« March 2006 | Main | May 2006 »

April 29, 2006

『ローカルペーパー』vol.5、発売です!

なんとか出ました。
詳細はローカルペーパー公式サイトをご覧下さい。

今、大人気の『ルーンバウンドセカンドエディション完全日本語版』の作戦研究や、『クトゥルフの呼び声』の考察、『ハーンワールド』シリーズの全てのサプリメントの目録みたいなものも入っています。
付録は、『メイドRPG』のシナリオです。

けっこー、いい感じにまとまっていますよ。
公式サイトから通販もできますので、ご注文、お待ちしています。

最近、1号からまとめて買っていく人が多いです。
皆さん、バックナンバー、持っています?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2006

天界の檻

(株)ジャイブさんから、真・女神転生TRPG 魔都東京200X リプレイ『天界の檻』の見本誌が届きました。
『ローカルペーパーvol.3』でインタビュー記事を掲載させて頂いた、西上征先生の著作です。
ジャイブさん、いつもありがとうございます。

詳細は、こちらをご覧になって下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2006

『ハーン』のCD、届きましたけど…

コロンビアゲームズ社からCDが届きました。
トム親父に「デジタルデータをくれ!」と頼んだら、グラント君が『ハーン』シリーズの画像データを入れたCDを送ってくれたのでした。
ただし、初期作品のデータはコンピュータを使って作っていないので、データがないとのこと。

This disk contains some recent artwork used for Harn books.We have lots of digital art from recent works, but nothing earlier than 1995.One glaring omission is the Harn Map.(続く)

一番大事な大判のハーン地図はないそうです(うー)。
現在、IWAKO先生にちまちま作ってもらっているのですが、なかなか捗っていないみたいです。
ましてや、地図上の文字も全て日本語表記にするという、かなり野心的な計画です。
(田沼貴弘先生が日英対訳表まで作ってくれています!)
今夜の花見で会うので、進捗状況を聞いてみることにしましょう。

そんなわけで、前途多難です。
でも、校正は順調に進んでいますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2006

『ローカルペーパー』vol.5、入稿しました

Alp5_cover_1難産だった5号ですが、印刷会社に入稿しました。
詳細はローカルペーパー公式サイトをご覧下さい。
表紙のイラストは『メイドRPG』でおなじみの村西哲忠先生です。
付録は『メイドRPG』のシナリオです。
発売は4月末日です。
お楽しみに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2006

正式タイトル決定

神谷先生の新作RPG『けもみみRPG(仮)』の正式タイトルが決定されました。

ほのぼのあったかろーるぷれいんぐ 『ゆうやけこやけ』

なんともほのぼのしたタイトルですね。
童謡がBGMで流れそうな感じがします。

自分が参加させていただいたテストプレイでも、かなりほのぼのとした雰囲気が充満していました。
癒し系ろーるぷれいんぐって言葉を流行らせようかと。(笑)

現在、執筆作業も順調なようで、夏にはお届けできると思います。
励まし&御要望などありましたらお気軽に送って下さいな。
神谷先生にお届けします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2006

えええぇぇ~!!

色々とありまして、入稿が遅れていましたローカルペーパーですが、本日印刷所にやっとのことで入稿と・・・なるはずでした。
印刷所の方に来てもらって、データを渡し、ゲラを渡し、打ち合わせをしてるところに一本の電話が・・・。

「クトゥルフの記事に関しまして・・・(略)。」

もろもろの事情により、記事の発表を次号以降にと言うことになりました。
といわれましても、代わりの記事が・・・イラストもないですよ・・・。(泣)

ライターさんにメールを入れて、代わりの記事がないかを問い合わせています。
なかった場合は・・・3日で書いてもらうか!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2006

さて、質問です

『ハーンワールド』のリスィア大陸の交易を説明するところに、the Itikirian Bowhead Whale(原書は「the Itikirian Bowhead」)という鯨の種類が挙げられています。
現在の翻訳は以下の通りです。

沿海漁業、遠洋漁業、捕鯨
~中略~
 アザラシ狩りや捕鯨は大陸北方領域の住民の主要産業である。モーガットからナゼイエルにかけての2ヶ月間、イヴィニアやアルトランド、メンゴーラをはじめとする北方諸領域のフィヨルドや港湾、入り江に海豹(アザラシ)などの生物が子育てのためにやってくる。捕鯨を天職とする一部のイヴィニア人捕鯨漁師は、鯨を求めてはるか西方のカメランドにまで遠征することがある。捕鯨はもっぱら鯨油採取のために行われている。捕鯨の対象とされるのは、セミクジラ、イティキリア・ヒゲクジラ、ザトウクジラなどである。

