最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2月19日(日)に『パックス・ブリタニカ』(VG/HJ)を対戦します | トップページ | ミドルアース定例会レポート »

2012年2月19日 (日)

ミドルアース定例会レポート

2012021912320000 2012021912320001 2012021912330000
P1100167 P1100176 P1100178
P1100182 P1100184 P1100185
この日プレイされたゲームは、『パックス・ブリタニカ』(8人)、『バトル・フォー・スターリングラード』、『ASL』、『インペリウム』、『アウステルリッツの太陽』でした。RPG部は『AD&D+Hack Master』の1卓でした。

ウォーゲーム部の参加者は15名。
本日も私はお休みで、bluebearさんが写真を送ってくれました。

『パックス・ブリタニカ』-英国の威光による平和-というゲームの名の通り、優しいJ英国外相指導下の大英帝国が君臨する中、なごやかで紳士的なプレイングで盛り上がりました。ただ唯一、ロシア帝国だけが「国内の不穏」イベント(36分の1の確率)が4回も続く、隕石が直撃するような確率な不幸に見舞われ、なすすべなく沈みました(おそらく、ツングースカ隕石がモスクワに直撃したのでしょうか)。

『バトル・フォー・スターリングラード』では、パウルK将軍率いる第6軍が、1ターンにママイの丘、そして中央渡船場を占領するものの、トラクター工場への道はまだまだ遠く、赤軍の洪水の中にドイツ軍が錐のように食い込んでいました。

『インペリウム』は帝国軍、『アウステルリッツの太陽』はフランス軍の勝利でした。

次回は3月11日(日)です。
興味のある方、どしどし参加して下さい。

« 2月19日(日)に『パックス・ブリタニカ』(VG/HJ)を対戦します | トップページ | ミドルアース定例会レポート »

活動レポート」カテゴリの記事

コメント

Toonです

このゲームを理解していない私は序盤中盤と利権や影響下を恐々置くだけの参加で、終盤メキシコと
パナマに暴動が発生チャンス到来?
これを鎮圧するもメキシコを占領下に…
影響下を持つ英日仏が三国干渉です、
同盟締結している仏も干渉してくるわけか~
日本とは戦争する準備はできていたのですが ^^;
やはり根回しないと難しいですね。
このゲームは戦争ではなく交渉なのですね。。。
少し判ってきた様な感じです。

次の対戦もぜひぜひ参加したいです。
担当はアメリカかな、アメリカはVP獲得が難しいような…
アメリカはこの時代、結構後進国なのですね(-_-;ウーン
Pax Britannicaに誘って頂いたINBさん、
対戦して頂きました皆様ありがとう御座いました。

 Jです。

 本日は8名でPax Britannicaをプレイしました。
 80年代には対戦相手にすら事欠く状況でしたので、マルチなど夢また夢だったことを思うと感慨深いものがあります。裏を返せば、マルチに関しては超初心者ということでもありますが。
 事前にINBさんが英国2人プレイを提唱されていましたので、それに便乗させていただきました。プレイ開始早々、他国の収入状況等を観察していると、確かに英国は突出して多いのがわかります。まあ、それは歴史的に正しいのでしょうが、ゲーム的にはそれなりの義務なりペナルティなりがあるはずと思い、気を引き締めます。
 序盤はアフリカ分割で早速仏・独との外交交渉が展開されます。仏からはエジプト共同統治、独からは東アフリカの一部の植民地単独支配についての打診です。ハウスルールで共同統治の場合、経済価値マイナス1でしたが、様子見とばかりに両方受け入れます。
 その後、英はアフリカ縦断を目指しますが、仏のアフリカ横断政策との十字路となる地点での衝突は避け、共同統治で望みます。ただ、他の方の意見を聞くと、この英の方針はすこし融和的に過ぎるようなのですが。なおこの間、中欧方面から満州方面にかけての地域ではイベントでロシアの内政不安が続き、目立った動きはありませんでした。
 さて、そうこうするうちに中国で動乱発生!ここまで列強間に戦争もなかったので、一気に盛り上がります。と、ここでいきなり反乱勢力により香港を落とされてしまいます。これは痛恨のミスです。もっと中国に兵力を展開しておかなければなりませんでした。
 結局、香港は奪回できず、日本が権益を少し伸ばして終了です。
 次に動きがあったのは中南米です。イベントで政情不安となったメキシコ、パナマを米が血を流しながらも支配下におきます。しかし、プレイも中盤のためこのあたりは列強の権益が複雑に入り混じる地帯となっています。影響力を持っていた英仏日が史実の三国干渉さながらの干渉を開始します。英もここまで融和的に過ぎた感がありましたので、ここは少し押してみます。英の方針は、メキシコは米の勢力圏と認める、ただしパナマは了承できないというものです。
 結果はパナマは英米で共同統治、メキシコは仏日米で3国共同統治と相成りました。まさにパワーポリティクス、この後米国内では世論が激昂したことでしょう。
 ここで時間も来ましたので終了、6ターンだったかな?この時点のVPをもって順位を決定しました。結果は2位の独と僅差でしたが英国が1位。ただヨーロッパの緊張レベルは20台前半で、この後も世界大戦には程遠い状況です。
 振り返ってみると、英は強大であるがゆえにゲームを作る立場かと思います。もう少しアグレッシブにやればゲームはもっと盛り上がるはずです。が、この時期Great PowerはあってもSuper Powerは存在しない歴史を知っている立場からはその匙加減が難しいところであり、同時に妙味でもあるのでしょう。
 以上、参加された皆さん、お疲れ様でした。

