無料ブログはココログ

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月21日 (月)

ミドルアース定例会レポート

DSCN3158DSCN3173DSCN3172





この日は、僕はあいにく不動産会社の仕事で市内を走り回っていまして、朝と夜だけ顔を出しました。
小野SLG部長vsFRTさんは『パス・オブ・グローリー』、デグさんは昔買ったまま押入の肥やしになっていた『ハンマー・オブ・ザ・スコット』を試しにトライしていました。
夕刻、小野さんから『パス・オブ・グローリー』の続きをするので、デジカメで写真を撮っておいてほしいと連絡があり、夜に会場に帰ってパチパチと。
来週も楽しみですね。

2005年2月15日 (火)

小野さんの『Drive to the Baltic』プレイレポート

小野じゃ。

日曜日。加藤君がやってきた。お題は『Drive to the Baltic』。
加藤君、久々のゲームであるが、来たときには、もう昼だ。

ところで、このゲーム。昔、やっていたときは、第ⅢSS装甲軍団の登場条件を曲解してプレイしていた。間違いに気付いて1回ぐらいプレイしたが、それっきりになってしまっていた。
かつては、マップ北端から3ヘクス以内でしか登場しないものだと思っていたが、実はマップ北端のヘクス列から勘定するのだった。たった1ヘクスなのだが、これが大きい。北ドヴィナ川北岸への渡河の効果が半減以下になってしまった。私は当時、リガとマップ北端の切断を主な作戦としていたので、このルール発見で作戦変更を余儀なくされてから、このゲームをプレイしなくなったというわけだ。
でも、加藤君は、その頃からヤコブシュタット付近での渡河を主たる方針としていたので、それを教わろうと思って、呼んでみた。自分で考えるの、面倒臭いし…。
しか~し、彼も長いことやってないのでそんなの覚えてないって。
結局、サイコロ振って陣営決めて、わしが赤軍。

「ん?ここなんで、5:1ぐらいしか立たへんねん。こんなリスクあったっけ?」
「このスタックも、攻撃参加させるんじゃ…?」
「ここ、いきなり渡河してよかったっけ?」
「包囲攻撃で撃たれますよ。46攻撃力。9:1ですね。」

…メチャメチャ忘れてるがな。このゲーム、昔はセットアップまで覚えてたのに。

ところが、プレイは一方的になっちゃった。わしのツキがすさまじくて。7より低い目が出ない。ドイツ軍は損害-1のチットを引けない。3ターンのうちに正面攻撃でドイツ軍の師団3個が盤上から消えていった。そして、セットアップ時の分以外に4個の師団がソ連軍に捕捉され、友軍戦線に合流不能となった。
ん~、ツキだけでこんなことになるんだねぇ…。

「ヤコブシュタットの渡河の成果が全然、なかったなぁ。」
「でも、この南のやつ、逃がせられたはずなんですけどねぇ。」
「せやなぁ。スタック防御できてないもんな。突撃砲とスタックしたら、もう撃たれへんからなぁ。」
「突撃砲、ティーガーより強力ですからね。」
「逆にわしの方も、戦車旅団を全戦線にバラ撒かなアカンかったな。スタックなんかさせとる場合、違うわ。」
「それにしても、時間かかるゲームやな。」
「実質9ターンだし・・・、第1ターンに時間かかりましたから。」
「第1ターンに時間かかってたら、アカンな。一番、時間かからん所のはずやのに・・・」

というわけで、久々のドラバルは悲惨なプレイになってしまった。
次、頑張ろ。

やっぱり、どんなプレイしとったか、メモ取っとかな。『パスグロ』も…。

2005年2月 7日 (月)

アナログゲーム・アソシエーションのメルマガ創刊

『まぐまぐ!』から発行承認されました。、
NPO法人アナログゲーム・アソシエーションのメールマガジンが創刊されます。
ここ数日に創刊準備号が発行され(もうできています)、毎月第1、3週の発行を予定しています。
新製品情報は岡山のボードウォーク様と提携致しまして、皆様にご案内させていただき、今後イベント情報にも力を入れる予定です。
どしどし読者登録して下さい。

【マガジンID】 0000148512
【マガジン名】 アナログゲームアソシエーションメールマガジン

マガジン個別ページ http://www.mag2.com/m/0000148512.htm
新作メールマガジン情報 エンタテイメント http://www.mag2.com/j/03/newmag.htm

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

最近の写真

  • It
  • Photo_2
  • Ps2_3
  • Ps2_2
  • Ps2_1
  • N6
  • N5
  • N4
  • N2
  • N1
  • Saipan
  • Cg_saipan_front