さて、このイティキリア・ヒゲクジラという生物、これまでの地球に実在する動物なのでしょうか?それとも、架空の生物なのでしょうか?
ご存じの方、いましたらコメント下さいませ。
鯨好きな方、います?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 05, 2006

『ハーンワールド』、校正中

校正中の『ハーンワールド』ですが、月曜日にボランティアスタッフから第1回の定時報告がありました(毎週月曜日に進んだところまで報告してもらうことになっています)。
一見したところ、今回のスタッフの皆さん、かなりレベルが高いです。
今回は約40件の意見が集められ、以下にそのいくつかをピックアップしてみました。
誤字脱字や誤訳の他にも、歴史的背景や読みやすさなど多岐にわたって言及されています。

名詞の漢字表記について、いくつかカタカナで記述した方が良いと思います。
例) 棕櫚→シュロ、海豚→イルカ、鰊→ニシン、等
※ルビをふる予定は?

沿海漁業、遠洋漁業、捕鯨
イティキリア・ヒゲクジラは実在する動物? 

アーラントゥ(Arlanto) [B5]
次の一文が抜けています。
Since the provincical governer declared independence, trade with the interior has barely improved.
『州の知事が独立を宣言して以来、内部との貿易はかろうじて改善した。』

(地球の1万2,776キロメートルに対して
→ (惑星直径は、地球の1万2,776キロメートルに対して
*原文にはないかもしれませんが、地球の大きさと言われた時、半径の6,378キロや円周の4万キロが思い浮かぶので、1万2,776キロメートルが何の数字か、とっさには出てきませんでした。

我々の世界の9~14世紀におけるブリテン島と同様に閉鎖的な歴史を有しているため、
→ 歴史的には我々の世界の9~14世紀のイギリスとよく似ているが、その一方、
*closestの訳し間違い。Britainはイギリス、イングランドぐらいに訳したほうがとおりがいいのではないかと思います。whileは逆接接続として訳しました(その一方)。
「歴史的な等価物として最も近いものは9~14世紀のBritainである」が直訳。

国王へ60~120人の騎士からなる軍勢を提供する。
→ 60~120人の騎士からなる軍勢を国王より預かる。
*oweの訳し間違い。封建国家で、貴族が王に騎士を提供することはなかったのでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2006

けもみみRPG(仮) サンプルキャラクター登場!

Kemomimi01 『けもみみRPG(仮)』のサンプルキャラクターのイラストが届きましたので、ちょっとだけ公開しちゃいます。

これは、狐のキャラクターで八幡鈴音(はちまん すずね)さんというらしいです。

彼女の他にも、狸、猫、犬、鳥、兎の5人が届いているのですがそれはまたのお楽しみと言うことで・・・。
見たいキャラのリクエストがあれば公開するかも!?

現在、快調に執筆作業が進んでいるようです。
JGC前にはお届けできるように頑張っているとのことです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2006

サンセットゲームズの制作方針

ロールプレイングゲーム関連商品は、その文章量と複雑な構成を考えると、誤訳(エラッタ)が出るのはある程度しかたのないことと考えていますが、その数をできるだけ少なくするというのが当社の方針です。
ただ、いかんせんニッチな業界の少部数生産品ですので、当然のことながら大きな利益は期待できず、今回のような校正作業に対しても充分な人件費を供出できないというのが実状です。

我々は自身の報酬はもちろん、翻訳者兼『ハーン』プロシェクトチーフディレクターの田沼貴弘先生にも、その数年にわたる莫大な作業量(時給計算してみましょう)の見返りにあった充分な報酬を提供できずにいますが、先生自身は非常にロールプレイングゲーム(特に『ハーン』シリーズ)に対して大きな愛情を持っておられる方で、そのような条件に対しても今回の『ハーン』シリーズの日本語版の出版に意欲的に取り組んで頂いています。

この業界の将来を心配する声もチラホラと聞かれますが、田沼先生や今回のボランティアスタッフのような方々が今後のこの業界の一翼を担うことは間違いないと思います。
そういった方々に支えられて、国内のロールプレイングゲーム業界は緩やかながら再び発展することでしょう。

当社としましては、『ハーン』シリーズの日本語版の制作作業が、間接的に将来のゲームデザイナー、もしくはゲーム出版業を目指す方たちにノウハウやヒントを提供できれば、と考えています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »