« April 2006 | Main | June 2006 »

May 29, 2006

ローカルペーパー6号

今日はローカルペーパーの6号の記事について少し書いてみようと思います。

ハーンワールド紹介
これは5号の続きですね。サプリメント完全紹介のその2となっています。

クトゥルフグルーヴ呪魔MIX
ご存じ呪魔夜光さんの連載です。

博士と京子のボードゲーム日記
第3回は・・・まだ決まってないのです。>_<

ゆうやけこやけリプレイ
神谷先生の最新作『ゆうやけこやけ』のリプレイが登場。もちろん神谷先生作です。
謎(?)につつまれていた、ほのぼのあったかろーるぷれいんぐの世界をいよいよ公表。
かなり気合いをいれて執筆中とのことなので楽しみにしていてください。

その他イベントレポートなど盛り沢山でお送りする予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2006

『ゆうやけこやけ』の表紙

Youyake_cover_phase1_600









先ほど、届きました。
「ほのぼのあったかろーるぷれいんぐ」というテーマそのままの雰囲気ですね。
これが、ロールプレイングゲーム?って感じで、ナイスです。
専用ページを作りました。→こちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2006

トレジャーチェスト

Dscn9250Dscn9252Dscn9253Dscn9254



イギリスのダイスメーカーからサンプルが届きました。
「宝箱」です。
大きさもそれなり、重みもそれなりにあって、かなりイイ感じです。
なんといっても、しがみついている奴がイイ。
(ちなみに写真のダイスは16mmサイズでオマケに付いてきます)

夏くらいに販売予定です。
定価3000円でいきたいなぁ。(←あくまでも希望です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2006

『ハーンワールド』の体裁

『ハーンワールド』は、

ハーンワールド(ハーン世界の解説書) 1冊
ハーンデックス(ハーンの辞書) 1冊
A2判カラーマップ1枚


という構成になっています。

5001harnworld英語版と同様に、箱入りで発売しようかと考えているのですが、いかがなものでしょう?
←ちなみに英語版の箱はこれです。




ハードカバーで1冊にまとめる、ソフトカバーで1冊にまとめる等々、いろいろな意見が出ています。
とりあえず、データだけ抽出して補正かけました。
いずれの形になっても、表紙にはこれを使います。
田沼先生も英語版の味をそのまま残してほしい、とおっしゃっていまして、本文のイラストも全て英語版のものを流用して、今風のイラストは1枚も入れない方針です。
コアにいきましょうよ、コアに。

Harnworld_350dpi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2006

サプリメント「カルドア王国」第2版翻訳完了

 つい先ほど、ようやくサプリメント「カルドア王国」第2版の翻訳(第1稿)を完成させました。まだ本当に“翻訳”しただけで、アルファベット順に並んでいる集落一覧を五十音順に配列し直したり、レイアウトをしたりといった作業はこれからなのですが。

原書のURL
http://www.columbiagames.com/cgi-bin/query/cfg/zoom.cfg?product_id=5610

 これで「カルドア王国」については初版・第2版の双方を翻訳したのですが、王国本体に関してであれば、確実に後者の方が質・量共に充実しています。前者が18ページしかなかったのが、後者は60ページにまで拡大しているという、誰の目にも明らかなこともあるのですが、それだけではありません。詳しくはA Local Paper第6号で紹介しようと思うのですが、「カルドア王国における一般的な飲食物」とか「服飾の流行」といった、地味ながら効果的な新資料が追加されているのもポイントが高い。

 そして何よりも、王国の重要人物たちについての、特に人間関係に関する情報が、これでもかと言わんばかりに増強されています。相応に経験を積んだゲームマスターなら、無数のシナリオをここから構築することができるでしょう。中には、評価を大きく変更しなければならない人々もいます。カルドア国王ミジナスは、「ハーンワールド」や「カルドア王国」初版を読む限り、ずいぶんと惰弱な人物だと私は思っていました。しかし第2版を読むと、この上なく体質虚弱というのは変わりませんが、父にして前国王トラストラの武威を背景に内政の充実と国内秩序の確立を成し遂げた名君という印象を受けます。あえて例えれば、ローマ帝国4代皇帝クラウディウス、または江戸幕府9代将軍徳川家重の同輩、というところでしょうか。

 さて次は何の翻訳をしようか……やはりまずはパナガ3部作シナリオの第3作「フレンの呪い」の作業を再開しなければならないでしょうか。第1作「ファノンの杖」、第2作「廃都キラズ」はすでに翻訳完了していますし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2006

『ハーンワールド』の校正、完了(1回目)

『ハーンワールド』のボランティアスタッフの皆さんに協力してもらった校正は、完了しました。
抜けとか誤字脱字がたくさんありましたけど、全部直ったと思います。
同じ間違いにも複数のスタッフから指摘を受けるので、一番良いと思われるものを採用しました。

田沼先生はたった一人で訳しているので、間違いが出てくるのはいわば当然、しかたないと言えばしかたないものです。
先生の偉大さは、これを完訳した、つまりゼロからここまで進めたところにあるのですから。

現在、レイアウト中です。
できあがったら、まずは田沼先生に確認してもらわなければなりません。
スタッフの皆さん、しばし休憩です。
とりあえず、お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« April 2006 | Main | June 2006 »