« June 2007 | Main | August 2007 »

July 24, 2007

校正、終わりました

テキストの校正が終わりました。
ページ数はまだ確定ではありませんが、80ページのラインかと…。
定価は3,000円くらいかなぁ。

生徒(PC)の「やる気」をエネルギーとして、いろいろな「才能」や「技能」を駆使し、困った人を助けます。

担当に聞きますと、挿絵が遅れているそうなので、おそらくJGC2007での発売になると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2007

ミドルアースの新兵器

Dscn1015_1Dscn1017_1Dscn1018_1



RPG部の『AD&D+Hack Master』では、ゲームズワークショップから新兵器を導入。
着色はDMの僑忠くんが自分で行いました。
彼、この分野ではプロです(本当!)。

僑忠くんのブログはこちら→僑忠的魔域

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2007

姫之川学園校歌

作詞 姫之川 誠志朗
作曲 滝本 廉

一、新緑薫 北摂の 山懐に抱かれし
   格物窮理の 我等が学舎
   芽吹く命の 喜びを 前へと進む 糧として
   目指す未来に 理想を描く
   嗚呼 姫之川学園 若人集う 我等の母校

二、初夏の日差しを 照り返す 淀の流れを南に望み
   深造自得の 我等が学舎
   烈日豪雨の 苦難とて 己を鍛える 糧として
   過ぎし千古の 昔を想う
   嗚呼 姫之川学園 若人集う 我等の母校

三、紅染まる 北摂の 山懐に抱かれし 
   博学篤志の 我等が学舎
   豊かな実りの 喜びを 前へと進む 糧として
   遙か未来に 希望を描く
   嗚呼 姫之川学園 若人集う 我等の母校

四、冬暁に 表を染める 淀の流れを南に望み
   百術千慮の 我等が学舎
   寒風氷雨の 苦難とて 己を鍛える 糧として
   去りし万世の 昔を想う
   嗚呼 姫之川学園 若人集う 我等の母校

五、自然豊かな 北摂の山懐に抱かれし
   切磋琢磨の 我等が学舎
   この地で結びし 絆こそ 彼方へ続く 力とし
   手を携えて 未来を築く
   嗚呼 姫之川学園 若人集う 我等の母校
   嗚呼 姫之川学園 我等の母校


誰か、メロディ♪つけてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2007

姫之川学園の施設案内(その1)

『あいつはクラスメート!』の舞台となる姫之川学園の施設を少しだけ紹介しましょう。

委員会棟
学園のメインストリートの突き当たりに畏怖堂々と構える六角形の建物。最上階には生徒会執行部室と風紀委員会室がある。また、その他各種委員会室もこの建物に設置されている。ホワイトハウスと称されるこの建物は、白い煉瓦造りで学園全体を見渡せるようになっている。窓際に立つ生徒会長を見るために、委員会棟の前に集まる生徒がいるとかいないとか……。

大通り
 教室棟や職員棟からグラウンドと生活棟の間を通り、委員会棟へ続く学内のメインストリート。放課後には、教室から部活へ向かう生徒達であふれている。また学内行事、文化祭などではメイン会場となっており、学園生活と切っても切れない場所であるといえるだろう。

cafe du Cercle heureux
 生活棟2階の一角で営業中。マスターは本学卒業生であり、本物のエスプレッソを飲ませてくれる。その他軽食やケーキなどもある。なかでも野いちごのタルトは絶品であり、女子生徒の間でも高い評価を得ている。この小洒落た店は、カップルで行きたい店として有名。

蒲田階段
 教室棟から芸術棟などへ繋がる斜面に設けられた全長45mに及ぶ階段。部活のトレーニングによく利用されている。なお、この名前の由来は、映画『蒲田行進曲』からであり、階段落ちに敬意を表したというのがもっぱらの噂である。

ガーデンテラス
 生活棟1階のテラス及びその外側の庭園部分。開放感あふれるテラスでは、昼食時や放課後などに生徒達が歓談する姿がよく見られる。庭園部分にはテーブルなども設置されており、夫婦池から導かれたせせらぎや様々な季節の草花が目を楽しませる。木陰でお弁当を食べることがカップルの第一歩。

芸術展示室
 芸術の授業の優秀作品や芸術系の部活の入賞作品といった学生の手によるものから、学園が所蔵している美術品が展示されている。とある先生は、大英美術館にも引けを取らないと豪語している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2007

オリジンズ2007レポート

今日からアメリカに出張です。
ゲームのイベントに出展して、ウォーゲームとか『クァークス』とか売ってきます。
今年はカナダのL2D社と共同出展です。

姉妹ブログの「ウォーゲーム武芸帳」にレポートを毎日アップしますので、興味のある方はご覧下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2007

第9回TRPGの日レポート

Dscn0699Dscn0676Dscn0712Dscn0739



本日開催された第9回TRPGの日の模様です。
テーブルトークロールプレイングゲームに特化したイベントで、鈴木銀一郎先生とボールパーク開発チーム!をゲストに迎えました。

午前中はセレクトタイムと銘打って、参加者の皆さんがいろいろなTRPGを遊べるように各テーブルで体験会を開きます。ちょうど左から2枚目の写真がそれです。GMがセッションの説明をしている神戸のゲームサークル「ベルセルク」のメンバーです。膨大な資料から、このイベントにかける意気込みを感じて下さい。
気に入ったテーブルが決めったら、ゲームマスターとプレイヤーがそれぞれのチケットを交換して「予約完了」です。

午後からは本格的なセッションに入ります。
今日は、お母さんと小学生の子供も『ボールパーク!』に参加されています。

【ゲスト】セル
鈴木銀一郎先生セル 『ナイトメアハンター・ディープ』
ボールパーク開発チーム! 『明日へのホームラン』

【ゲームサークル】セル
ふぁんぶる堂  『三つの世界に生まれる奇跡』
Cool Site GEAR  『三王会戦』
あたりんぼう 『あいつはクラスメイト』発売先行セッション
ベルセルク  『進化する悪魔たち』

【エキシビション】セル
オリシスの輪  『オリシスの輪ワークショップ』
初心者対応研究会 『21世紀のTRPG普及法を考える』

現在、12卓でセッション中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »