無料ブログはココログ

2021年2月23日 (火)

【2月23日】ミドルアース定例会レポート

この日プレイされたゲームは、『太平洋空母決戦』、『GMTアルデンヌ'44』、『EP関ヶ原』、『スターウォーズレベリオン』、『AHビクトリー・イン・ザ・パシフィック』、『ASL』✕2でした。今日も満員御礼。皆さま、ご参加ありがとうございました。コロナ対策のご協力もありがとうございました。今日はTwitterで知り合ったくろさんが初参加してくれました。

今日はひさしぶりに、ぴょんさんが参加してくれました。ASLの対戦が楽しすぎるぴょんさん。

Img_0817

Img_0825

今日は教会を巡るシナリオでした。

Img_0814_20210225091301

Img_0815_20210225091301

『太平洋空母決戦』はウォーゲームハンドブック2012の付録ゲームでルールわずか4ページで太平洋戦争を再現しています。 2号さん(左)と聯合艦隊さん(右)の対戦です。

Img_0810_20210225085301

Img_0812_20210225085301

ミッドウェー海戦で日米機動部隊が激突!アメリカ軍に空母が6隻もいてたけど両軍の損害は軽微。

Img_0811_20210225085301

2号さんが持ってきたエポック社ウォーゲームの超レアカタログ。『戦国大名』も『武田騎馬軍団』も『バトル・オブ・ブリテン』も箱絵が違ってます。とうとう発売されなかった『遠すぎた橋』とか。2号さんに言えば何でも出てくるのでドラえもんのポケットを持ってると言われてます(笑)

Img_0808_20210225085301

『GMTアルデンヌ'44』は初参加のくろさんも見学していただいて5人でワイワイやってました。BOWさんとFRTさんと鉄人デグさんがプレイしてました(写真はおの部長(左)と鉄人デグさん(右)の2人しか写ってないですけど)。この前まで数ヶ月続いていた『GMTスターリングラード'42』の研究プレイはソ連軍の急所が見つかったそうで、そこを突かれるとソ連軍がどうがんばっても守り切れないそうです。というわけで、次はアルデンヌに戻ってきました。

Img_0824_20210225085501

『EP関ヶ原』はやっちゃんさん(左)と賊軍さん(右)の対戦です。エポック版です。

Img_0820

赤色の駒が東軍、水色が西軍で山手の入口が関ヶ原。徳川家康率いる東軍はここを抜ける京に上れますが、石田三成率いる西軍が阻止しようとします。ゲームの序盤、東軍が侵入してきたところ西軍はまだ城に籠もっています。徳川家康の部隊。

Img_0818

エポック版は図表も漢字で書かれてます。

Img_0819

『スターウォーズレベリオン』はイチローさんとわむさんの対戦です。めっちゃカッコイイ!

Img_0821

Img_0822_20210225090501

『AHビクトリー・イン・ザ・パシフィック』はおの部長(左)と聯合艦隊さん(右)の対戦です。ウォーゲームって一日遊んでも終わらないと思われがちですが、ライトなゲームは2~3時間で終わるので午前午後で2ゲーム遊ぶことも可能です。

Img_0826

こちらの『ASL』はToonさん(左)とバーディ師匠(右)のベテラン勢の対戦でした。スターリングラードのシナリオみたい。こちらは大変落ち着いた雰囲気でした。

Img_0816_20210225091301

Img_0813_20210225091301

皆さま、おつかれさまでした。
次回のミドルアースのゲーム会は3月14日(日)です。

場所は大阪市立北区民センター。

※緊急事態宣言中でも三密対策を徹底してwithコロナ体制で開催する予定です。

私たちは一緒に歴史ボードゲームやウォーゲームを楽しんでもらえる方々を募集しています。うまい人よりも楽しい人募集中。最近、数名の新人さんがやってきています。興味のある方、どしどしお問い合わせください。
ウォーゲームの部屋(掲示板)で対戦希望や対戦予定のマッチングを行っていますので、どなたでもご覧下さい。

ゲームクラブ「ミドルアース」公式サイト
http://sunsetgames.cocolog-nifty.com/middleearth/

ミドルアースのメンバーの皆さま、コロナ禍ですが協力し合ってみんなが楽しいゲームライフを送れるようにがんばりましょう!

