2016年5月18日 (水)

任意売却になる原因

任意売却とは、借金を全額払わずに家を売る方法です。
前回の話はこちら

自宅を売却する大きな原因の一つに離婚があげられます。一人暮らしに大きな家は必要なく、住宅ローンの返済は無意味に感じるでしょう。もう一つの大きな原因は、転職・リストラ等による収入の低下です。単純に住宅ローンが払えないというケースです。

どちらの場合も、無理して払っていけないことはない、という方もおられるでしょうが、住宅ローンはあと何年残っていますか?もし、どこかで行き詰まると思った方、もしくはもはや意味が見いだせない方は、自宅の任意売却を考えた方が良いでしょう。無理な生活を続けても、ゴールまでたどりつけなければ、その間の努力と苦労(つまり、その間に支払ったお金)は任意売却においてはほとんど報われません。

まずは、生活資金の流れを見直して、無理のない生活設計を立てることが大事です。

2016年4月27日 (水)

枚方市役所に相談

お客様からお預かりしている任意売却物件に差し押さえがついているので、枚方市役所に相談に訪れました。

税金等の滞納によって物件に差し押さえが付いていると、それを解除することを条件に家やマンションを売買することになります。このような条件は売買契約書にも明記されて、期日までにきちんと解決できないようなら契約自体が白紙解約になります。

任意売却を手掛ける不動産業者は、このような交渉もお客様になりかわって全て行います。個人ではどうもいかないことも、不動産業者であればうまくいくことがあるかもしれません。

2016年4月20日 (水)

任意売却とは!?

家を買った時に金融機関から数千万円の住宅ローンを借りている人が、その家を売ろうとする時、住宅ローンの一括返済が求められます。
住宅ローンの残高が2,000万円の家が3,000万円で売れた時は、2,000万円を一括返済して手元に1,000万円が残ります。しかし、住宅ローンの残高が2,000万円の家が1,500万円でしか売れない時は、足りない500万円を自分で用意して支払わないと、家を売ること自体ができません(金融機関からストップがかかります)。

住宅ローンの支払いに困っている方は、まずは住宅ローンの残高を調べましょう。
毎年、秋になると「
住宅取得資金にかかる借入金の年末残高など証明書」が送られてきます。それが見当たらないという方は、毎月引き落としされている金融機関の窓口に行って「住宅ローンの残高証明書をお願いします」と言えば、すぐに出してもらえます。ただし、住宅ローンを借りている本人が行かないとダメです。運転免許証等の身分証明書と金融機関の通帳、銀行印を持参しましょう。

そして、
住宅ローンの残高>売却価格の場合で、足りないお金を用意できない方は、通常の方法による家の売却はあきらめるしかありません。しかし、任意売却を検討してみても良いかもしれません。任意売却とは、借金を全額払わずに家を売る方法です。

続く

2008年9月29日 (月)

債権者抹消同意要す

物件資料の備考欄にたまに書いていますよね。

「これはなんですか?」

簡単に言うと、住宅ローンを払えなくなって金融機関に差し押さえられた物件のことです。

「払えないなら、マンション売って一括返済してね」

債権者とは金融機関とか個人の誰かとか、要するにお金を貸している側。
お金を貸す代わりに、物件に抵当権を設定して担保に取っています。

抹消同意とは、その抵当権を抹消してもいいよ、という意思表示のこと。

「お金さえ返してもらったら、マンションどうしてもらってもいいから」

これが、お金を貸している側の事情。

この言葉を見つけたならば、債権者が誰なのか聞いてみるべきです。
独立行政法人住宅金融支援機構とか銀行の名前の一部が入った債権回収専門の企業ならいいいんですが、個人だとちょっとややこしいことになるかも。

結論を言えば、マンションの販売金額は債権者が了解済みのものなので、その金額で買うならば何も問題はありません。

皆さんご安心を。

最近の写真

  • Hp
  • Line_line_store
  • Photo_2
  • Photo
  • Img_2559
  • Img_2558
  • Img_2523
  • Img_2472
  • Img_e2469
  • Img_2377
  • Img_2378
  • Img_2376