« アナログゲームの日+頭脳スポーツふれあい体験会 | Main | 『もののけこやけ』最終校正、終わりました »

March 07, 2007

ゲーム的人生論

Gin_1鈴木銀一郎 著
本体 1,200円
新書 224頁
「人生はゲームであり、ゲームは人生なのだ」

アナログゲームDAYの時に購入しました。
そして、あっという間に読了。
表現が適切でテンポがいいんで、サクサク読めてしまいました。

内容は、僕的には◎
鈴木銀一郎先生って謙虚な方なので、なかなかつかみどころがなかったのですけど、これを読んで先生の性格や人となりがわかった気がしています。
たぶん、これからは先生との仕事の接し方が変わると思います。

|

« アナログゲームの日+頭脳スポーツふれあい体験会 | Main | 『もののけこやけ』最終校正、終わりました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゲーム的人生論:

« アナログゲームの日+頭脳スポーツふれあい体験会 | Main | 『もののけこやけ』最終校正、終わりました »