Img_0630_20210204162301

2021年2月22日 (月)

【ウォーゲーム相談】ルールブックを読んでもわからない問題

ゲームマーケットやミドルアースのゲーム会で、最近20~30代の「現役ゲーマーさん」や「これからゲーマーさん」と話をする機会がたくさんできました。彼らは「ウォーゲームを遊んでみたい!」と声を揃えるのですが、そこには一つの大きな壁が立ちはだかっていることがわかったのです!

ルールブックを読んでも理解できない問題

ゲームを買いました、ルールブックを読みました、よくわかりません。多くの若者はこれなんです。考えてみればウォーゲームのルールの書き方って、私がウォーゲームを遊び始めた1980年代からさほど進化していません。専門用語は多いし、図は少ないし、ページ数は多いし、文章そのものがわかりにくい。それが今の若者ゲーマーの声なのです。

大きな話題になった『歴史群像』付録ウォーゲーム「モスクワ攻防戦」や「ノルマンディーの戦い」が非常に多くの皆さまに遊ばれたのは、「ルールブックがわかりやすい(理解できる)」ことが大きな要因でしょう(30,000部以上売れたと聞いてます)。これは「非ウォーゲーマー」から実際に聞いた話です。

Photo_20200816103101

1_20200504113001_20200816103101

イベント等でウォーゲームを遊べる場所を提供することもとても大事なことですが、そもそもゲームを買った人が遊べる環境を作ることこそがウォーゲーム世界発展の大命題だと考えます。読んでもわからないけど教えてもらったすぐにわかるのがウォーゲーム。その点、継続的なインスト環境を提供できるゲームクラブは超重要でしょう。

サンセットゲームズは全国のウォーゲームクラブを応援しています。

※あくまで個人の感想です。

 

ウォーゲームのメカニズムに興味がある人は『独ソ電撃戦』がオススメです!

Photo_20210126133101

Img_0528

2021年2月21日 (日)

ゲームマーケット2021大阪の販売情報

サンセットゲームズのブースは【A07】です。まだブースマップが公開されてませんが先に宣伝しておきます。

ゲームマーケット2021大阪のカタログ原稿です。ボドゲはだいたい30%オフ。デザイナーの山崎雅弘先生が来て買った本やゲームにサイン入れてもらえます。特に今回はゲームや本のアウトレットは50個以上はあるんじゃないかと思います。

Gm2021_20210221100101

アウトレットはミドルアースの年末のバザー(ゲーム会レポに写真あります)で売れ残ったゲームがたくさん集まる可能性大です。松浦さんもたくさん持ってくるって言ってますし、山崎雅弘先生は自宅の書籍を放出すると聞いてます(希望者には快くサインしてくるそうです)。これに写ってるいくつかのゲーム等が持ち込まれることになってます。この他にもコマンドマガジンやS&T誌のバックナンバーとか。今回の超目玉になること間違いなしです!こちらの動画ごらんください!

Photo_20210221100301

サンセットゲームズのブースはたぶんこんな感じになると思います。オモテはサイコロ、ウラはゲーム。オレンジのテーブルが目印です。

1_20210221100801

オモテのサイコロ。567種類あります。

2_20210221101001

コロナ前はいつもすごい人でこんなことになってました。

Gm1_20210221101401

Gm3_20210221101401

ウラのゲーム。『戦国大名』はエポック版持ってる人が買っていく謎現象あります。安くしてるのは入場料分還元です。

3_20210221101001

会場広いので、この夕陽のロゴを探してください。

4_20210221101001

皆さまのご来場、よろしくお願い申し上げます。

2021年2月20日 (土)

【ウォーゲーム講座】ゲームを遊ぶ時のおもてなしのココロ

昨日、ゲームクラブのエエ話したんで今日はプレイヤーの目線からお話しします。ゲームクラブに入るとゲームライフがとても充実するのですが、メンバー10人いるからといって全員と対戦する必要なんてありません。みんな技量も違うし、好みも違うし、プレイスタイルも異なるので、自分に合った人とだけ仲良くしておけば良いのです。雰囲気オッケーのプレイヤーが勝利至上主義ガチプレイヤーと対戦してもおもしろくないでしょうから。

