みをかけます。

『パウルス第6軍』のテストプレイのより詳しい模様は、「山崎雅弘パーソナル・ウェブサイト」で公開されています。

2005年3月21日 (月)

R.CON WEST 終わる

rc5rc6rc7




終わりました、R.CON WEST。
非常にスマートなイベントで、好印象でした。
参加者の皆さんは各自優先券を1枚持っていまして、それを使えば参加したいイベントに(抽選することなく)優先的に参加できるシステムでした。非常によいアイディアですね。もちろん、残りの枠は抽選で入れるので、参加者の皆さんはいろいろと意欲的に参加していたようです。
閉会式は、いつもの友野詳先生の漫才(?)のような話で大盛りあがり。
皆さん、これは聞かないといけないよー。
そして、最後はいつもの鈴木銀一郎先生の掛け声で締めくくり。
次は夏のJGC2005ですね。

2005年3月19日 (土)

R.CON WEST 初日速報

rc1rc2rc3rc4




今、R.CON WESTの物販ブースでパチパチと。
右の隣に売り子の阿月ちゃん、左の隣にいちねんせいがいます。
とりあえず、百聞は一見にしかず、と言うことで、写真をアップしました。

阿月ちゃん、笠井商店でシベンリアン・ブルークォーツのペンダントを買って、超ご機嫌です(写真一番右)。

とりあえず、また明日。
今夜は寝れるのだろうか…。

2005年3月18日 (金)

連休はゲーム漬け

さてさて、明日から一泊二日、大阪南港でR.CON WESTです。
まぁ、ウォーゲーマーには縁遠い“ロールプレイングゲームのイベント”ですが、会場図見ると物販ブースのウチの隣は(株)国際通信社。
M永君に電話をかけると、いちねんせいが売り子になると言う。
あの子、おとなしいし、影うすいしー、大丈夫かなー(勝手なこと言ってゴメンナサイ)。
明日はよろしく。

21日はミドルアースの定例会。
今日、山崎雅弘氏と昼飯食べている時に聞いたんですけど、この日はシックス・アングルズ第10号付録の『パウルス第6軍』のテストプレイをするとか。石田治部さんと小野さんと3人ということらしい。
参加の可否と対戦希望などは掲示板で話し合いましょう。

2005年3月17日 (木)

History of the World

ah_prod_hotw_picMain_enDSCN1008DSCN1009



10年ぶりぐらいでやったHistory of the World の話をしよう。

「小野さん、ヒストリーのメンバー、足りないんですけど」
(げっ、ヒストリー?!何かもっと面白いゲーム、ないんかい?)
ヨシオセンセイに呼ばれたのは、いつだったか、そうそう、パスグロをプレイする2日前だから2月20日のことである。
仕事が終わって、ハルカちゃんちに着いた時、もう夜の9時を回っていた。
「お~?ヒストリー、こんなになったん?」
それが、新しい…いや、新しくないのかもしれないが…。なんと言っても、もうアバロンヒルなくなって久しいし…。わしの見たことないヒストリーを見た最初であった。そして、久しいといえば、あの“小さな小男”山中さんとのプレイである。麻雀ばっかりやってて、例会にも来ないと思とったら、こんなとこに、おったんかい。
そうそう、ヒストリーである。なんと、ユニットがフィギュアになってるじゃないか。もう、ファミゲー路線、走ってるんだねぇ、このゲーム。
「けど、これでエポックの区別できるんかいな?」
「ちゃんと写真付きで一覧があります。…あと、ルールもちょっと変わってます。」

ルールの最も大きな変化は、各エポックの1位が無作為に3~6点のボーナスを受け取ることである。これで、ローマ人をプレイした人がより戦えるようになっている。かつては、ローマをプレイした後は、クメール、マヤ・アステカのお決まりコースで没落にまかせるだけだったのだが…。いや、それは変わらないが、ただ、ゲームの勝敗の楽しみは最後まである、ということだ。

さて、わしは第1エポックはアーリア人、第2エポックはアッシリア人をプレイ。
第3エポック。ヨシオセンセイが悩んでいる。その末に、わしにカードを渡した。ササン朝ペルシャ。
(げげっ。また中東。こいつ、わざわざ呼んどいて、わしには絶対、勝たさへんつもりやな…)
第4エポック。最下位のわしがまず、カードを引く。
(うわっ。サラセン帝国!!また、中東?!うう、誰かにやりたいけど、18国力のカードを他人に渡すことは、でけへん…。)
自分の番が回ってきた時でも、まだ、中東にはササン朝が君臨していた。
(できるだけ、自分の勢力、つぶさんように…。ん~、アフリカ、行くしかないのぉ。よっしゃ~、リーダーカード使うて、目標、ロンドンじゃぁ~!)
しかし、アフリカでヨシオセンセイが立ちふさがる。
「なんで、6ばっかり出すんだよ!」次々とトレーに消えていくアラブ兵。イベリア半島に上陸した時には、すでにロンドンは遠すぎた。しかし、なんとかヨーロッパ北部に「存在」を…。パリを目前に最後の1戦力がヨーロッパ南部から攻撃をかける。そして…
「よっしゃ~。パリでコーランが唱えられてるぞ。イスラム、バンザ~イ」
そんな、喜びも束の間。得点を計算すると60点で、やっぱり最下位。
(あれ?サラセン帝国プレイしたのに、最下位?!わしって、もしかして…下手?)
第5エポック。また、最初にカードを引く。ドド~ン、モ、モンゴル帝国!!
おまけに、このエポック、プレイされなかったのはフランク王国。というわけで、このエポック最後を飾るモンゴルの番になっても、なんと未だに、サラセン帝国がフランスを占拠しているではないか!?ヨーロッパ北部に「存在」があるので、西方には目もくれず、モンゴルはインドを目指す。中国・東南アジアを打通し、インドに足跡を残すことができたのは、今回もやっとのことで最後の1戦力だった。
しかし、この第5エポックの得点は凄いぞ。サラセン帝国と元の勢力をそっくり合計できる。盤の向こう側にあったわしの得点記録マーカーが、盤を半周して目の前まで爆走してきた。一気に4人抜き。盤上の得点では、ローマ人までもう一桁の点差しかない。
それでも、まだローマ人は首位を堅持。3枚目の得点チットを獲得。しかしながら、これのおかげで、第6エポックにマヤ・アステカ帝国が割り当てられる。では、わしは何だ?あとは、極端に弱い国はないので、順番が後ろでストレングスの小さいポルトガルか、ムガール帝国か?誰もカードを回してこない。
自分で引いたそのカードは、なんと…明!!激ヅモ!!!というか、わしに何を回せばよいのか、判断できなかったんだろうな。
なにはともあれ、ダブルムーブじゃ。モンゴルに続けて明をプレイ。ついでに藤原氏もプレイ。目の前にあったわしの得点マーカーはまたすごい勢いで盤の向こうのほうに吹っ飛んでいった。他の誰もプレイしない間に、合計130点ほど動いた。わはははは。さすがに笑いが止まらん。
もう、プレイはすっかり満足。第7エポックで自分に割り当てられたUSAをプレイするときには、盤上の自分の色はチグリス川の下流にアッシリア人が1つ、あるだけだった。
ただ、USAと言っても古いやつと違って、大洋の航海能力が備えられ、太平洋を越えて中国大陸とかへ攻撃できるようになっていた。これは、ドイツもそうである。どの海かははっきり記憶していないが。

と、まあ、そんな具合で、わしはヒストリーでの初勝利を手にすることができた。
プレイして思ったことは、プレイヤーにゲームに通じていない人が含まれている場合、エポックの最初にカードを配る前に、簡単でも、どんな国が登場するとか、盤上の勢力がどうなってるとか、検討する時間を設けるのがよいのでは、ということだ。プレイ時間は長くなるが、ゲームの興味を持続し、深めるための効果はあると思う。
あと、マスターをしようと思う人は、ソロプレイは当然ながら、その際に得点を記録することを勧める。どれほどのストレングスの国がどれくらい得点できるのか、把握できるだろう。得点記録用シートがあれば便利だが、わしも古い版のしか持ってない。まあ、多少、修正すればよいだけだと思うが…。

