« February 2007 | Main | April 2007 »

March 25, 2007

ハーンマスター情報その6「地図」

『ハーンマスター』のセッションでは、いろいろな地図が登場します。
領域地図とか地方地図、地域地図に屋内地図などなど。
しかも、GM用とPC用に分かれていて、なおかつ情報管理が厳格に規定されているのです。

絵画的地図
絵画的地図は、ファンタジー世界で実際に使用されている地図と同種類のものである。つまり、ファンタジー世界にいるキャラクターが製紙職人や地図職人から実際に入手できる物である。ゲーム内では、キャラクターの実際の所持品として扱われる。地図が失われたり破棄されたり、盗まれたりしたならば、プレイヤーの手元にあるこの地図の実物も取り上げられる。PCたちが同一の場に居合わせている場合は、プレイヤー間で互いの所持する地図を見せ合ってもよい。

プレイヤー用領域(自作)地図
プレイヤーは自分のPCの旅した範囲を白紙のヘクス用紙に記録することで、自前の領域地図または地域地図を作成してもよい。この地図はPCの記憶を模した物であるため、「自作地図」とも呼ばれる。プレイヤーは他のプレイヤーの作成した自作地図を調べてはならない。

プレイヤー用地域地図
数値や詳細情報の解説などを外したGM用地方地図のカラー版。提供される情報の量は、大まかに言えば、その地を訪れた観察者の確認できる量に等しい。PCがその地に留まっている間、プレイヤー用地方地図を広げてプレイすることになる。プレイヤーは自身の観察の成果を記入することで自作地図を作ってもよい。

『ハーンワールド』に入っていた大きな地図は、領域地図で、地図上の1ヘクス=12.5マイル=20km=5ハーン・リーグの縮尺です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2007

ハーンマスター情報その5「製造物の品質」

製造物の品質
物品によっては、価値そのものよりも耐久性が重視される。〈武器製作〉によって製造される物品は、その典型例である。刀剣を製造したら、その品質が平均以上か以下かを判定する必要がある。「製造物品質表」は、この目的のために使用される。「技能指数(SI)」が7の武器職人がブロードソード(平均WQは12)を製造し、〈武器製作〉判定の結果が「通常失敗(MF)」であった場合、表の結果は-1となる。ここで製造されたブロードソードの「武器品質(WQ)」は12-1=11となる。
3d6で損傷判定しなければならない物品であれば、どんなものでもこの表が利用可能である。

とりあえず、ハーン世界ではどんなものでは壊れる可能性があります。
そりゃどんなTRPGでもそうなんですけど、わざわざルールが用意されているわけです。
同じ種類の武器でも、“品質”が異なり、不良品のソードは戦闘中に折れたりするわけです。

ちなみに、親方職人の通常失敗の方が新米の決定的成功より優れているとのこと。

へぇー、そうなんですか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2007

もののけ紹介 第四回「幽霊」(ゆうれい)

もののけ紹介の第四回は「幽霊」です。

>幽霊はたいてい人の想いが形になったもの。
>つまり人の想いの数だけ幽霊の種類はあることになります。

日本の怪談などで、よく登場するのがこの幽霊ですね。
柳の下で佇んでいたり、墓場をふわふわと漂っていたり・・・。

死んだ人のなれの果てってイメージですね。
もののけこやけでは、正体のよくわからないおばけなんかもここに分類されるようです。
ひとだまやがいこつ、座敷わらしなどなど。

「肝試しにいこう!」
誰かがの提案で、町はずれの古い洋館にあつまったのはいいのですが・・・なにやら、おどろおどろしい雰囲気が漂っています。
でも、ここで怖いから帰ろうなんて絶対に言えない。
勇気を出して壊れかけたドアを開けると・・・。

夏場には最高のシナリオができそうです。
シーツをかぶってGMをしてみるのもいいかもしれません。
スミレちゃんの仲間になれるかもしれませんよ?

Yuurei

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2007

『もののけこやけ』、さあ印刷だ!

Img_0861や、やっと終わりました。
明日から印刷に入ります(と思う)。


今のペースで行けば、月末にはできそうです。
5種類のもののけ(物の怪?)とシナリオ2本、マンガ付きで56ページ。
内容の質を考えれば、価格はとってもリーズナブルだと思います。

2000円を越える越えないで、定価の攻防があったのは内緒の話ですよ。

とりあえず、今の僕は『ハーンマスター』の校正でヒーヒー言っています。
だいたい半分越えました。
27日にはウォーゲームの新作も出しますし、秘密のゲーム開発の仕事も今月がリミット(秘密情報保持契約を結んでいるので内容は秘密)、ウォーゲーム雑誌『プランサンセットvol.3』もゴールデンウィーク前には出したいと…。

うーん、大変だ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2007

もののけ紹介 第三回「河童」(かっぱ)

もののけ紹介の第三回は「河童」です。

>肌はカエルみたいな緑で背中に甲羅。
>手足に水かき、頭はおかっぱ、てっぺんにはお皿。
>服はたいてい着ていなくて、頭から足までじっとりと、ぬれています。
>泳ぎが得意で、池や川に住んでいます。