歴史ボードゲームを楽しく遊ぶためには、たくさん大事なことがあります。

さあ遊ぼうよってなった時に必要なのは、やっぱり対戦相手。良い対戦相手との出会いはその人の運命を変えます。じゃあ、良い対戦相手ってどんな人?それは、おもてなしのココロがある人、と私は考えています。対戦相手に楽しんでもらおう、と思うココロがある人。

対戦する前にルールブックを読んでソロプレイしてくる人がいます。その人は高いレベルの対戦を相手に提供できます。ここで言う「高いレベルの対戦」というのは、歴史ボードゲームの魅力を十分に引き出す対戦のことです。正しくルールを理解し、そのメカニズムをうまく運用できた対戦は大いに楽しめることでしょう。

困っている対戦相手に声をかけ、相手が聞きにくいことを聞き出してアドバイスしてくれる人がいます。反対に、アドバイスを押し売りしない人もいます(自分の考えだけで対戦したいと言う人もいるはずです)。会話しやすい環境を作ってくれたり、長考してもじっと待ってくれる人は楽しい対戦を相手に提供できるはずです。

勝敗に関係なく楽しい会話ができる人はすばらしいと思います!対戦相手が勝負どころのダイスロールで良い目が出たり、ゲームに勝つと対戦相手は喜ぶはずです。そういう時は「お見事です!」と対戦相手を大いにほめたたえましょう!

おいしい料理を出しても接客態度の悪いレストランは流行りませんよね。歴史ボードゲームもよく似たもんだと思うんです。過剰に勝ち負けにこだわりすぎて、対戦相手にイヤな思いをさせないように心がけましょう。

対戦相手に対して「遊んでくれてありがとう」と思うココロがあれば、歴史ボードゲームのユーザーはもっと多くなって、もっと豊かになるかもしれません。そして、これからそうなることを願います。きっとそうなると信じています。

「◯◯さんと一緒に遊ぶと楽しい!◯◯さんと一緒にゲームがしたい!」と思われる人になりましょう。

 

歴史ボードゲームの多くは領地拡大や敵の撃破がメインテーマ(勝利条件)になっていることが多いので、相手を攻めないと勝てないのです。攻められた側は機嫌を損ねることも…。それでも楽しむためにはプレイヤー全員の協力が必要です。

『戦国大名』で桶狭間の戦いの時に織田信長が出した「奇襲」の吉凶札(イベントカード)。

1_20200602095201

Daimyo_map1800_20200602095201

今川義元は実はめっちゃ有能な大名説あります。威信5内政4は織田信長と同じで領国の安定間違いなし。桶狭間の戦いはホントに残念無念でした。

Photo_20200602095201

ゲームクラブ「ミドルアース」では、いつも楽しく遊んでます。こんなふうに遊んでもらえると『戦国大名』を作った人は大変喜びます。

Img_0716

2021年2月19日 (金)

【ウォーゲーム講座】ゲームクラブに行って他人のプレイングを見るメリット

最近、思うことはゲームクラブの使い方。
ゲームクラブに行ったら「何かプレイしないといけない!」と使命感に燃える方は非常に楽しめている人でしょう。ゲームクラブというツールを非常にうまく活用して自分の心を大いに満たしています。
でも、ゲームクラブに行ったら「何かプレイするのはいやだなぁ」と思っている方もいます。ゲームが下手だから対戦相手が迷惑かけちゃうかも(→だからやらない)とか、見ている方が好きだからとか、そういう理由です。

ゲームクラブに行ったら、まぁ同じ時間に同じ場所にウォーゲーマーが集まれば、対戦しましょうと言うことになりがちですけれど、我々もいい大人になってきて、若い頃みたいにがむしゃらにプレイしようとする体力・気力がなくなっているのも事実です。

価値の多様化という便利な言葉もあります。人によって遊び方はいろいろ。
ルールを教えてもらったり、プレイレポートや作戦研究をライブで体験できるのが「観戦」なのです。

「ゲーム買ったけどルールがよくわからない」

そんな人こそ、積極的にゲームクラブに行ってほしいと思います。

ミドルアースでやってる実際のインスト風景です。『ASL』を覚え立ての頃のぴょんさん(左)を教えるToon先生(右)。『ASL』は教えてもらった方が断然理解が早いです。一人だとルールを勘違いしていてもずっと気づきません。

Img_e9681_1600_20210220094301

作戦級ウォーゲーム初めての吉水さん(右)にみんなで対戦しながらレクチャー中の風景。おの部長(右から2人目)が手取り足取り教えてくれます。

Img_0623_20210220094301

2021年2月18日 (木)

ゲームマーケット2021大阪開催が正式決定しました!

ゲームマーケット大阪は予定通り開催するそうで大変喜んでおります。今一瞬たりとも西日本のボドゲの火を消すわけいかない。ゲムマ大阪が史上最高のステキなイベントになることを願ってます。応援してくださった皆さま本当にありがとうございます。

ついにゲームマーケット2021大阪の開催が正式決定されました。
ゲームマーケット公式サイトに告知があります。

「ゲームマーケット2021大阪」開催に関しまして

 

2021年2月17日 (水)

歴史ボードゲーム無料相談会で『GJ大日本帝国の盛衰』のインストしました

先日のミドルアースのゲーム会に「ウォーゲームのルール読んだけどわからない」というワカさんが来られました。

お題は『GJ大日本帝国の盛衰』。太平洋戦争のキャンペーンゲームです。太平洋戦争のゲームは陸海空三軍連携必須なので、だいたいややこしいルールの書き方になります。陸軍部隊用ルール、航空部隊用ルール、艦隊用ルールがタテに並び、それらが全部横に繋がって相互に影響を及ぼすのでしかたないところです。

私も遊んだことのないゲームだったので、ご依頼いただいてからルールブック読みました。いや、これはなかなかハードル高いなぁと。せっかく遊んだので備忘録をまとめてみようと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このゲームは海輸ポイントのマネージメントゲームです。おおまかに言うと、海輸ポイントを使って陸軍と航空ユニットを動かし、一部を燃料ポイントに変換して艦ユニットを動かします。陸空の移動は海輸ポイント、艦ユニットの移動だけ燃料ポイントを使います。燃料ポイントは艦ユニット専用と覚えておきましょう。

再配備と作戦移動の役割を明確にします。このゲームのユニットの移動は、第一再配備フェイズ→作戦移動フェイズ→第二再配備フェイズという流れ。再配備は言わば、自軍支配港間の戦略移動、部隊集結用の移動です。作戦移動は敵を攻める時の移動。毎ターンの流れは、第一再配備で攻める用ユニットを集める→作戦移動で敵ユニットを攻撃・撃破→第二再配備に後詰め(攻め入った港の支配判定は直前の帰港フェイズで自軍支配下になります)となります。

自力移動(9.3)はほぼ陸軍ユニット専用ルールです。ビルマ方面にいる陸軍ユニットがインド攻めに行く時に使いましょう。

日本軍はトラック島が攻撃の起点です。無限に艦ユニットを収容できるので大艦隊の出撃が可能です。周囲の島に航空ZOCを張り巡らせておくことがとても大事です。敵ユニットの移動を妨害しながら味方の行動範囲を広めます。そのためには周囲の島をできるだけ多く占領しなければなりません。航空ZOCは陸戦ウォーゲームの戦線に置き換えればわかりやすいかも。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、簡単にまとめてみました。ワカさんは海輸ポイント、燃料ポイント、船舶ポイントの違いに混乱されてました。多くの皆さまもハードルになってるのはおそらくそこだと思います。

歴史ボードゲーム無料相談会はミドルアースのゲーム会でだいたい開催してますので、ウォーゲームや歴史ボードゲームのルールがわからなくて困ってるという方はいつでもご相談ください。お待ちしてます。

Img_0718

Img_0630_20210204162301

«【ボードゲームデザイナー必読!】サンセットゲームズ的ゲームバランス論

最近の写真

  • Img_0630_20210204162301
  • Img_0812_20210225085301
  • Img_0808_20210225085301
  • Img_0810_20210225085301
  • Img_0811_20210225085301
  • Img_0824_20210225085501
  • Img_0820
  • Img_0818
  • Img_0819
  • Img_0822_20210225090501
  • Img_0821
  • Img_0826