« 形質カードのサンプル(植物編) | トップページ | 『パンツァ・グルッペ・グデーリアン』 »

2006年5月18日 (木)

『ウォー・イン・ザ・パシフィック』を拝見

ディシジョンゲームズ社がまもなく再販するというので、僕もホビージャパン版の中身を拝見しました。

フルマップが7枚、駒が3200個ですが、ディシジョンゲームズ版は9000個とアナウンスしています。
へー、何がそんなに増えるんでしょう?
発売したら確認してみましょう。

チャートブックはなるほど、なるほど…。
ディスプレイも多数ありますけど、それぞれ紙の大きさが違うんですね。

いろいろと頭に入れました。
今日はここまでです。

|

« 形質カードのサンプル(植物編) | トップページ | 『パンツァ・グルッペ・グデーリアン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ウォー・イン・ザ・パシフィック』を拝見:

« 形質カードのサンプル(植物編) | トップページ | 『パンツァ・グルッペ・グデーリアン』 »