2018年9月11日 (火)

『テラフォーミング・マーズ』に見る平成時代の人間関係

今、大人気の『テラフォーミング・マーズ』。プレイヤーは企業になって火星を開拓していくボードゲーム。火星に海や森や都市を造っていきます。ドイツゲーム賞2017大賞受賞作品。

王道の「拡大再生産系システム」に「ソロプレイ要素」と「協力型要素」をふんだんに盛り込んでいるところが今のはやりですね。昭和の4人用ボードゲーム(ウォーゲーム)と言えば、『戦国大名』に代表される戦争型がポピュラーで、プレイヤー全員が「敵」でした。つまり、誰かが勝つためには誰かを蹴落とさないといけないという話。でも、『テラフォーミング・マーズ』はプレイヤーが受け持つ開発企業自身の成長に重点を置いて、足し算の思考で企業の発展と火星の地球化を目指す、みんなが楽しめる平和なボードゲームです。だから、みんなに受け入れられているのだと思います。

Img_2405

2018年9月 9日 (日)

おかげさまで『歴史群像』の「モスクワ攻防戦」は大反響です

『歴史群像』のボードゲーム「モスクワ攻防戦」、おかげさまで予想をはるかに上回る大きな反響をいただいており、テストプレイヤーとして制作に関わった私も嬉しい限りです。また、世の中にはウォーゲームを遊んだことがある方がたくさんいることがわかり、大変驚いています。昔なつかしいと思ったオジサン世代(笑)の方々には、この機会に30年前に抱いたロマンを思い出していただければ!と思います。

40753886_10209871896432637_66524047
 
 
制作こぼれ話では、ゲームデザイナーの山崎雅弘さんがボードウォーゲームの歴史と魅力をわかりやすく解説してくれています。ボードウォーゲームを初めて知った方にはぜひとも読んでほしい記事です。
 
 
「モスクワ攻防戦」
地図盤(マップ)と呼ばれる盤上でコマなどを動かして勝敗を競うゲームです。敵を攻撃する時はサイコロを振って結果を導き出します。

プレイレポートも読んでみてください!
歴史群像の『モスクワ攻防戦』を徹底解剖してみた

81bbznodl

71mfyvzkebl

71okapd3el

91m6ya6glml

※写真は山崎雅弘さんと歴史群像さんからお借りしました。

2018年8月16日 (木)

ボードゲームのコマを切る

『OCSスモレンスク』の駒切り終えて、専用のカウンタートレイに収納しました。
う、美しすぎる!
 
切っている間は無心になって心が落ち着きます。
 
1

2018年8月 8日 (水)

『テラフォーミング・マーズ』を遊びました

今、大人気の『テラフォーミング・マーズ』。火星を開拓するボードゲームです。プレイヤーはプロジェクトカードを使って、火星に都市や森や海を作ったり、大気を温めたり、人類が住める環境を構築していきます。ドイツ年間ゲーム大賞2017のエキスパート部門にノミネートされ、ドイツゲーム賞2017大賞受賞作品です!!
 
Photo_3
 
 
王道の拡大再生産系ボードゲームなんです。最初は小さいことしかできないのですが、カードや収入が増えていくといろいろなことができるようになります。後半に大きなカードを使って大逆転!なんてこともができるのも、拡大再生産系ボドゲの楽しいところです。
序盤はこんなかんじ。
 
1
 
2
 
 
交渉とかないんで、ひたすら一人プレイをしてる気分。戦略やスピードを他のプレイヤーと競います。いや、キライじゃないですよ、このかんじ。『カタンの開拓』とか『センチュリー・スパイスロード』と同じ味します。
 
ゲームしゅうりょー。全員の協力で火星は見事に生まれ変わりました。
みんなでいいことした気分でゲーム終われるのでいいですよ!

3
 
4
 
5
 
 
もう大人気のボドゲなので、ちょっとググるだけでいろいろな感想を聞くことができます。
楽しいですねー、このゲーム。来月もう一回遊ぶことになりました。

2018年6月12日 (火)

ボドゲラボDDTさんで『枯山水』遊びました

中津のボードゲームラボDDTさんに行ってきました。飲食ないんでボドゲカフェではなく、スペースを貸し出すお店。だからラボなんでしょうか。ボードゲームもたくさん売ってます。店内は飲食持込可なんで、向かいのコンビニでなんでも揃います。この看板が目印。

Img_1535
 
 
店内には、見たことのあるボドゲがたくさんありました。大きいものは『サイズ』から、小さいものは『キャット&チョコレート』まで。遊ぶ用ゲームは数百個ありましたねー。
 
モッティーさんがテーブルに『枯山水』を置きました。彼、タイトルとボックスアートに興味津々。それじゃあ、4人で『枯山水』遊びましょう。ルールはお店のちむ姉さんが教えてくれます。ホドゲラボの良いところは、お店の人にルールを教えてもらえるところ。しかも慣れているんで教え方もとびきり上手です。カルカソンヌ的に自分の盤面にタイルを置いていきます。自分の手番に「徳」を積んで石を買います。タイルをうまく並べたり、石の配置の難易度によって得点がもらえるようになっています。

