2007年1月31日 (水)

L2D版『PGG』の様子

1月に発売するとアナウンスされていたL2D版『PGG』ですが、同社のホームページを見る限り、未だ進捗はないようです。
ルールやコンポーネントが変更されていなければ、アバロンヒル版と同じ形で日本語版を出せると思うのですが、ルールに関する質問は、ずっと以前からメールを送っても返信が来ない状況です。
まだまだ待つだけの状況が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

L2D版『PGG』の発売予告

ComsimWorldのL2D社のJDPGG(James Dunnigan Panzer Gruppe Guderian)のフォーラムに、『Waterloo』、『War at Sea』、そして『JD’s PGG』 を一挙にリリースすると語っている。
時期は来年1月後半とのこと。
昨年のオリジンズで地図盤と駒のサンプルが飾られていたので、内容物に関しては問題はなさそうなのですが、今年のオリジンズで聞いたところ進展はなさそうでした(偶然にも隣同士のブースだったのです)。
これが進まないと、こちらも動けないというのが実情なので、ヤキモキさせられています。
メールを送っても、肝心の発売や内容に関する回答はないので、疑問符のつくところですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

いまだ発売されず

6月末から7月にかけて開催された米国オリジンズに行ってきましたが、デラックス版『PGG』の姿を見つけることはできませんでした。
L2D社は偶然にも我々の出展ブースの隣で、いろいろと話をすることができましたが、残念ながら耳を傾ける話はありませんでした。

あくまでも噂ですが、L2D社の冠を持つ一人であるD氏もついに同社を去り、今はアート・ルピナッチ氏一人でマネージメントしているようで、今後の出版計画に大きな影響が出るものと思われます。

『PGG』も「GO TO PRESS」とアナウンスされていますが、以前進展はないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

『パンツァ・グルッペ・グデーリアン』

今日は、長らくお待たせしている『パンツァ・グルッペ・グデーリアン』の話です。

まもなく、L2D社から同社お得意のデラックス版が発売される見込みです。
デラックス版というのは、5/8インチ駒とヘクス径の大きいマップを使ったゲームで、昨年のオリジンズでサンプルが出ていましたけど、マップのグラフィックがイマイチでした(特に沼沢地の部分)。

ライセンス交渉も昨年のオリジンズで、L2D社のオーナーであるアート・ルピナッチとしていますが、ルールがどのように変更になっているのか(もしくは変更されているのか)、という質問でストップしています。

L2D版は来月末のオリジンズまでには発売されるでしょうし、その時(まで)に話を詰めたいと思います。
まずは、新『PGG』を見てから対策を立てることが先決ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)