無料ブログはココログ

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | 『アドバンスド文明の曙』を8人で遊んで終わった »

2019年8月11日 (日)

『アドバンスド文明の曙』を8人で遊ぶ

14

ミドルアースの夏休み企画第一弾!
やっちゃんさん、よっしーさん、化夢宇留仁さん、たかぴょんさん、ぽんにゃんさん、たま駅長さん、化夢宇留仁さん、Toonさん、BOWさんが『アドバンスド文明の曙』(通称、赤シビ)を8人で遊ぼうと集まりました。

やっちゃんさん=イベリア
よっしーさん=バビロニア 
化夢宇留仁さん=アフリカ 
たかぴょんさん=イリリア 
ぽんにゃんさん=トラキア 
たま駅長さん=アッシリア 
化夢宇留仁さん=アフリカ 
Toonさん=エジプト 
BOW=クレタ

厳正なる順番カードに従って、以下のように文明が決まって席替えタイム!

1_20190811150301

幹事のBOWさんが作ってきてくれた進行表。
交渉タイムには1分砂時計を使い、時間が来たら鐘が鳴ります。

7_20190811150301

ゲームは左上のトラックをなるべく早く進めるように、プレイヤー全員がんばります。マスの色が変わるところは「都市2つ」など条件が設定されていて、クリアできるまで足止めされます。トラックの横にあるのは都市を造ると手に入れられる貿易カードです。皮革、塩、香辛料、パピルスなどたくさんあって、それを集めて下の文明カードを買い物します。

5

ゲームが始まりました。人口がドンドン増えていきます。人口を1ヶ所に集めると都市を建設できます。都市を建設すると貿易カードが手に入ります。

6_20190811150301

貿易カードは都市を持つプレイヤーにランダムに配られ、プレイヤー同士で自由に交換することができます。毎ターン、どんどん交渉が成立していきます。

3_20190811150301

2_20190811150301

しかし、貿易カードの中には災難カードが混ざっています。しかも、他のプレイヤーと交換したカードに入っていることがあるのです。ルールにちゃんと(貿易カードの内容に)「3枚中1枚だけ嘘ついていい」と明記されています。

早速、ヴェスヴィオ火山が噴火してポンペイの町が消滅!

8_20190811150301

謀反でエジプトの都市が消滅!

9_20190811150301

迷信が広まって、バビロニアの都市が3つも衰退して人口トークンに戻りました!

10_20190811150301

災害は毎ターンどこかで派手に起こるので、みんな笑ってます。
いちいち怒ったりしないのがミドルアースの遊び方です。

4_20190811150301

『アドバンスド文明の曙』は1982年にチャールズ・ロバーツ賞を受賞した、古代文明ボードゲームの名作の1つです。人口を増やし、都市を建設し、貿易でお金儲けて、技術を進歩させるという大きなストーリーの中で、いろいろな災難に襲われる文明発展ボードゲームです。他プレイヤーの文明と領土を争ったりするよりは、自分の文明をいかに発展させるかに重点が置かれています。1980年に発売された歴史ボードゲームのメカニズムは今となってはオールドスタイルですが、『メガシビライゼーション』の元になったボトゲといえば、そのおもしろさはいまだ衰えていないことがわかるでしょう。

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | 『アドバンスド文明の曙』を8人で遊んで終わった »

活動レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミドルアース定例会レポート | トップページ | 『アドバンスド文明の曙』を8人で遊んで終わった »