無料ブログはココログ

2018年11月11日 (日)

コンパスゲームズ・エキスポ 2018 が開催中!

今をときめく、コンパスゲームズのゲームコンベンション、コンパスゲームズ・エキスポ 2018が、コネチカット州クロムウェルのホテルで開催されています。9日(金)の朝9時から翌12日(月)の夕方15時までの開催期間中に、モンスターゲームの対戦、デザイナーによる新作ゲームの公開テストプレイ、トーナメント大会、セミナーなどなど。コンパスゲームズがFacebookでタイムリーなレポートを投稿しています!
 
コンパスゲームズのホームページに96名の出席者名簿が公開されています。氏名、住んでるところ、メールアドレスが公開されていて、このイベントでの対戦相手や同じ趣味を持つ友達を見つけるのに、とても便利だと感じました。日本国内では賛否両方の意見が出ると思いますが、ユーザーファーストの視点に立ってみると、どんどん採り入れていくべき考え方でしょう。趣味の世界は「人との出会い」がとても大切です。特に絶滅危惧種のウォーゲーマーにとって、その価値は普通の出会いよりも貴重なのです。
 
最近買った『レーベンスラウム』。早速、エキスポでもプレイされていました!
 
Img_2792

2018年11月10日 (土)

キウイゲームズ京都マルイ店が11月30日で閉店

大阪のボドゲカフェの先駆け的存在である、キウイゲームズさん。
山崎店長は『オールゲーマーズ』創刊号でも、『ババンク』を紹介していました。

11月は閉店セールで、いろいろなゲームが30%OFFみたいです。
11月26日になると、オトクなプレイスペース用ゲームの販売が始まるそうですよ!

2018年11月 9日 (金)

『パシフィック・ビクトリー2nd』のプレオーダー分を発送しました

積み木の太平洋戦争キャンペーンゲーム、『パシフィック・ビクトリー2nd』を佐川急便の宅配便にてお送りしました。
5日たっても到着しない場合は、是非ともメールにてご連絡くださいませ。
商品の状態点検は複数で行っておりますが、万一不備がございましたらお知らせ下さい。
できるだけの対応をさせて頂きます。
また、本日より通常販売を開始しました。
 
2~4時間で、太平洋戦争の真珠湾攻撃から終戦までを完全に描いた積み木のウォーゲームです。

日本語ルールは現在制作中です。11月24日から始まるゲームマーケット2018秋では、日本語ルール付でお披露目したいな~と考えています。
 
Pv2_1
 
Pv2_2

2018年11月 8日 (木)

全国不動産会議 石川県大会

私が経営しているもう一つの会社、株式会社ミドリ殖産の仕事というかお付き合いというか、金沢に来ていたのはこの大会に出席するためです。日本全国から約2,000人の不動産業者が集まる全国大会です。今日は朝から金沢駅でオレンジリボンキャンペーンのティッシュ配りや大会受付のスタッフになったりとか。
 
金沢駅には大きな広告が飾られていました。このためか、飲食店やホテルの人もタクシーの運転手もみんなこの大会があることを知ってました。こういった心配りが金沢市の発展を大きく推進しているのでしょう。
 
明日は石川県と福井県を観光した後に帰阪します。
 
Photo_4
 
2

2018年11月 7日 (水)

『オールゲーマーズ』第2号の読者プレゼントは『コンバット・インファントリー』

ゲームマーケット2018秋において発行される『オールゲーマーズ』第2号にウォーゲームの記事が掲載されます。『ドイツ戦車軍団』の「エル・アラメイン」と『コンバット・インファントリー』の話。それにあわせまして、『コンバット・インファントリー』が読者プレゼントになるんです。
 
Ci_cover_2
 
 
『オールゲーマーズ』創刊号はサンセットゲームズから通販でお買い求めになれます。ゲームマーケット2018秋で第2号が出る前にお早めにお買い求めください!
 
Photo_3

2018年11月 6日 (火)

香箱ガニの足の身のむき方

出張で金沢に来ています。
今日からカニ解禁なので、寿司屋に入って早速、香箱ガニを注文!
板前さんから食べにくいカニの足の身は、こんなふうに身を取り出すと楽チンですよ!と教えてもらいました。すりこぎ棒を回しながら押し出す。これはすごい!ぜひ家でもやってみよう!!
 
金沢では冬の名物食材をAKBと呼ぶそうです。
甘エビ、カニ、(寒)ブリ。たしかに、AKBです!
 
Photo

2018年11月 5日 (月)

ウォーゲームのティーチングにOGTが効果的かも!?

OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)は第一次世界大戦中のアメリカで、船をたくさん作らないといけないのに作業員が足りない!となった時に、現場で仕事しながら新人教育も一緒にやっちゃおう、と考えられた教育方法です。OJTの利点は、実務の中で仕事を覚えることにより「OJTの成果=仕事の成果」になることです。
 
やって見せる→説明する→やらせてみる→指導
 
というのがOJTの手順です。
 
『カタンの開拓』や『カルカソンヌ』といったボードゲームはプレイヤー全員が同じ方向の作業をするので、自動的にOJTが効きます。しかし、ウォーゲームは2人のプレイヤーが(対戦相手の勝利を妨害するという)反対方向の作業を要求されるので、新人さんは「何をしたら良いのかわからない」状況に陥りがちです。やって見せて→説明して→やらせてみることは「やって見せたことと違うこと」になってしまうのです。
 
そこで思いついたのがOGT(オン・ザ・ゲーム・トレーニング)。OGTを採り入れると、新人プレイヤーに1人ずつ指導者を割り当てて、やって見せて→説明して→やらせてみることができます。そういう考えからすると、ミニゲームのチーム戦というのはOGTがよく効きます。プレイヤーが4人いる時は2つのウォーゲームを別々に遊ぶのではなく、1つのウォーゲームを2人ずつチームを組んで対戦してみましょう。新しい楽しみ方が見つかるかもしれません。
 
Img_2815

«ウォーゲーム用語 「ツクダ疲れ」

最近の写真

  • Img_2792
  • Pv2_2
  • Pv2_1
  • 2
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Ci_cover_2
  • Photo
  • Img_2815
  • Img_2819
  • Img_2818
  • Img_2811