PaxBritannicaでドイツを担当しました。
仏独露米で対英包囲網を敷き、英に対抗する戦略で臨みました。
英が融和的だったお陰で、序盤は深刻な対立は起こらず、
しかもドイツがほしい所は大体取れました。
(なんとタンガニーカも単独統治!)

緊張が高まったのは第5ターン。
暴動鎮圧に失敗したスペインに代わり、
どこがフィリピンを統治するかの争いで、
独が保護領、英仏日が影響下を置いて宣戦理由が生じ、
独仏vs英日の争いです、

英「英独で共同統治をしよう」
独「フィリピンは独仏で共同統治をします」
英「そう来ると思った、だが、世界大戦ペナルティ狙いだろ?」

実は違うんです、1ターン目に米と防御同盟を結んでおり、
海軍力は、独16+仏26+米15=57vs英45で、
既に英海軍を凌駕しています。
日本の14戦力を加えれば独仏米同盟を上回りますが、
北大西洋で一戦交えなければ、英海軍は合流できません。
そう、日本はこの戦争に参戦していないも同然なのです。
独は同盟締結以来、米と一切話しをしていませんでしたので、
英プレイヤーは気づかなかったようです。
その事を告げると、

英「海軍作るわ」
独「こっちは3ヶ国がかりで作りますから状況は変わりませんよ」
日「太平洋側の植民地を攻撃するけど?」
独「北大西洋で英軍を撃破した後、ゆっくり取り返しますよ」
英海軍の圧倒的優位が覆った瞬間である。

と、大きな事を書いてますが、実際冷静に考えてみると、
独仏米57vs英45日14なので、こちらが勝つシナリオは
北大西洋で1/2EXを出す事のみ(1/3の確率)
EX:独仏米12vs日14になり、負け。
DR:英軍が日本へ向けて撤退を禁じるルールが無いので、逃げられ負け。(イニシアチブダイス次第で追いつける)
AR:自同盟が南大西洋へ撤退して仕切りなおし。
(エジプトはフランス軍が占領して、スエズ運河を利用できない可能性大)

口で言うほど優位だったわけではなさそうですが、
はったりでフィリピンを独仏共同統治に持ち込めました。

これが最も印象深い事件でした。
次は、英仏伊のどれかでやりたいですね。

N川です。

パックスブリタニカに日本にて参戦させていただきました。
自分の属性が「悪」であると気づかされるゲームでした。
不幸に見舞われたロシアと宥和政策をとったりと少し「紳士的」であったのは最初だけで、あとは処々の紛争に一ちょ噛みしてしまいました。
Toonアメリカさんとハワイを無理やり共同統治にした後、中南アメリカに影響下マーカーをばらまき。
清国動乱ではロシアに血を流させながら、満州を無血共同統治。
フィリピン紛争では、独仏米に押し切られましたが、メキシコ動乱では仏の尻馬に乗ってメキシコ無血共同統治。Toonアメリカさんが条約を結んでくれなかったので、おそらくは戦争を準備してはったようです。危うかったあ。
やっぱり「ギラギラした悪役」がいた方が盛り上がりますよねえ、、、、皆様、ほんとうは悪意のない人間なので、ゲーム上の事として許してください。

独のValさんは、敵も作らずスマートに上位入選、、、手本にしないとあきませんねえ。
次回もよろしくお願いいたします。

皆さんのコメントがまず、おもろいですね!

今回は練習という事で、このゲームの本質である、「外交は悪と力」の論理から成り立つということがおわかり頂けたので、個人的勝利条件的は果たしては満足です。

それにしても、英国は勝利条件的には貯金で勝ったけど、フィリピン事件、

我が偉大なる比類なき大英帝国の影響化を利権にダウンなんて初めて見たで、これは屈辱。 まさに力と外交の勝利やね。


あと、途中まで、イタリアが独走したので、そっちに気をとられ、ドイツの躍進に目がいかなかったなあ~ ステルス戦略恐るべし。

あと反省点は、同盟国を半数以上とする事と、
パナマ運河、 これは気付かんかったんあ^^

また次回やりましょ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58465/54039410

この記事へのトラックバック一覧です: ミドルアース定例会レポート:

« 2月19日(日)に『パックス・ブリタニカ』(VG/HJ)を対戦します | トップページ | ミドルアース定例会レポート »

最近の写真

  • Dscn5820_2
  • M6
  • M5
  • M4
  • M11
  • M9
  • M8
  • M7
  • M3
  • M2
  • M1
  • Wr2