« L2D版『PGG』の発売予告 | トップページ | 形質カードの一覧 »

2006年11月19日 (日)

カードホルダーのサンプル

Dscn9789 サンセット版では、EON版(英語阪)やツクダ版にはなかった形質カード、つまり動物の体のパーツのカードをホルダーに入れてプレイできるようになります。

当時、僕自身も『クァークス』ではよく遊んだのですが、所有している友人がカードホルダーを自作していまして、僕はずっとそれで遊んできたので不自由は感じなかったのですが、それがない状態で遊んだ時に、とても不便を感じたのでした。

Dscn9791

Dscn9794

おもちゃ屋で売られていたカード麻雀(パイがカードになっている)をヒントにして、持ちやすさや形質カードの出し入れを考慮した上で各部分のサイズが決まりました。
今回は一番上の「20mmの両面テープ」のものを採用します。
これで、ちょうど左下の気候適合コードが隠れるようになりました。

サンプルは無着色ですが、製品版はロゴ入りの4色のものになり、両面テープは貼付済で、すぐに使える状態でご提供致します。

|

« L2D版『PGG』の発売予告 | トップページ | 形質カードの一覧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カードホルダーのサンプル:

« L2D版『PGG』の発売予告 | トップページ | 形質カードの一覧 »