最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 7月から9月のミドルアース定例会 | トップページ | ミドルアース定例会レポート »

2015年6月21日 (日)

ミドルアース定例会レポート

M1 M2 M3
M4 M5 M6
M7 M8 M9

この日プレイされたゲームは、『新・戦国大名』、『ウクライナ '44』、『ヒトラーズウォー』、 『OCSコリア』でした。RPG部は『AD&D+Hack Master』の1卓でした。

各対戦の感想は、参加者からそれぞれコメントがつくと思います。

次回は7月5日(日)、大阪日本橋のボークス大阪ショールーム8階イベントフロアで開催します。
興味のある方、どしどし参加して下さい。


最後の写真のゲームは、イヌケン君が「もうだいぶ遊んだんで、よかったら誰かもらって下さい」と提供してくれました。またいくつか残っていて、次回のミドルアース定例会にも配布する予定です。欲しい方がいましたら、どなたでもご来場下さいませ。

« 7月から9月のミドルアース定例会 | トップページ | ミドルアース定例会レポート »

活動レポート」カテゴリの記事

コメント

ウクライナ43第2版について

フルッチョフ政治委員と本官とで初対戦してみたところ(練習とは言いながらも相当程度に真剣勝負)、第6ターンまで進んで、ボルシェビキは、ベルゴロド、タガンローク、マキエフカ、スターリノ、スラビヤンスク、マリウポリを奪取したが、ハリコフ、スムイはわが軍が強固に保持している状況であった。
敵ソ連軍は7VP(ベンチマーク+1点)であり、展開面において違和感はない。
ダブルムーブがなくなったため、反撃しつつ戦闘後前進で戦線を整えねばならないという点で、初版よりも高度な技術が要求される。
フルッチョフも同意見であった。

ユニットについては、初期配置カードにあるわが軍の第239突撃砲大隊がなく、第236突撃砲大隊が2枚入っている。
明らかなエラーである。
また、SS「親衛旗アドルフ・ヒトラー」師団は、1943年10月20日付で装甲師団に名称変更されているから、第21ターンに登場するのならば兵科記号を装甲にすべきところ、装甲擲弾兵師団となっている。
イタリアで補充を受け最良の状態にあったのだから、「グロス・ドイッチュランド」師団並みに強くすべきである。

ドイツ国防軍  南方軍集団総司令官

     元帥  パウル・K・マンシュタイン

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58465/61778584

この記事へのトラックバック一覧です: ミドルアース定例会レポート:

« 7月から9月のミドルアース定例会 | トップページ | ミドルアース定例会レポート »

最近の写真

  • Dscn5820_2
  • M9
  • M10
  • M8
  • M7
  • M6
  • M5
  • M4
  • M3
  • M2
  • M1