プレイが終わると既に午前5時。
「さあ、小野さん。次は『カタン』しましょか?」
「アホいえ!わしゃ、今日も仕事やっちゅうねん!それに、ファミゲーばっかり、やらすなっちゅうねん!」
おかげで、土曜日の夜は爆睡してしまった。日曜日の例会に遅れて行ったのは、そういう理由だからである。

2005年3月16日 (水)

お友達のブログ

サンセットゲームズのサイコロ部長の異名をとる早木ハルカちゃんの「遥とアナログゲーマーズ!」のブログと、ミドルアース東京支部メンバーの西新宿鮫さんの「ふかひれすーぷ」のブログを、お友達のブログに追加しました。
どちらも(今のところ)何かとウォーゲームの話題が中心です。
ハルカちゃんは最近ウォーゲームを始めたばかりで、友達やら小野さんなんかに教えてもらっているみたいです。
西新宿鮫さんのブログは本格的なウォーゲームの作戦研究が中心です。『プランサンセットvol.2』でも寄稿してもらっていますし、『パスグロ』の作戦研究はスゴイですよ。

2005年3月13日 (日)

R.CON WEST、近づく

metalstonebonemany



そろそろ、R.CON WESTが近づいて参りました。
今年もサンセットゲームズは、珍しいダイスを販売致します。
先日、新しいダイスが入荷致しましたので、少しご紹介しましょう。

まずは左から。
手前のD20は直径35mmで、非常に重いと評判のメタルダイスです。
一番左の光っているPOLISH SILVERは初めての入荷です。
イベント特価で2,000円、D4-20のメタルダイス7個セットは各色 3,000円です。

2~3枚目は、鉱石ダイスです。
2枚目の左下は、純銀ダイスセット(15,000円)、3枚目の左は14金メッキダイスセット(20,000円)です。
どちらのダイスも1の面に打刻されていますので、偽物ではありませんよ。
2枚目の水色に光っているのは、新製品のSynthetic Opal(8,000円)。
とてもキレイです。
右下のRose Quartz(5,000円)はずっと品切で、人気アイテムです。
3枚目の右はBone Dice Set(8,000円)と言いまして、何かの骨でできているとか。
こちらも初入荷です。

最後の写真は変わったダイスばかりです(いずれも150円~)。
左下は2~7のダイス、右下はD7ダイスです。
6と7が5角柱の側面に、上を向いている部分が「5」を指しています。
中央の列は2、3、3、4、4、5のダイスです。
左上の2個の黒いダイスは同じように見えるのですが、重さが全然違います。
持って初めて「オッ!」と言うわけです。
何に使うの?と言われても…、わかりません、ハイ。
それにやたらと高いです(重い方は500円、軽い方は250円)。

cheatCheat Dice Setと言いまして、プラスチックケースに7個入っているのですが、D20ダイスでは1がなくて20の目が2つ付いていたり、その反対に1の目が2つ付いていて20の目がなかったりしています。Cheatとはごまかしという意味なんですよね。
こちらは特価 1,200円です。

2005年3月12日 (土)

レドモンド・A・サイモンセン逝去

simonsenSPI社の創設メンバーの一人、レドモンド・A・サイモンセン氏が3月8日に息を引き取ったとのことです。
数年前から心臓疾患を患っており、闘病生活を送っていたそうです。
2001年に我々が、『シックス・アングルズ第7号』に掲載したインタビュー記事を依頼した時点では、全く知りませんでした。
ウォーゲーム界は、またも惜しい人物を失ってしまいました。
お悔やみ申し上げます。

2005年3月11日 (金)

『ハンマー・オブ・ザ・スコット』のイベントカード

DSCN3214先日、届いた『ハンマー・オブ・ザ・スコット』のイベントカードです。
まだ2回目の取引の最中で、昨日の郵送事故と今回の欠品…。
輸入業務もなかなか大変なんですよね。
まぁ、ウチも人のこと言えないんですけど。

2005年3月10日 (木)

人気blogランキングに登録しました

ぐちーずさんの『THEN WHAT?』に久しぶりにお邪魔すると、この武芸帳のことが書かれていた。
いえいえ、どういたしまして、ぐちーずさん。
そこをずーっと下に行くと、『人気blogランキング』…、なんだろ、これ?
試しに登録してみました。

ゲーム(全般)のカテゴリで果たして武芸帳は何位に入るのでしょうか?
まぁ、10位以内は堅いかと…。
お楽しみに。

2005年3月 8日 (火)

バルベルをヤフオクへ

先程、ヤフオクにGMT社『バルバロッサ・トゥ・ベルリン』を出品しました。
いくつも持っていてもしかたがないので誰か有効利用できる方、もらって下さい。
終了日時は3月15日23時43分、オークションIDは「n14747702」です。

ゲームを自宅から株式会社ミドリ殖産に引っ越ししているので、少しずつ整理していかないと…。
時間を見つけて、順に出品したいと思っています。

2005年3月 1日 (火)

パス・オブ・グローリー』対戦記

DSCN3197DSCN3208



対戦日:2005年2月20日と2月27日の2日間(合計14時間くらい)
連合軍:小野SLG部長 中欧軍:FRT

【序盤の戦い 第1~6ターン】
両軍ともイベント重視の展開で、早期に限定戦争、全面戦争に移行しました。
中欧軍が攻勢を取らなかったため、大きな戦いはありません。
特に西部戦線では、中欧軍はセダンで停止。この後19ターンまで動きませんでした。

【中盤の戦い 第7~11ターン】
トルコ、イタリアが参戦し、戦線は拡大して、AH軍が忙しくなりました。
イタリア戦線にはドイツ4個軍を送りましたが、仏英軍+塹壕により撃退されました。
余ったイタリア軍をバルカン半島に送って来るのには参りました。AH軍は、ロシアの攻勢も受けていたため、軍が足りず防戦一方です。ブルガリア軍を足して戦線を保持しました。トルコでもブルガリア軍は活躍し、バクダッド防衛、ガザ防衛の主役でした。10VPで連合軍有利な展開です。ここで1日目が終了。

【終盤の戦い 第12~20ターン】
「Fall of the Tsar」が12ターンに実現しましたが、ロシアの攻勢は止まりません。AH軍は山に塹壕を掘って抵抗しましたが、補充が足りなくなりMunkacsを突破されました。ドイツの援軍がブダペスト寸前で止めました。
中欧軍の攻撃は、ロシア北方でリガを落とし、トルコではバクーを取りました。
「ブレスト=リトフスク条約」が19ターンに実現して、東部から軍が回ってくると中欧に形勢が傾きました。最終ターンに、中欧が「Michel」でブリュッセル、カンブレーを取りゲームが終了しました。13VPで中欧が僅差の勝利です。

【感想】
中欧軍が勝つためには、ロシアとの停戦が必要だと考えました。
もっと早く「Fall of the Tsar」をしたかったのですが、なかなかWS+VPが33にできません。しかし「ブレスト=リトフスク条約」は、予想以上に強力でした。
もし、アメリカ軍が来ても埋め合わせができないように感じます。
西部戦線で侵攻しなかったのは、VPが取れないので、よくなかったです。
イタリア戦線は、完全に止められてしまい、これも誤算でした。
最後に、小野部長のきっぱりしたプレイスタイルは清々しいと思いました。
ありがとうございました。

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

最近の写真

  • Photo_2
  • Photo
  • 2_2
  • 1_2
  • Kasserinebattleformationroutemap
  • Bbf5
  • Bbf4
  • Bbf3
  • Bbf_cover
  • Gmk1
  • 4
  • 3