無料ブログはココログ

2019年9月22日 (日)

『フロント・トゥワード・エネミー』のプレオーダー、たくさんありがとうございます

MMP社のベトナム戦争戦術級ウォーゲーム、『フロント・トゥワード・エネミー』のプレオーダーが9月21日午前3時で初回入荷分が予約でいっぱいになってしまいました。

恐れ入りますが、これからのプレオーダー受付分は次回入荷分から発送させていただきます。

すぐにMMP社にオーダーかけましたので、次回入荷は10月初旬と思われます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

詳細・ご予約はプロジェクト100のページをご覧ください。プレオーダーの申し込みは消費増税前の9月24日正午まで、プレオーダー価格は消費税8%据置で対応とさせていただきます。たくさんのプレオーダーお待ちしています。

Fte_cover

2019年9月21日 (土)

歴史ボードゲームとウォーゲームの違い

歴史ボードゲーム研究家、古角博昭が考える、歴史ボードゲームとウォーゲームの違いとは何でしょうか。この2つ、似ているようで実はまったく違うボードゲームなんです。簡単に定義してみようと思います。

◆歴史ボードゲームはその名の通り、歴史がテーマです。戦争じゃなくても歴史であれば歴史ボードゲーム。でも、『アグリコラ』みたいに中世の農民をモチーフにしたゲームは普通のボードゲームと考えましょう。例を挙げるとすれば、『トワイライト・ストラグル』を筆頭に『戦国大名』、『シドマイヤーズ・シヴィライゼーション』、『ヒストリー・オブ・ザ・ワールド』、『パックス・ブリタニカ』、『トライアンフ&トラジェディ』でしょうか。
歴史ボードゲームは「歴史の背景を持ってはいるものの、史実の忠実性は問われない」ところが大きな特徴です。つまり、ゲームを遊んだ中でパラレルワールドが生まれても批判の対象にはならないのです。たとえば、『ヒストリー・オブ・ザ・ワールド』でローマ帝国がガリア地方やブリタニアに向かわず、中東に攻め進んでも誰も批判しません。歴史ボードゲームの歴史とは、あくまでもエッセンスや素材と考えれば良いかもしれません。

◆ウォーゲームは歴史ボードゲームの一種です。私が考えるところ、ゲーム盤がヘクス(六角形マス)で区切られている歴史ボードゲームはすべてウォーゲームです。ゲーム盤がエリアやマスで繋げられているポイント・トゥ・ポイント・システムでも、以下の条件に当てはまればウォーゲームです。
ウォーゲームは戦いをテーマにしています。戦争の一部を切り取った個々の作戦・戦闘(スターリングラード戦とかノルマンディー上陸作戦など)をテーマにしていることが多いですが、戦争全体(第二次世界大戦とかナポレオン戦争など)を再現しているものもたくさんあります。
ウォーゲームは歴史ボードゲームと異なり、「史実の忠実性」が大きく問われます。また、ゲームバランスが平等ではないこと、ゲーム開始時の両軍プレイヤーの戦力が非対称でアンバランス(一方が圧倒的に強いなど)なことが大きな特徴です。これはどちらも「雰囲気作り」を考えた上でゲームデザイナーが意図的に偏重させていることがほとんどです。なぜなら、ウォーゲームは勝敗よりもプレイングを通して雰囲気を味わったり、史実を学ぶことに重点が置かれているからです。実際、入門用として有名なウォーゲームである『ドイツ戦車軍団』に入っている3つのウォーゲームのうち、「エルアラメイン」と「ダンケルク」はどちらも連合軍がほぼ必勝ですが、それでも名作ウォーゲームと言われています。

以上が私、古角博昭が考える歴史ボドゲとウォーゲームの違いでした。これは異なる意見を否定するものではありません。議論が深まり、歴史ボードゲームに興味を持つ人が増えることを望みます。

Kwcover300_20190918162401

2019年9月20日 (金)

『フロント・トゥワード・エネミー』が入荷しました

MMP社のベトナム戦争戦術級ウォーゲーム、『フロント・トゥワード・エネミー』が入荷しました。

1ヘクス50m、1ターン5分、ユニットは1~4名のファイアチーム、重火器、指揮官、車輌、ヘリコプターのスケールでベトナム戦争の「兵士の戦い」を描きます。

詳細・ご予約はプロジェクト100のページをご覧ください。

プレオーダーの申し込みは消費増税前の9月24日正午までとさせていただきます。多数申込の場合は先着順とさせていただきますことをご了承ください(漏れた方はプレオーダー価格で次回入荷対応とさせていただきます)。

発送は9月26~27日を予定していまして、プレオーダー済みの皆さまには事前に確認のメールをお送りいたします。

Fte_cover

2019年9月19日 (木)

他人のプレイングを見る効用とは?

最近、思うことはゲームクラブの使い方。
ゲームクラブに行ったら「何かプレイしないといけない!」と使命感に燃える方は非常に楽しめている人でしょう。ゲームクラブというツールを非常にうまく活用して自分の心を大いに満たしています。
でも、ゲームクラブに行ったら「何かプレイするのはいやだなぁ」と思っている方もいます。ゲームが下手だから対戦相手が迷惑かけちゃうかも(→だからやらない)とか、見ている方が好きだからとか、そういう理由です。

ゲームクラブに行ったら、まぁ同じ時間に同じ場所にウォーゲーマーが集まれば、対戦しましょうと言うことになりがちですけれど、我々もいい大人になってきて、若い頃みたいにがむしゃらにプレイしようとする体力・気力がなくなっているのも事実です。

価値の多様化という便利な言葉もあります。人によって遊び方はいろいろ。
プレイレポートや作戦研究をライブで体験できるのが「観戦」なのです。

皆さまには、積極的にゲームクラブに行ってどしどし観戦してほしいと思います。

Img_5258

2019年9月18日 (水)

サンセットゲームズの公式通販サイト(BASE)

TRPGフェスティバルで販売していたキレイでカワイイダイスがたくさんあります!
原則、当日か翌日発送でスピード対応!
クレジットカード、コンビニ決済、Pay-easy、銀行振込による決済がご利用いただけます。

sunsetgames.theshop.jp

Photo_20190915111101

2019年9月17日 (火)

ゲムマ2019秋は土日両日、エリア出展いたします

サンセットゲームズはゲームマーケット2019秋には土日両日、エリア出展いたします。

#キレイ#カワイイ #ダイス たくさんあります!

9月に50歳になった店主の私。「こかどさん誕生50周年記念50%オフセール」が秘かにあるらしいという情報をキャッチ!

Photo_20190919154501

2019年9月16日 (月)

猿遊会が開催中!

東ではウォーゲームお猿さんがたくさん集まってる模様。

Twitterに続々とレポートが上がっています。

日本最大級のすばらしいウォーゲームイベントです。

#猿遊会 で検索!

«【9月23日】歴史ボードゲーム無料相談会

最近の写真

  • Fte_cover
  • Kwcover300_20190918162401
  • Fte_cover
  • Img_5258
  • Photo_20190915111101
  • Photo_20190919154501
  • 1_20190811150301
  • 1_2_20190918213401
  • 2_2_20190918213401
  • Kwcover300_20190918162401
  • 1017tkw
  • Photo_20190808092901