重森三玲ってだーれ?有名な造園家で、岸和田城の八陣の庭を作った先生だそう。右下の苔の丸円がもう少しで完成だったのにー。

Img_1538
 
 
善阿弥さんは室町時代の庭師です。天授庵、完成しました! 天授庵って京都の南禅寺にある、あの方丈前庭(東庭)ですよね。白砂の庭を苔に縁取られた菱形の畳石が横切る枯山水庭園です。

Img_1539

 

ボドゲラボDDTさん、どうもありがとうございました。
とっても居心地の良い空間だったので、また来月遊びに行きます。

2018年5月23日 (水)

『カルカソンヌ』で魂を売っちゃいました

ボードゲームの傑作です、『カルカソンヌ』。
カルカソンヌの町で、城や道路や修道院を作っていくゲームです。タイルを1枚引いて置いていくだけという簡単なルールなので、ボドゲのエントリーモデルです。職人さんは完成するまで帰ってこない(タイルに置いたまま)ので、なんでも早く完成させてどんどん新しい仕事をさせないと、城タイル引いたけど職人いない~という悲しいことが起こります。
 
 
私、青チーム。黄チームのお城にくっつけさせてもらって協同事業が始まりました。このゲーム、城や道路を完成させたら職人さんを送り込んだチーム全員が同じ得点をもらえるので、みんな仲良く協力していくのが大事なんです。

Img_1260_2
 
 
それを見ていた赤チームさんが、私も混ぜてーと参入してきて、赤、青、黄の3社共同事業になりました。でも、大きくなりすぎた城、本当に完成するのか!?

Img_1261_2
 
 
3人とも思うようなタイルが引けず、城はどんどん大きくなるばかり。
もうタイル11枚という史上最大級の城になってます。
それでも、あと1枚というところまできました!

Img_1262_2
 
 
ここで私、二辺が城になってるタイル引いてきたんですよねー。
写真左下のやつ。
でもね、ここで悪魔がささやいたんですよ~。
タイルをこんなふうに置いて、職人さんセット。
これを見たみんな、非難ごうごう…ではなくて全員大爆笑!!

Img_1263_2
 
 
そして、見事引いてきました、ぴったりタイル!
オレスゲー! ←自画自賛
職人さん、青チームだけ2人いるんで莫大な城の得点は私が独占して圧勝!

Img_1265_2
 
 
という、カルカソンヌあるあるでした。

こんなにみんなで笑える『カルカソンヌ』、やっぱり傑作です!

2018年5月18日 (金)

キウイゲームズさんの京都マルイ店が本日オープン!

キウイゲームズさんの京都マルイ店に行ってきましたよ。
とてもおしゃれでステキなお店でした。
山崎店長も店員さんも誠実な方たちばかりで、きっと楽しい空間になるはず!
山崎店長、どうもありがとうございました。

Img_1311

2018年4月22日 (日)

ウォーゲームの日

今日はメンバーが奇数になったので、二面差し。

Img_1039_3

2018年4月11日 (水)

フォントかるた

先日のゲームマーケット大阪の戦利品です。
説明文でフォント(書体)を当てる、編集関係の仕事をしている人向けのニッチなゲームです。
MSゴシックはウインドウズユーザーの皆さんはいつも使ってますよね。

Img_1016
 
 
サンセットで作っている日本語ルールブックは小塚明朝Mが標準です。

Img_1015
 
 
48書体あるんですが、ちょっと並べてみました。
楽しそうですねー。
皆さん、どのフォントがお気に入りですか。

Img_1014

2018年4月 8日 (日)

Vote Showの大阪公演に行ってきました

人狼ゲーム+演劇という新しいスタイルのパフォーマンスショーを観るために、中崎町のコモンカフェさんへ。9人の中に紛れている3人の人狼を見つけ出す推理ゲームが繰り広げられる即興劇。演者のキャラ設定は観客が書いたアンケート用紙をランダムに引いて決定。演者の腕の見せどころ!だから毎回、設定が変わって何度でも楽しめるんです!

Img_0724
 
 
現地に着く。地下なんでちょっとコワいな~と躊躇してたら、どんどん人が入っていきました。人気ありますね、Vote Show。差し入れに阪神百貨店の地下で買ったいか焼き10枚を渡して店内へ。もうすでに人がいっぱいでした!

Img_0929
 

新喜劇を彷彿させる即興劇で笑いがたくさんありました。楽しいですねー、会話のキャッチボール。演者さんがみんなで一致団結して人狼を見つけようとしますが、話はなかなかてんやわんや(笑) そこに奇跡が起こるんでしょう。

実はサンセットゲームズも協力させていただいております。
夢を追う若者にはどんどんお力貸したいのです!

Img_0931
 
 
楽しく笑ったポカポカ陽気の一日でした。
また大阪公演があるそうなので、次の機会は皆さんもぜひどうぞ!

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Hp
  • Line_line_store
  • Photo_2
  • Photo
  • Img_2559
  • Img_2558
  • Img_2523
  • Img_2472
  • Img_e2469
  • Img_2377
  • Img_2378
  • Img_2376