キ○クラとか、三○で有名な河童さんですね。(微妙な伏せ字・・・。
キュウリが大好きで、ちょっとお調子者というイメージかな。

「もののけこやけ」では、見た目がまんまの河童だけでなく、水に住む変化やもののけも河童に含まれています。
人魚や、亀、海坊主などがここに分類されるようです。

町はずれの河原には、変化達がいつも集まって遊んでいます。
今日も、石投げをして楽しく遊んでいました。
水面を切って跳ねる石ころ・・・ひとつ、ふたつ、「いてっ!!」・・・「!?」
大きく跳ねた石ころ・・・水面には大きなたんこぶが・・・。

河童は、水に関係のある能力がたくさんあるようです。
ちょっとキザでナンパな隆一くんも、そういった能力をたくさん持っているのかな?

Kappa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2007

ハーンマスター情報その4「天候予測」

天候予測
文字通り、天候を予測する能力なのですが、判定は時間帯(4時間)毎、GMはあらかじめ次の時間帯の天候を決めておいて、判定の成否段階に応じてキャラクターに以下の通り告げる、というものです。

成否段階 → 予測結果
CS → 次の時間帯の天候の正確な予測。
MS → 次の時間帯の天候のおおむね正しい予測。
MF → 次の時間帯の天候の比較的不正確な予測。
CF → 次の時間帯の天候の完全に誤った予測。

気象予報って、昔から難しいものなんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2007

『もののけこやけ』、入稿です

本日、印刷会社に原稿とデータを送付します。
店頭発売日は4月5日に決定しました。
お楽しみに。

ご予約、ボチボチ頂いています。
ご予約された方々には5日と言わず、完成次第発送する予定です。
印刷会社は3月31日納品でスケジュールを組んでいますので、早ければ4月2日に発送できるかもしれません。
予約分の発送の日程に関しては、決まり次第発表致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2007

ハーンマスター情報その3「母語の読み書き」

おお、またすごいルールを見つけました。

母語の読み書き
(抜粋)
キャラクターの文献解読能力が疑わしい場合、GMが必要となる〈言語会話〉と〈読み書き〉の平均値を用いて判定する。GMが実際に(日本語で)文章を書き、「もし」や「これ」といった簡単な単語以外の全ての単語毎に技能判定を行うのが、判定方法としては理想的である。判定に失敗したら、その単語を黒く塗りつぶす(同じ単語を繰り返し判定することはできない)。判定が全て完了したら、処理を済ませた文書がプレイヤーに渡されることになる。

ところどころ(それともほとんど?)黒く塗りつぶされたメッセージが、実際にそのPCのプレイヤーに渡されるわけですね。
ここまで徹底しているのか~、『ハーン』って…。
但し書きがあります。

しかし、この方法は労力がかかるため、長文の場合は推奨できない。

そりゃ、そうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2007

もののけ紹介 第二回「鬼」(おに)

もののけ紹介の第二回は「鬼」です。

>頭やおでこの1本か2本の角があって、肌は赤か青。
>虎縞模様の服をまとっています。

非常にわかりやすいですね。昔話などでもたくさん出てくる鬼さんです。
力持ちで、ちょっと怖い外見だけど、気のやさしい陽気なもののけかな。

仁王様やかみなり様、やまんばなどがここに分類されるようです。

山奥から聞こえてくる大きなイビキ・・・好奇心につられてのぞきに行くと、そこには大きな大きな鬼が酔いつぶれていました。
びっくりした貴方は、思わず声を上げてしまいます・・・「ん?だれかのぉ??」

さてさて、貴方はこの怖い外見の鬼さんと仲良くなることができるでしょうか?
「十輪童子」くんのような、かわいい鬼ならすぐにでも友達になれるかな??

Oni

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2007

ハーンマスター情報その2「容貌」

【容貌】
残念ながら、プレイヤーの意志は反映されることなく、3d6でランダムに決定されてしまいます。
種類は、醜悪、貧相、人並み、魅力的、美麗の5種類。
選択ルールでは肌や髪、瞳の色を決められます。

この容貌とは、「同種族に対するキャラクターの肉体的魅力を表す」もので、なんと…

化粧や照明、魔術などによって一時的に修正することはできるが、このような改善手段の効果の大半は翌朝までに消失してしまう。

らしいです。

女性の皆様、お疲れ様です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2007

ハーンマスター情報その1「老化」

『もののけ~』に負けじと、『ハーンマスター(以下HM)』も小出しに紹介していきます。
テーマは、その時々で気ままに決められますけど…。
今回は我々が日本語版として発売するのは、最新の「サード・エディション」です。
↑一応、念のため。

老化
HMの人間キャラクターは老化します。
彼らの平均寿命は60~70歳ですが、これには「運動」と、なんと「所得」が影響を及ぼします!
運動不足のキャラや貧乏なキャラは平均寿命が短いわけです。
へぇー。(ゲームとは思えない)

老化一覧
体重増加
持久力低下
視力低下
聴力低下
老人性痴呆
閉経/造精能力低下
関節炎/リューマチ
痛風
慢性疾患(糖尿病、癌、結核、肋膜炎、肺結核など)
 →1d4年後にキャラクターは病死する。(と明記されています!)
心臓発作/心筋梗塞

※いずれも、しっかりと属性値(能力値)が低下していきます。


うーん、他人事とは思えない。
キャラの病死って、ありなん?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2007

もののけ紹介 第一回「道怪」(みちのけ)

さて、いよいよ発売が迫ってきました『もののけこやけ』
3月末~4月初旬に、皆様のお手元に届けられそうです。

そこで、もののけ紹介と題して、あたらしく登場するもののけ達を紹介しちゃいます。
第一回は「道怪」です。

>道怪とは道に現れるもののけのこと。
>ですが道怪と一口に言っても、その姿はさまざまです。

暗い夜道などで、急に現れて人をびっくりさせる。
そんなもののけ達が「道怪」には多いようです。

ろくろ首やのっぺらぼう、からかさお化けにひとつめ小僧などのお化け達が、ここに分類されるようです。

夕暮れの帰り道、薄暗い路地でうずくまっている男の子が・・・どうしたのかなと、声をかけると、その男の子は貴方の方に振り返り・・・。

うーん、ちょっと怖いお話になってしまうかもです。(笑)
でも、おんぶおばけの「おんぶ」ちゃんのようなかわいいお化けもいるので安心してくださいな。

Onbu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2007

『もののけこやけ』最終校正、終わりました

Mono1前日、編集担当のたもつくんから、バサリとプリントアウトの山を渡されました。

「『もののけ~』の最終です」
Mono2「あー、そー」
「もう入稿しようかと思っているんですけど」
「じゃあ、来週入稿で4月初めの発売ということで」

というわけで、前夜も家に持ち帰って校正、校正…。
布団の中でも校正、校正…。

印刷会社にも納期を確認しましたところ、
4月第一週には店頭に並んでいることと思います。
お楽しみに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2007

ゲーム的人生論

Gin_1鈴木銀一郎 著
本体 1,200円
新書 224頁
「人生はゲームであり、ゲームは人生なのだ」

アナログゲームDAYの時に購入しました。
そして、あっという間に読了。
表現が適切でテンポがいいんで、サクサク読めてしまいました。

内容は、僕的には◎
鈴木銀一郎先生って謙虚な方なので、なかなかつかみどころがなかったのですけど、これを読んで先生の性格や人となりがわかった気がしています。
たぶん、これからは先生との仕事の接し方が変わると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2007

アナログゲームの日+頭脳スポーツふれあい体験会

9_18_17_16_1



アナログゲームDAY+頭脳スポーツふれあい体験会の合同イベントが終了しました。
総参加者は376名。
小学生の子供連れが圧倒的に多いイベントでした。

『チケットトゥライド』、『ゴキブリポーカー』、『ラビリンス』、『ダイヤモンド』、『ウボンゴ』、『ノイ』、『ミッドナイトパーティー』にはティーチングスタッフを配置し、『オセロ』、『ムサシ』、『ジェンガ』、『日本地図パズル』、『世界地図パズル』、『アルゴ』、『マッチ5』、『立体四目』、『神戸ヤード』などをワイワイと賑やかに遊んでもらいました。

TPRGグループは、『ダンジョンマニア』や簡単なテーブルトークRPGで挑みました。
ゲームマスターの半分は小学生を相手にするのは初めてということで、新しい“世界”を見つけてもらったようです。
あるゲームマスターは「小学生の学習能力は凄い」と絶賛。
やはり、デジタルタイプのRPGが普及しているので、下地はできているようですね。

今回のイベントは、「あいさつをキチンとしてもらう」というのが目標の一つでした。
受付にはだいたい親子でやってくるのですが、スタッフは子供たちに笑顔で「こんにちわ~」と声をかけます。
そして、子供があいさつを返してくるまで何度も声をかけます。
ゲームを始める時も「よろしくお願いしまーす」と声をかけるように徹底しました。

ゲームと言えど、みんなが楽しく遊ぶためには、やはり礼儀は必要なのです。
(将棋や囲碁の対戦を見ていてもわかるはずです)
そして、スタッフや保護者の方々にも、それは当てはまるのです。

スタッフも、このような活動を通じて何か得てもらえれば…。
NPO法人アナログゲーム・アソシエーションは、そのような活動を続けていきたいと思っています。

まぁ、とにかく僕自身も“楽しめる”イベントでしたので、とても満足しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2007

『ハーンマスター』校正中…です

4001harnmaster田沼貴弘先生及びボランティア・スタッフの皆様、時間を見つけてはちまちまと校正しています。
結構、集中力が必要なので、時間と場所を選びます、この作業…。
おかげで、誤字脱字をいくつか見つけることができました。



Ws000000



代表的なものとして、4ページ「序文2」の略号で、

耐【耐久力】
耐【持久力】

と重複しています。

持【持久力】

と校正しました。

160ページあるわけで、今は「技能」のところです。
やっと3分の1ですね。

ボランティア・スタッフの方々へ
最後のお願いです。
各ページの表の部分の内容を日英照合して下さいませ。
よろしくお願い致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »